上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
激安バイカーシェードショップ
☆『グローイング!』


バイカーシェードは二輪館やライコランド、ナップスや南海部品などの用品店でも買えるが、どうもデザイン的にも性能的にもイマイチなものが多い。

あれはシェードというよりただのサングラスだ。
風は巻き込むしどうも垢ぬけたデザインのものが少ないように感じる。

なので私は通販をよく利用する。
射撃用グラスは使える。
風は巻き込みにくいし、長時間の使用もOK、ヘルメットとの相性も抜群。
バイク乗りには持ってこいである。

さて最近管理人愛用のシェード『ヘラクレス』はレギュラーの座を奪われた。

新レギュラーに取って代わったのがコイツ、
Smith&Wessonの『ELITE』である。
DSCF2155.jpg
DSCF2151.jpgDSCF2145.jpg
DSCF2156.jpgDSCF2147.jpg
毎度の5段階評価
★★★★☆80点以上!
性能もルックスも申し分ない。今までの中で最も風を避けるし疲れにくい。
その上パッと見普通のサングラス、なのにスゴイ性能のシェードなのだ。

名前もいい。
たとえばミーティングなどで他バイカーにこう聞かれることがあろう(?)。
バイカー
『君のシェードいけてるねエ!どこのやつ使ってんの?』

管理人
『Smith&WesssonのELITEだよ』

サラッとこう答えられる。

・・・・・


粋である。

なかなか洒落ているではないか。

しかもこれ信じられないことに・・・
DSCF2152.jpg
その価格2000円である。

安い。
この性能でありながらこの価格。
かつて管理人は(出たこのパターン)
学生時代、なけなしの金をはたいてSmith&Wessonの『ファントム』というシェードを買った。
たしか4500円だった気がする。
通販で探したら2000円で売っていた。
・・・ショックであった。


DSCF2157.jpg
右が前レギュラーの『ヘラクレス』。
似ているが微妙に違う。

DSCF2160.jpg
服装や気分で変えようといろんな種類をコツコツ集めてきた。
どれも似ているが違う。
しかし実際は使うのはほとんど同じものである。むやみやたら買うのはやめよう・・・

Smith&Wessonはお勧めです。
実は映画などでよたまに登場します。
『スミス&ウェッソンの○●ミリ拳銃』とか。
ガンメーカー。 しかしモノは素晴らしいです。

高性能なバイカーシェードが激安で手に入る。
そんなSHOPはこちら↓
激安バイカーシェードショップ
☆『グローイング!』



DSCF2135.jpg
番外編。
自衛隊限定 UFO カロリー控えめ。味は同じです(笑)


               ~次回『装備品』予告 無地T活用法~
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング - ジャンル : 車・バイク

 
2月のバイキチ撮影会。
今月のバイキチに載っていた。
DSCF2122_convert_20090613201702_20090613202400.jpg
管理人ではなく、弟です。
日曜は門限のため私は行けないので代わりに行ってもらった。

DSCF2127_convert_20090613203133.jpg
有名なサトさんも載っていた。
バーニング読者なら何度も見たことがあると思う。
スゴイビラーゴやな・・・・・。

2年以上バイキチやバーニングは買っていない。

理由は国産アメリカンという分野に相当な飽きがきたということと、
雑誌の企画が、あまりにも自分の求めるものとかけ離れているからである。

国産アメリカンか・・・

管理人は以前はシャドースラッシャーをチョッパーにして乗っていた。
学生時代3年、40000キロ近くのった。

いろんな所へ連れて行ってもらった。
バイクという楽しみ、バイカーの世界、チョッパーのきっかけ。
旅に出るおもしろさ、遠出のつらさ。
あいつにまたがったら普段とちょっと違う自分になれた気がした。

いや
それが本来の・・・?

いつまでも忘れない、あの夏の日々。


自衛隊に入り山口県に半年ほどいた間、全く乗れなかった。

訓練を終え、半年振りに実家に帰った。

ピカピカに維持していたスラッシャーは

錆が出てバッテリーも弱っていた。

なぜか・・・
なぜか・・・

あれだけ大事にしていたのに


今のバイクと交代に売ってしまった。


売るときは意外にもあっさりしていた。

早く大型に乗りたいという気持ちと、
フルカスタムのスティード600をみたとき、
バカなことに・・・・
即決してしまった。

今でも後悔している。
あのまま車検に通し、違うスタイルに改造した方がよかった?

なら今頃はもっと違うバイクに乗れていたかもしれない。
(STEED600に結構な金額をつぎ込むハメになったので)

600ccという排気量は自分には足りなすぎた。

アクセルが重い。
400よりは多少違うがやはり国産アメリカン、構造も乗り味も前とそっくり。
高速道路でも80キロで精いっぱい、手と体が疲れるのだ。

コイツは自分の求めるスタイルとはだいぶ違う。

                       ~おわり~

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 

『装備品』コーナーは管理人の独断と偏見
好きなグッズを紹介している。

なので服装の趣味が合わない人はスルーして他の記事を楽しんでください。

私はチョッパーと出会ってから服装の趣味が大きく変わった。
以前はスニーカーやワークパンツなど全く興味がなかった(というより知らなかったといってよい)のに、フリスコチョッパーやSO-CALスタイルというものを知って以降、服装も変わった。

普段はストリートバイカーズというバイカーファッション誌を教科書にしている。
単にマネするだけではいけないのだが。

こんな雑誌
『バイク一筋ではなく、音楽やファッションといったカルチャーの一部としてバイクを楽しむ「ストリート系」ライダー向け雑誌です。掲載されるバイクは比較的排気量の小さな、身構えずに乗ることの出来るものが多いようです。本気ライダーは「見た目ばかり」と揶揄するかもしれませんが、断然スタイリッシュなカスタムバイクが満載です。最新のストリートファッションも載っていますので、一冊で二度楽しめる、お得な雑誌です。』
                    streetbikers.jpg
 

さて今後は単にモノを紹介するだけでは単なる自己満で終わってしまう。
リンクを積極的に貼る。
『コレはどこのショップが出していて、どこで買えるのか』をしっかり情報提供し、オサレなバイカー増殖運動を実施する。

私の考えはこうである。

バイクがどれだけカッコ良くても、
乗ってる者もそれなりに身なりに気を遣わないとバイクが一気にダサくなってしまう。

よく変な改造したヤン車に乗ってる田舎の兄ちゃん。
車から出てくるときは決まって『サンダル&チンピラジャージ』である。
車に金かけるのもいいが、少しは身なりも考えろと言いたい。


逆にバイクがノーマルな感じでも、乗り手がお洒落だと、バイクも必然的に引き立つ。
「コイツは洒落た野郎だ」 「イカしたバイカーだな」そう言われるバイカーになりたいものである。
つまり私の考える『いけてるバイカー』の要素には、オサレ度も必要なのだ。


さて先週あたり、久々に買い物にいった。
気持ちに時間に余裕がない管理人は、買物は通販で済ませることが多いが。

夏のボーナスを見込んで先に買うという方法がある。
よし!!買い物へ行こう!

来月の残高が恐ろしい。
しかしそこはバイカー(謎)、後先のことは気にしない!


ストリートバイカーといえばVANS。
いまやVANSはアメリカン・シングル乗りの常識となった。
これはちょっと珍しいMIDカット。
DSCF2113_convert_20090606162732.jpg

vans mid
買った後気づいたが、このカラーけっこうあわせづらい。。。
ジーンズとなら自然にはけるが、私はジーンズはほとんどはかない。
だいたいワークパンツである。
ああどの色に合わせようか。

次。
ローカット 紫
今持っているスニーカーは黒系がほとんどなので、
以前から紫のものを買おうと思っていた。
という色は結構いろんな色に合わせやすいしおすすめ。

ただハイトップは紫色の占める面積が大きく、クドイためローにしようと考えた。
夏にも涼しいし。


買い物は普段のストレス発散に効果的、
まだ買う。
ローカット ネイビー(米国ver)
これはよくあるカラーに見えるが、微妙に違うらしい。
日本のネイビーではなく、米国版のネイビー。
この色も合わせやすい。

さて
今回からはリンクを貼ってバイカーにアパレル情報を届けていきたい。

リンクはこちら↓

   ☆『VANS 公式サイト』

   ☆『ABC MART通販サイト』

以上の2件、 『アパレル関連リンク広場』にも追加しておきました。

               ~次回 『装備品』予告 バイカーシェード下剋上~

テーマ : バイク - ジャンル : 車・バイク

 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。