上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
だいぶ前になるが、たまにはちょっと違ったシェードをと、
HOTROD系ブランドSTEELのHOTROD EYEWEARというシェードを買った。
hotrod.jpg hotrod2.jpg

 

 選んだのは
 マットブラック&ブラウン+ホワイトのピンスト。
 たまたま発売初日に買ったので
 シリアルナンバー1
 がついている。
 これは自己満足度が非常に高い(笑)。
 サイドのピンストが
 いい雰囲気を醸し出している。


じつはこれをかけている時はなぜかちょっとラッキーなことが起こる。

昨日名古屋大須へ買い物に出かけた。
名古屋バイカー&ホットロッダー御用達の、CHAMPSという店に行ったのだが、
店を出た途端、突然男性カメラマンと女性のインタヴュアーに声を掛けられた。
なんでもおしゃれボウズのヘアスタイル雑誌『ボウズSTYLE』
ボウズSTYLE12531101_20071212164517.jpg


のモデル撮影をやっているらしく、
なんと管理人を撮りたいと言い出したではないか。

管理人はボウズではないが、世間一般からすればボウズスタイルの中に入るのだろう。
なんせ職場では、髪を切れ髪を切れとうるさいのである。
本当は襟足やもみ上げを伸ばしたいし、カラーリングもしたい、刺青も入れたい。
だがラジオ曹長の『髪切れ!!』の一言でその希望は朽ち果ててしまう。
自衛隊ではどうがんばっても、ベリーショートヘアーしか認められない。

しかしこの日幸運なことに、ヘアスタイル雑誌に出られることになる。
カメラのシャッター音やそれを見る通行人の視線が、心地よい(アホか)。
なかには『エッ何であんなやつを撮るんだ!俺を撮れ!』という嫉妬の眼差しや、
一方『あの人モデル?』という勘違いもあろう。
たまたま声を掛けられたのが管理人だっただけなのに(笑)

STEELのシェードをかけていて良かった・・・
ああ神様有難う!(アホ!)

果たして管理人の夢『雑誌に出る』という願いは叶ったのであった。

3月23日に出るというので確実に書店でチェックしておこう・・・
これで載っていなかったら完全なる自己満で終わってしまう!
頼むぞ雑誌編集者!

さてアホな自己満日記はここまでにしておいて、
バイカーのみなさんに、春先に役立つジャケットを紹介したい。

steel.jpg steel2.jpg
これが同じくSTEELのトラッカーズJKT。
ワークスタイル定番のコーチジャケットに似ているが、それより防寒性が高い。
裏生地がボアになっている。
春でも朝・夕は冷える。
夏の北海道にも持っていこう。
それになんといってもこの無骨さがカッコいいのである。

管理人が以前使っていた福岡NACKLEのコーチJKT。
nackle コーチJKTコーチJKT フロント
こっちは裏生地が薄すぎて、防寒性は低い。
真冬に寒くて仕方がないとき、ジャケットの上から羽織る使い方もあるらしい。

バイクにのるなら背中の柄は重要だと考えている。
個人的に、バックプリント(刺繍含め)の入ったものが好きである。

このNACKLEというブランドは、NAOCHILDという女性が柄を描いているらしい。
女性ながらこのデザインのセンスは、すごいの一言に尽きる。

トラッカーズJKTは、ほかにもいろんなショップが出している。
無地のものにワッペンでカスタムするのも面白いかもしれない。

小さくたためるので春先のツーリングにも重宝しそうである。
                           ~おわり~
スポンサーサイト

テーマ : カスタム - ジャンル : 車・バイク

 
DSCF1434改
これが10月から12月にかけて掲載した写真である。目にした方も多いかと思う。

撮影場所は、こちらも近所である。
気温も低く、バイク率も減ってきた滋賀の10月。
DSCF1434_20090222164600.jpg
これが原画。
合成かよ!というツッコミは無用ですぞ…

DSCF1429_20090222164706.jpg
これは『告知』で使った写真。
ハンドルを右いっぱいに切った状態。
太陽までうつりきらないので、却下。

DSCF1437_20090222164725.jpg
これもどこかで使った。
バイクが大きく写り過ぎ。
さりげなく写るほうが良いので却下。

DSCF1439.jpg
今度はバイクがうつらなすぎ。
TOP画も難しいものである。

DSCF1440.jpg
ウーン・・・
何だかなア~
『TOP画を撮ろう』という目的で撮るからだめなのである。

いい写真は意外なところに見つかる。
そろそろ次の写真探そう。
                        ~おわり~

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 
今日は京都の宇治でアメリカン雑誌バイキチ主催の撮影会が行われている。
管理人は日曜は門限のため早めに基地に戻らなければならないため、このイベントには参加できない。
代理人として弟に出席してもらう。
アメリカンバイクの撮影会の雰囲気や面白さを経験してもらいたいという気持ちもある。

これはさきほど弟から送られてきた写メである。
P1000066.jpg
バケモノビラーゴ。
ここまでやるオーナーはもはや道楽者だ。
革ベストまで着て、もうすでに自分の世界に入り込んでしまっている。

弟の報告によると、他にも数々の独創的なチョッパーが集結しているらしい。
電話越しに、アメリカンの排気音が聞こえてきて、モーターサイクルテイスト満点である。
後日、その写真とレポートを期待したい。
またバイキチにも載るというので、地味に雑誌デビューである。


さて、昨日愛犬の食料を買いにホームセンターへ出かけた。
そこでたまたま『タイヤレザー』というものが198円で売っていたので試しに買ってみた。
        DSCF1715_20090208132849.jpg
ついでにパーツクリーナーも切れそうだったので購入。298円。

タイヤなんてすぐに汚れるからタイヤレザーを使っても意味がないような気がしていたが…
DSCF1716.jpgこれが使用前のタイヤ。

しかしタイヤレザーを吹きかけると意外にスゴイ効果が…
濡れ濡れやん!ウ~ン素晴らしいエロかっこいい!なかなかいやらしい尻まわり
いやらしいヒップラインである(笑)。
倖田來未もびっくりのエロカッコよさ。
タイヤの濡れ濡れ感がなおそのいやらしさを感じさせる。

フロントタイヤにも吹きかけてみた。
フロントタイヤ
イイ・・・・




フロントビュー
なかなかイイよ君!!!


なおラメピンクというカラーは、私は気に入っていない。
形が良かったからこのバイクを選んだのである。

再来月あたりのバイキチに出るかな。
しかし管理人は生まれてこの方、撮影会に参加したことは、ない。
                       ~おわり~

テーマ : カスタム - ジャンル : 車・バイク

 
管理人が居住する愛知県の某自衛隊基地では、嫌がらせによりチョッパーは禁止されている。
そのため、バイクは滋賀の実家に停めてあり、私は実家に帰ったときだけバイクに乗れる。

冬場というのもバッテリーが弱る季節であるが、このバイクはどうやらバッテリー交換されないままずっと年月が経っていたらしい。
最近信号などで止まる際、ギアを下げていくとエンジンが止まることがあり、その理由がよくわからなかった。
そしてついにエンジンがかからなくなってしまった。
バッテリーが上がったのである。

そういうとき、どうやってバイクを動かすのか。
『ジャンピング』で対処しよう。
これはごく簡単な作業だが、実際バッテリーがあがってバイクが動かない状況にならないと経験することがない。
経験したことのない人はぜひ覚えていただきたいのである。
旅先でバッテリーが上がった人を見かけたら、勇気を出して助けよう。
困ったときはお互い様・・・バイカーとして、人間として。




 これがブースターケーブル。
 ホームセンターで780円ぐらい。
 
 ほとんどのバイクは12Vのバッテリー。
 
 車のバッテリーと不動バイクのバッテリーを
 これでつないでエンジンをかける。



DSCF1704.jpgDSCF1706.jpg
見づらいが、バッテリーはこんなところに挟まっている。※クリックで拡大します
邪魔な配線などが多く、非常に作業がしにくい。
まずは赤い+側ケーブルを故障車(不動バイク)のバッテリ+側(赤いカバーがついているのでわかる)につなぐ。
クリップで挟まなくても、+側電極に触れるだけでよい。


バッテリ+側+側 別のアングルから


そして救援車のバッテリに+、-のケーブルをつなぐ。
車のバッテリ車のバッテリ 拡大図

次に残った-端子を故障車(不動バイク)のバッテリ-側(黒いカバーが付いている)につなぐ。バッテリ -側
こんな下についている。
そして救援車のエンジンをかける。
3分ほどアイドリングした方がいいらしい。

ケーブルをつないだ状態で、バイクのエンジンをかける。
あれほどかからなかったのに、一発でかかった。
かかったらそのままバイクのケーブルをはずしてアイドリングしておく。
その後車のエンジンを止め、ケーブルを抜いてジャンピング完了。

簡単である。だが方法を知らないと、いざというとき困る。

これでバッテリー上がり時の対処法は覚えた。

しかしバッテリのパワーがもう限界ということに気づいたので、バッテリーを自分で交換しよう。
バッテリを外そうと試みた。
かたいボルトやなぁ…
とにかく配線が邪魔で、取るのに一時間はかかりそう。
しかも寒いし、工賃は1500円でできるようなので店に頼むか。
バイカー失格である(苦笑)。

・・・・・・
バッテリーは工賃含め20000円。
こんなに高いとは思わず、無い預金残高がさらに無いものへと変わっていく悲しさ。
しかし取り外しには店のメカニックもかなり苦戦したようで、
果たして管理人の選択は賢明であった(笑)。
                        ~おわり~

テーマ : カスタム - ジャンル : 車・バイク

 
それはあまりに唐突な出来事であった。
サイトの更新に勤しんでいたら突然、我が家の最強G.M.(ゴッドマザー)が酒に酔って息子に絡んできた。


みなさまお待ちかね(?)G.M.の登場である。
いきなり酒に酔って管理人室へ入ってきたゴッドマザー
こちらはわけがわからない。
撮影者は管理人で左は弟。
『何の話してるんかわからへん』と、笑っているのは私たち息子連中である。


【セリフ解説】
G.M.『苦しんできたんや・・・』 
 これは、私たち息子を育てるまでの過程に、いろんな金銭的苦労があったことを主張している。
 なお、息子連中は別居であるにもかかわらず、毎月鬼のような金額の仕送り等を強制されている。
 それでもなお足りないと、更なる金額を要求する我が家のゴッドマザー。
G.M.『なんやねん!!ケータイしながらよォ!ふざけるな!!!』
 管理人が動画を撮っている姿が気に入らないらしい。
 本人は私がメールしているとでも思っているのだろう。
 まさかこれを撮ってネタにされているとは知らずに・・・
【着眼点】 
『なんやねん』の『な』と同時に管理人を指差すG.M.。
その指差し動作の速さには目を見張るものがある。いい動きだ。

 まさに更年期障害の最たるものが、この人なのである。


【解説】
つまりは実家に帰ってくるなと言うのである。
家でメシをただで食うな、食うなら金払えと言う。
普通、子供が帰ってきてキレる母親もいないと思うが。
しかも私が部屋の電気をつけていると、『電気代もかかるねん!!ここは誰の家やと思ってんねん!!エアコンも消せ!』と凄むG.M.。
真っ暗な部屋で暖房も止められ、寒さにブルブル震えながら過ごす日々も、実家における私の日常である。
【着眼点】
終盤で弟が『冷静になったほうがいいで』と温かい助言をする。
G.M.にはそんな配慮など逆効果で、弟の一言は火に油を注ぐ結果となってしまう。



【解説】
もう手に負えない。
暴走するゴッドマザー。

そしてついに・・・

【解説】
管理人の動画撮影神器『ケータイ』が、魔の手によって取り上げられてしまう。

中学生時代流行した、キーホルダー型テトリス。(ご存知ですか?)
あれを屋上で演(や)っていたら、体育教師に取り上げられたという苦い思い出がよみがえってきた。
当時14歳。
古きよき時代。なつかしい思い出である。
没収されたテトリスはその後期末テスト後に返ってきたが、なぜかデータが大きく変わっていた。
体育教師が、勝手にやったのだろう。
人のものを勝手にいじるな!クソ先公。



・・・というわけで私はこんな家では何もはかどらないので、避難所へとチョッパーを駆る。
時刻は深夜24時。名づけて『IEDE24』である。
母が酒に酔って暴れだしたら、必ずここに避難するようにしている。
自衛隊任期満了後は、絶対部屋を借りよう。こんな家にはいてられない。
わたしは長年生活を共にしてきた愛犬にあうため、またバイクに触れるために実家に帰っている。
『ただで食わしてやってる』なんて二度と言われたくない。
私はG.M.のこの『金くれ病』と『酒酔い』から逃れるため、また自由を勝ち取るため、
必ずアパマンショップで部屋を見つけてみせる!


さてここが私の避難所、漫画喫茶である。
DSCF1698_convert_20090206211859.jpg DSCF1699_convert_20090206212328.jpg
DSCF1700_convert_20090206213504.jpg
個室になっているし、うるさい人もいないので快適である。
明日の昼には荷物まとめて、愛知に戻るか・・・
更年期障害もいい迷惑である。なんとか平和に過ごしたいものだ。


追記;
それでも私の親なので、親を大事にしていこうと思っています。
いままで成長できたのも、自衛隊の営内を我慢できたのもこの人のおかげなので・・・
ネタなので多少ドギツイ表現がありますが、息子一同普段は親孝行しています。
ご了承を・・・
あくまでネタ仕立てです。でもこれが日常です。
                        ~おわり~



テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。