上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ついにこの日がやってきた。
DSCF2611.jpg

※このツアーの前提事項 です。必ず見てから次へ読み進めてください。
        『東京マジかよミステリーツアー』 


以前管理人は勝手にハバネロ教教祖を名乗り出た。
 予告編はこちら→『ハバネロミステリーツアー予告編』

東ハトに無断で、所属する部隊にも、創価学会にも無断で
勝手に教祖を名乗り出た。

ハバネロ会員No.001、教祖は金曜夜、新幹線で東京へ向かった。
DSCF2474.jpg
東京駅周辺。

DSCF2473.jpg

DSCF2472.jpg

DSCF2571.jpgDSCF2471.jpg
宿泊場所はアパホテルというところにした。
明日集合の鍛冶橋駐車場のまえにもビジネスホテルがあったが、東京駅周辺のビジネスホテルの相場は高い。
一泊平均10000円。普通ビジネスホテルとえば5000円ぐらいで泊まれるものだが、こんなに高いとは・・・
アパホテルは2泊で13000円。それでも安くはない。しかも東京駅から徒歩15分もかかる。
暑くて汗かくのはいやなので(笑)結局タクシーで駅まで行く。
ちょっと我慢して近場にとまれば良かったな。


翌日。

駅で会員No.002チャイナ君を待つ。
チャイナ君は中国人である。時間にルーズな人なので、集合時間の30分前に来るよう伝えておいた。

・・・だがそれは甘かった。

集合時間ぎりぎりになっても現れないチャイナ君。

メールが来た。
『マチ゛ゴメン。デンシャイッポンオクレタアル。
 ダッテオレ中国人アルよ。』


ハバネロ本部からは『遅刻厳禁じゃ!!』と言われている。
教祖は初日から怒りを抑えきれず、チャイナ君を置き去りにして鍛冶橋駐車場へ向かった。
「会員失格やぞ!!あとで来たまえ!」

DSCF2487.jpg

らしきものが見えてきた。



これが・・・









DSCF2488.jpg
ハバネロミステリーバス!!

行先不明途中下車不可!!!

一日限定のはとバスである。

フレイムスでホットロッドなカスタムバス(笑)


今日は雑誌『TOKYOウォーカー』の取材陣も同行している。
9・15の東京ウォーカーに載せるというので、また見てみよう。

しかし驚いたのは
暴君ハバネロ生みの親がこのバスに乗っている。
なんとびっくり、ハバネロの開発者は若い女性なのである。

あとで紹介しよう。

DSCF2603.jpg
まずは開会宣言。
『スポーツマンシップにはのっとらず、あえてバスを乗っ取り・・・』
などの文言が面白い。
教祖も今後の文章の参考にしよう。


DSCF2477.jpg
初めは軽く東京観光。


ほどなく最初のミステリースポットへの到着が告げられる。





ますは・・・




DSCF2478.jpg
首切りトンネル!!

DSCF2480.jpg
一見普通のトンネルだが、


DSCF2481.jpg
めっちゃ低い!
その高さ167cm。
教祖は168cmなので少し腰を曲げながら通行する。

DSCF2484.jpg
チャイナ君もしゃがみ気味に歩く。






DSCF2485.jpg
誰やねん!!!



DSCF2486.jpg
だから誰やねんて(笑)



なんかへんなキャラクターが通り過ぎて行ったが、気にしないでおこう・・・




いやーあんなトンネルがあるとはなァ。


何度かドラマでも使われたらしい。
何のドラマか忘れたが。

さて次なるスポットは・・・





DSCF2489.jpg
悪夢の東京タワー!!

えッ普通の東京タワーじゃないの?

いやいや!



DSCF2501.jpg
到着するとさっきの変なキャラクターがタワーをぼうっと見上げている。
彼がハバネロ君である。

今日のツアーはハバネロ君も同行する。

DSCF2503.jpg
東京タワーを見上げたまま動かないハバネロ君。
その姿からは絶望感がみてとれる。


なるほどな。



まさか


これを






DSCF2491.jpg
自分で登れと



よし
いい機会だ・・・

日頃の成果見せつけたれ
DSCF2492.jpg

みな最初は面白がって意気込むが、階段が100、200段と上がるにつれ
表情が曇っていく。

教祖も同じくこの暑さにやられ、はじめの気合いはすでに消沈していた。

DSCF2493.jpg
ああ高いな~・・・

DSCF2494.jpg

DSCF2495.jpg
着いた。
絶景!と思いきや曇りのため見通しが悪い。
人はむやみやたらに多い!

DSCF2604.jpg
教祖は認定証を手に入れた。

DSCF2496.jpg
DSCF2497.jpg
にしてもよく登ったなあ。
疲れた(*_*;

DSCF2498.jpg
ノーマルはとバス。

DSCF2490.jpg
こちらはハバネロバス。
目立ち度満点なカスタムである。
通行人が『何だあれは!』と必ずガン見してくる。
はははは!!当選者限定だよ!とちょっとした優越感が味わえる。


その他のマジかよスポットを紹介する。
大田区七辻
一歩二歩と歩めども
再三再四 五里霧中
第六感すら及ばない
ここは七辻 七不思議

世にも珍しい七叉路である。
日本全国探せばまだ他にも存在するかもしれないが、これほど狭範囲且つ、幾何学的な美しさをもって交わっているのは七辻の名を持つここだけではないだろうか。
はっきり言って、何も知らずにこの交差点に突入すると悪夢である。
自分がどこへ向かうのかまず分からない。一瞬目の前がブラックアウトする。
事実、この交差点に店を構える八百屋「フレッシュフーズ七辻ひらばやし」で話を伺うと、道を聞かれることはほぼ日課、行き先はおろか、自分がどこから来たかを尋ねる人も後を絶たないらしい。例えるならばここは、「前途洋々たる人生が、一瞬にして路頭に迷う現代社会の縮図」なのだ。

photo02_01A.jpg

加えて、土地の異次元さもさることながら、七辻が驚異とされる所以は、1920年頃に完成して以来、信号もミラーもまったくないこの地で事故が起きていないことだ。
思わずマジかよ?と疑いたくなるが、交差点に立つ「日本一のゆずり合いモデル交差点」の看板の裏側にまわると確かに「この地に事故はない。」と未来も含めて断言してある。
そう。後にも先にもこの七辻に事故はないし、あってはならないのだ。
(ハバネロ本部より)



次のマジかよスポット。
家を襲うお化けサボテン
その昔、この地に“鬼面角”という化け物サボテンがいて、周囲の畑や民家を荒らしておった。その暴れっぷりは凄まじく、荒れ狂うことまさに鬼のごとしであった。
鬼面角「酒もっでごぉぉぉい!」
そこで困り果てた村人たちは一計を案じ、鬼面角が酔っ払って寝ている隙に、土中に生き埋めにし、その上に家を建てその身を封じた。
だが、それから数世紀たった今、鬼面角の触手がじわじわと地から這い出し……

という話は冗談だが、そんな逸話も信じたくなるほどの化け物っぷりである。
実際、近隣住民から「お化けサボテン」と称されるこのサボテンは、その丈、優に6メートルを超え、穏やかな下町にあって一際異彩を放っている。
一体なぜこのようなことに…?
大いなる疑問とともに、お化けサボテンの飼い主である○中椅子店(かろうじて看板が見える)のご主人にお話を伺ってみた。


ご主人「ん~30年前にここに引っ越してきた時はもうあったね。その頃は、まだ1メートルくらいだったかなぁ。いつのまにか大きくなってたね。」
30年で5メートルの成長。もう3万年もすればなんと、5千メートルになる計算である。(怖ろしい…)
その後、さらに取材を続けたところ、正式名を「鬼面角」ということ、練馬にライバルがいること、夜にだけ花を咲かせること、コウモリを媒介にして受粉することなどがわかった。

photo01_01B.jpg

特に初夏の夜、一気に咲いて明け方に散る花は息をのむほど美しいのだそう。
他の人じゃなかなか見られないこの幻の花こそ、30年の長きに渡りに愛情を注いできたご主人へのお化けサボテンからの恩返しかもしれない。
見せてもらった花の写真を片手に、最後にご主人に聞いてみた。

記者 「お化けサボテンと暮らして一番良かったことってなんですか?」
ご主人「ん~、店の目印になることだね。」

花より商売である。
(ハバネロ本部より)


以上前編でした。
後編はしばらく時間がかかりそうです。
                   ~前編レポート おわり~
スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 
アメリカンやシングル乗りにはおしゃれなヒトが多い。
バイクはファッションでもある。
バイクに乗る前には
『何を着ていくか、どのメットにするか、グローブは・・・?』
などと迷うのも楽しい。

管理人は持ち運びが面倒、通販は人の着ていないものが手に入るという利点で
通販をよく利用する。
ここでは管理人がよく利用する通販サイトを紹介したい。
流行りと言えばそれまでだが、
☆HOT ROD ☆フリスコスタイル ☆SO-CAL
などが好きな人にはぜひお勧めしたい。

STEEL(厚木)
 STEEL HOTROD WEAR。
 ピンストライプ好きにもおススメ。

NACKLE(福岡)
 ストバイなどで有名なNAOCHILDさんがデザインしている。
 女性とは思えないCOOLなデザインで人気も高いです。
 ガールズにもおすすめ。

VISE(名古屋)
 名店。渋すぎです。

JOHNNYSPADE(仙台)
 ROCKスタイル。
 チョッパー乗りだけでなく、ロッカーズにも人気があります。

UNFINISH
 ちょっと珍しい。
 家の内装などもデザインしてるみたいです。
 
SAM’S(仙台)
 おなじみのロゴ。たぶん見たらわかると思います。
 
HONEY(石川)
 ヤバいです!めっちゃカッコいいけど店員電話応対悪すぎ。
 でも地方のSHOPは応援します。
 石川から全国へ、オシャレなバイカーを広げてください。

SWINGER(名古屋)
 斧のマーク、たぶん見る人が見れば『あああれね。カッコいいよね』
 間違いない! 

HERMIT(高崎)
 以前ちょっと紹介しました。
 洒落たインナーもあるけどそれ以外もすばらしい出来です。

第一弾はこれぐらいにします。
第二弾はそのうちつくります。
個人的にはNACKLE、STEELは特に好きです。

テーマ : バイク - ジャンル : 車・バイク

 
お知らせ・・・
FC2ブログのメンテナンスの都合で、時々記事が出ない、TOP画面が映らない、画面がバグるなどの不具合が起こります。

記事が出ない場合は一番下までドラッグしてください。2ページ目に出ます。
そのうち直るみたいですが・・・

ちゃんとメンテしろよFC2!


※メンバーの皆さんへ。
 以下のレポートではナンバーは軽くカモフラージュしていますが一部不完全なものもあります。
 不都合等あればおっしゃってください。



さて、8月16,17日とBBQミーティングにいってきた。
今回F.T.W.というアメリカンのツーリング同好会みたいなもの(クラブではない気楽な集まりです)で、ツーリングを企画したのだが
平日も重なったということもあって、なんと集まったのは2人だけ・・・

しかし主宰KOIZUMIさんの知り合いで、『30歳以上アメリカン』というクラブが合同で来ているということを
管理人は当日知った。

集合時間は12時!
家事を終え、墓参りにいったあとで栗東から木之本まで。
時間がないので高速道路。

9時出発。
DSCF2438.jpg
管理人のSTEEDは600cc&社外キャブで、一見バリバリに走れるように見える。
しかし実際は4速、リジッドバーや鉄のグリップ、超薄シートなどで高速走行時は大変つらい。
速度を出すごとに体に震動が伝わり、まともに前が見えなくなってくる。
80キロが限界である。遅すぎる。

たださすが大型2輪、坂道は強い、そこいらのスポーツカーなどは楽勝で抜ける。
とはいえ80キロが限界のチョッパーは私は嫌だ。
凄いマシンに乗り換えたいが、金が全然足りない。
次に乗るのはホットロッドでSO-CALでフリスコな、
(なんだか訳が分からないがバイカーの皆さんには何となくわかってもらえるかと思う)
激渋なオトナマシンである。300万は確実に超えてしまうだろう凄いマシン。
私もそろそろいいかげん大人への過渡期にある。
目指せオトナマシン!!


DSCF2435.jpg
サービスエリアでいつものウイダーインゼリーとフリスクを買う。
ここはフリスクがノーマルの青しかないのが、大変不満であった。
クレームをつけようかと思ったが時間がないので目薬をさしてまた走る。

DSCF2440.jpg
早かった。80キロでのんびり来たが、11時過ぎには木之本に到着。

DSCF2441.jpg


時間が余り、宿泊するバンガローにはバスタオルがないかもしれないので
DSCF2445_convert_20090825160419.jpg
平和堂で購入。
平和堂は滋賀を本拠地とする大手スーパーである。
滋賀には東証一部上場の企業が3つある、日本電気硝子、滋賀銀行、そして平和堂である。
管理人実は平和堂を学生時代受けたが3次面接試験で落選した。
平和堂は幼い頃祖母によく連れて行ってもらった思い出があり、スガキヤのラーメンを食べさせてくれた。
いい思い出である。


店をでようとすると
面白い光景に遭遇した。
DSCF2443.jpg






拡大
DSCF2443_convert_20090825161248.jpg
爺さん寝てるやん(笑)
買い物に疲れ、ベンチでそのまま眠りに入ったじいさん。

つぎは
DSCF2444.jpg
こんなめずらしい自販機も。
ミニカーである。


さあ寄り道をしているうちにいい時間になったので、
大見いこいの広場へ。

3連続のトンネルを抜けKOIZUMIさんと久しぶりの再会。

第1回のF.T.W.では雨でバイク出会うことができなかった。
今回は初めてバイカーとしてのKOIZUMIさんに会えた。

やはり思ったとおり。


アメリカンというジャンルは不思議である。

アメリカンに乗ると普段と違う自分になれる。
KOIZUMIさんもあの時とは違うKOIZUMIさんだった。



DSCF2447.jpg
速い。
400ccのSTEEDとは思えない速さでグングンわがマシンを遠ざけてゆくKOIZUMIマシン
ちょっと速過ぎて追い付けん・・・・!

セッティングにはかなりこだわったらしく、かなりの加速である。
すごい。400ccクラスでこんなにも速くなるものなのか・・・驚いた。


DSCF2453.jpg
次々に好き者たちがバイクをとめていく。

DSCF2450.jpg
岐阜から夢見人さんのDRAGSTAR1100。ニュースクールチョッパーで1100だけに音もヤバい。
なんと高速は120~130キロは余裕で出るらしい。うらやましい・・・
右はKOIZUMIさんのオールドスクールチョッパー。
タンクのピンストが洒落ていた。

DSCF2451.jpg
drakkerさんのSTEED。
以前はガーターフォークだったらしい。
ハンドルのブーツがいい味出してる。
あのエアクリーナーの形状がすごかった。

DSCF2458.jpg
さっきのDS1100にまたがるDrakkerさん。
えらい似合ってるのはきのせい?
イカツイなあ・・・(笑)
ねじり鉢巻きがこんな似合う人も珍しい。

DSCF2459.jpg
愛知からかいちょーさんのシャドウ。
スカイハイバーがすごい高さである。
私も以前のスラッシャーにスカイハイバーをつけていたが、ここまで高くなかったな。
凄い高さである。

DSCF2460.jpg
女性が大型2輪を颯爽と乗りこなす姿はかっこいい。
事故には気を付けてくださいね!


DSCF2463.jpg

DSCF2462.jpg

DSCF2461.jpg


DSCF2465.jpg
バンガローにとまり、
バイクについて、アメリカンについて熱く語り合った。

印象に残ったdrakkerさんのせりふ。
『アメリカンなんていじると乗りにくいし疲れるしイイことなんてなんもあらへん。
 でも乗り続けるのってなんでやろ。
 結局アメリカン乗りはみんなヘンコやねん!!

そこはみんな同感なのではないか?
アメリカンなんて乗りにくいし疲れる。

『疲れない?乗りづらくない?』
ほっとけや。
それでもなぜかこのスタイルが好きなんやから。

これがいいと思っている。
みんなこだわりをもってヘンコを貫いている。

みんなヘンコ。

ぼくもヘンコやねん!!!
ほっといて!




DSCF2466.jpg

DSCF2454_convert_20090825164136.jpg

今回みんなと一緒に走ることができなかった。

でもバイカーに年齢も職業も地位も関係ない。
バイクが好き。
それさえあれば話は出来るし、伝わるものもある。

バイカーに国境はない。


みなさん今度はぜひ走りましょう!!

次回はみなの熱い走りっぷり、乱れっぷり(謎)を見せてくれ!!

今回参加できなかった人も次回は是非!


週末はついに『暴君ハバネロ東京マジかよミステリーツアー』のレポートです。
お楽しみに・・・
                           ~おわり~

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 
この前越前の海を見に行こうと思いつき、ツーリングに出かけた。
DSCF2304.jpg
昨日までの雨がやっと上がり、最近つけたサイレンサーの効果をみるのも兼ねて
福井方面へ。


※さて今回のツーレポも写真があまりにも多いので、
 小さくして貼り付けます。
 クリックすると拡大できますので、ぜひ大きな写真で夏の風景をお楽しみください。
 今回掲載できなかった写真は『風景フォトギャラリー』にて公開しています。
DSCF2307.jpgDSCF2305.jpg
DSCF2309.jpgDSCF2308.jpg

DSCF2311.jpg
予報では40%、午後からは晴れ。

DSCF2310.jpg
私は滋賀県は別に好きではないが、
夏の風景は格別である。私は田舎の田園風景が大好きだ。

DSCF2314.jpg

DSCF2313.jpg
暑い。
半ヘルできたがそれでもすごい暑さである。
目も疲れてきたので、休憩がてら長浜で、
国道8号脇の農道で写真を撮る。

DSCF2315.jpg

DSCF2317.jpg
ここで怪しい雲が登場。
滋賀の天気は変わりやすい。
特に湖北は山が多いためかよく雨が降る。

脱線するが、滋賀は一般的に関西として認知されていないようだ。
私が関西弁で話すと東北や九州出身者は
『滋賀って関西なの?』と聞いてくる。残念である。

DSCF2316.jpg
台風の影響もあるのか、すごい速さで雲が動いている。

DSCF2319.jpg
一方こちらは岐阜県側。
晴れている。

DSCF2320.jpg
北陸側。

DSCF2318.jpg
なんか雨特有のにおいがする。
いやな予感がするなあ。


DSCF2321.jpg
気を感じる(笑)。

ドラゴンボールではないが、
それでもこの空を見ると、気を感じるのだ。


怪しいなあ・・・



DSCF2322.jpg
これ明らかに降ってるやろ
暑いしリジッドサスのため体が痛い。
カッパを着てまで行く気力はない。

よし!計画変更!
雨雲からエスケープ!!

DSCF2324.jpg
木之本で脇道にそれ、びわ湖周遊で我が家へ帰れ!!
やる気のない奴は帰れ帰れエエエエ!!!!!

DSCF2323.jpg

DSCF2329.jpgDSCF2337.jpg
DSCF2335.jpgDSCF2330.jpg
湿った空気が追ってくる。
逃げろ逃げろ!

DSCF2340.jpg

DSCF2334.jpg
道の駅で休憩。
本日初の大休憩である。
管理人は道の駅大増設運動を提案したい。
小規模でいいからもっとあちこちに道の駅を増やして、休憩場所を作ってほしい。
ここが一番ゆっくりできる。

ところで
先客に、ハイキングウォーキングみたいなロン毛のハーレー乗りがいた。
うまそうに煙草をくわえ、自分の世界に入り込んでしまっていた。
話しかけようとしたが、瞑想中とのことでそれは遠慮させていただいた。

また女性でスポーツスターに乗った人もいたが、半ヘル(流行りのジョッキータイプ)であった。
自分も半ヘルをかぶっていたのであまりいえないが、女性の半ヘル姿はカッコいいが心配である。
もしぶつかったりなんかしたら・・・
特に女性は顔が命なのでちゃんとしたメットをかぶった方が・・・と余計な心配をしてしまう。
(自分も半ヘルだからあまり言えない)
スポーツスターも意外にいい音がするものである。
私は現行のハーレーに魅力を感じないが、意外に排気音は渋かった。

※以下は管理人の偏見です。
従来はわたしはハーレーならやはり旧車、あのプライマリーベルトがグルングルン回る音がきこえるやつとか、キックで始動するあの渋いバイク。
そういう古いハーレーにはただならぬ風格、魅力を感じるが、現行のキレイなハーレー・ダビッドソンには興味がなかった。
なんかのってる人を見てても、『名前で乗ってるだけやろ』とか『ブランドに満足してんなや』とか『ベンツと同じ感覚で買うなや、そんなんバイカーじゃなくてただのオタクやぞ』などという目で見ていた。

ラーメン屋の『来○亭』各店舗の若店長が、バカの一つ覚えみたいにこぞってベンツを買う姿とか、
塾講師が突然、成金気取りでBMWを買う姿
同じようなものだと思っていた。
名前だけ、ハーレー・ダビッドソンという名前ただそれだけが欲しいがために、キレイなハーレーをディーラーで買う。彼らはもちろん壊れても自分で対処できないし、しようともしない。まあどうせキレイな現行ハーレーは壊れることもあまりないだろうけど。
要は彼らにとっては、タンクに『HERLEY DAVIDSON』の文字が入ってないとハーレーじゃないのだ。バイクじゃなくて見栄が欲しいだけ。

スティードに『HERLEY DAVIDSON』の文字を入れる奴の気がしれん。
そんなことして恥ずかしくないか。


ブランドで乗る奴なんてバイカーじゃない。
一生ベンツにでも乗っとけや
一生涯ルイビトン使っとけや
ローンでヒイヒイ言いながらな

と思っている。

※みんながみんなそうだとは言ってません。
 純粋にココが好きだ!で乗っている人もいるのは知ってます。
 あくまで私の偏見ですので反論受けません。あしからず。


とはいえ結局管理人もゆくゆくはハーレーに乗っているだろう(失笑)

しかしタンクにロゴだけはつけたくない。

音がいい。
値段的にも旧車に比べると手が届くので、1200ccのスポーツスターもいいかもな。
ただスポーツスターにはオープンプライマリーもキックもつけられないので旧車の魅力には勝てない。


休憩の続き。
DSCF2332.jpg
こんな暑い日には、冷えたアイスティーがすごくうまく感じた。
こういう写真、ツーリングっぽいかも。


DSCF2343_20090814134020.jpg
なんとか雨雲から解放された。
ツーリングも終盤、このへんで

DSCF2342.jpg
青空写真撮影会!!

DSCF2348.jpgDSCF2365.jpg
DSCF2369.jpgDSCF2385.jpg

DSCF2344_20090814135209.jpg

DSCF2347_20090814135235.jpg

DSCF2371.jpg
足が写ってもうた・・・
寝ころびながら撮ってます。


DSCF2373.jpg
暑いけど、田舎の空気は気持ちいい!!


DSCF2376.jpg
癒された。
そろそろ帰るか!

日曜はマスツーリング。何年ぶりかな。
たくさん写真を撮っておこう。
そういば最近バイクの話題が少なく、脱線しすぎたな。
あくまでこれは『滋賀バイカーのツーリングレポート』なのでバイクや旅についてももっと語らなければ。
越前はいけなかったが、またいつでも行ける距離なので機会をつくって行きたい。
                        ~おわり~

テーマ : ツーリング - ジャンル : 車・バイク

 
 
DSCF2280.jpg
バイクに乗るときは時計はいらない。
どうしても時間に縛られる気がしてしまう。
映画『イージー☆ライダー』でのあのシーン。
主人公が、旅に出る時「忘れ物をした」と思い出したかのように腕時計を捨てる場面がある。
『旅に時計なんて必要ないだろ』とはいっていないが、まさにそんなセリフをあの場面に見た。


とはいえ仕事となれば仕方がない。
この時計、3年前山口で訓練を受けた時、必要に迫られて買ったものである。
最寄りのスーパーで1050円で買った。仕事の時だけつけている。
自衛隊なんて男しかいないし、女がいてもバケモノみたいな人ばかりだから、カッコつける必要は全くない。
よって時計なんて全くどうでもいい、普通に使えればいいので安物を買った。

この時計は以来3年の時を刻み続けて来た。
私の苦しみも悲しみも、厳しかったことくじけそうになったこと、しかしそれを乗り越えた時の喜び、またあるときはたのしかったこともすべて見てきたはずだ。私の気持ちを一番知っているのもコイツなのかもしれない。

草むらを這っても、泥に飛び込んでも水中に潜っても、全く故障しない、傷一つつかないタフな奴だ。
時計は値段じゃない。


『いいかげんもっといい時計に買い替えろよ』
何度も職場で言われてきたが、全く買い換えるつもりはない。

愛着とはこういうことを言うのかもしれない。

今日、その時計が電池切れで止まってしまった。

私は、945円(ほとんど本体と同額)で電池交換をし、コイツを復活させた。
なんかちょっとうれしいというか・・・感動してしまった。

これからもよろしく。

イカン、目頭が熱くなってきたのでこの辺で。


さて、以前から(もうかれこれ2年ぐらい)マフラーのサイレンサーをつけようと思っていた。
買ったときから直管で、とてつもなく爆音のサンダーヘッダーマフラー。
専用サイレンサーは高いし、自作も結局性能が?ですぐに不具合が起きそう。

あまり私はパーツショップに行かない。
理由は、いちいち『排気量なんぼ?』とか、『原型わかんねえな、どこのバイク?』『値段なんぼ?』などと聞かれるのが面倒なので。毎回同じことを聞かれるのでいちいち答えるのもけっこう・・・


ちょっとサイレンサーが気になり、用品店をのぞいてみると3000円程度でサイズ適合しそうなものが見つかった。
2りんかんのお兄さんにサイズを測ってもらうと、意外にバッチリ。
よし、買うか!
DSCF2276.jpgDSCF2278.jpg
サンダーヘッダーマフラーを使用のバイカーに朗報!!
このデイトナのサイレンサーはサイズばっちり。
10000円も出して専用を買うなら、こっちの方がはるかにお得。
なお右はマフラーのガスケット。
今回サイレンサー取り付け穴を開けるために、マフラーをいったん取り外さなければならない。
マフラーを外し、また再利用する場合はガス漏れ防止のためにガスケットを新品に替えなければならない。マフラー交換の際も同様。
STEEDの場合は前・後の径が異なるので2種類買う。
500円(×2個)ぐらい。サイレンサーとガスケット合わせて全部で3700円ぐらいだった。
10000円の専用サイレンサー(ガスケットも合わせると11000円)よりはだいぶ安上がり。

DSCF2282.jpgDSCF2283.jpg
現状。見ての通りサイレンサーは入っていない。
つまり直管爆音マフラーであった。
うるさすぎる。耳栓をして乗っていた(笑)。
けど高いので買わずに我慢していた。このバイク長く乗るつもりはないので。
今のバイクも一応600cc大型だが、やはり国産アメリカンの限界を感じてしまう…
ああやっぱ1000cc超に乗りたい。

DSCF2281.jpgDSCF2284.jpg
穴をあけなければならない。
結構勇気のいる作業である。

滋賀のホームセンターと言えば、『アヤハディオ』。(滋賀県民は知ってますよね?)
12Vの充電式電動ドリルステンレス用の刃(鉄用、木工用などあるがステンレス用が良い。強度高い)を買う。計10000円弱。安物は怪しいのでこれぐらい出した方がいいと判断した。
ちなみに電動ドリルはコード式もあるが、これは不便。ガレージにコンセントがある人はいいが。
刃の適合もあるので、しっかり店員さんに確認しよう。

DSCF2286.jpg
オッケイ!サイズぴったり。


DSCF2287.jpgDSCF2288.jpg
マフラーのボルトを外すのにも大変。
狭いのでほんの少しずつしか回せない。
かなり時間をかけてボルトを外す。

DSCF2289.jpgDSCF2292.jpg
ボルトをとったはいいが、マフラー本体がなかなかエンジンから外れない。



DSCF2290.jpg
ウ~ン!!
ウ~~ン!!!




・・・・・・・







DSCF2293.jpg
獲ったど~~!!!!!


というベタな展開はさておき・・・・



DSCF2294.jpg
マフラーは丸いので、ドリルをあてがうと滑る。
なのでお股に挟んで固定する。
刃にCRC556などの潤滑油を塗ると穴が開けやすいらしいので一応塗った。

はじめはツルツル滑るが、一旦傷を付けるとへこみができる。
そのへこみを狙って垂直にやや力強く押し当てるようにドリルで穴を開ける。


拡大。
DSCF2295.jpg
※危ないのでグローブと保護メガネは必ずしよう。

動くなサンダーヘッダー!

我ながら絶妙な挟みである。
いいから俺を挟め!!(謎)


DSCF2297.jpgDSCF2300.jpg
DSCF2298.jpgDSCF2299.jpg
穴が開いた。サイレンサーを止めるボルトは6mm。
ちょっとそれより小さい5.5mmの刃で穴をあけ、開いたら刃の側面で穴を拡大し徐々に穴の径を広げる方法が良い。
さて、マフラー取り付け時に新品ガスケットをいれるのだが・・・(中の穴の金色のリング)

不具合発見。
…マフラーにガスケットが入っていない。
ガスケット交換どころか
あるはずの古いガスケットそのものが入っていない。


旧ガスケットやいずこに??!!



車検終了から一切触ってないマフラー…


まあ来年の車検時にはまた行くのであまり言わないようにしよう。
『車検6万円程度でできます』のメール公開していますから!
店長さん約束の6万円でよろしくお願いしますよ~。


※その後○○(某カスタム店)とはひと悶着ありました(笑)。
 ○○はガスケットはちゃんと入っていると主張。
 フロント3枚、リア2枚。写真も来ました。
 でもおかしくないですか?
 私は新品ガスケットをフロント1枚、リア1枚入れました。
 なんで3枚と2枚?なんで数が一致しないんでしょうか。
 見てないんでしょうね~。
 そもそもマフラー交換の際は新品に変えろっちゅう話や(笑)




DSCF2301.jpgあとは逆手順でつけるだけ。
DSCF2303.jpgDSCF2302.jpg
完成!!!
サイレンサー取り付けるだけでこんな大がかりな作業になろうとは。
穴を開けるのは大変でした。

肝心の音はというと、ちょっとはましになったかなという程度。
サンダーヘッダーそのものがうるさいのかな。
しかし直管に比べたらだいぶ良くなった。

今回習得した整備項目。
 ☆サイレンサー取り付け
 ☆サイレンサー取り付け穴製作
 ☆電動ドリルの使い方
 ☆マフラー交換


作業時間1~2時間。マフラーの脱着に手間取る。
STEEDはボルトが非常に締めにくい場所にあり、整備しにくい。
整備しやすい構造なのは間違いなくYAMAHAのドラッグスターである。

けっこう勉強になった。

また忘れたころに整備改造道場やります。
あすはテストラン実施!

DSCF2259_20090810003758.jpg

                      ~おわり~

テーマ : カスタム - ジャンル : 車・バイク

 

謎の玉手箱が届いた。


DSCF2237.jpg

おもむろに箱を開けると・・・・









DSCF2239.jpg
こっこっここれは~!!!!



ついに暴君ハバネロ東京マジかよミステリーツアーの執行日が決定した。

何のこと?の人はこちらをご覧あれ→『驚愕!!ミステリ~ツア→in東京』

DSCF2241.jpg
8月22日土曜日!!
もちろんたくさん写真撮ってきます。
ご期待下さい!

DSCF2238.jpg
しかし・・・・

こんなに派手にやったら
後片付け大変やなあ・・・
めっちゃ散らばってるし。



夏用メット買いました。詳しくは『装備品』にて!
                      ~おわり~

テーマ : ツーリング - ジャンル : 車・バイク

 
DSCF2247.jpg
世田谷のイージーライダースからモノが届いた。


DSCF2249.jpg
フフフフ待っていたよ…



DSCF2252.jpg
来た来たァ!!
これがグーステールヘルメットだ!

基本浅いタイプだが、従来の『ダックテール』型より後頭部はさらに深い。

管理人は以前半キャップは『バッドボーンⅡ』型を使っていたが、バッドボーンは深すぎて短髪となった今ではかぶっても不格好。
そのため半キャップからはしばらく遠ざかっていた。

私の偏見だが、半ヘルは髪の襟足が長い方が後姿がカッコイイ。
後ろ髪が風になびく様は、アメリカンバイカーそのものだ。

私は襟足を伸ばしたい。
だが、髪形にやかましいラジオ曹長のせいで伸ばせない。



毎日毎日髪を切れ髪を切れと言ってくる。

一時期毎週散髪に行かされたこともある。

北朝鮮じゃないんやぞここは。
いいかげんにせい!


・・・・・・





もう不満だらけやねん自衛隊は!!!



といつもの脱線がまた始まった。

3種の違いを写真を見てもらいたい。
badbone2_20090807221818.jpgduck tail2
前使っていたバッドボーン型。              ダックテール型。

goose tail
今回買ったグーステール型。
なかなか洒落ている。

つぎに大きさを比べてみる。

DSCF2273.jpg
左が以前のバッドボーン。
今回買ったグーステールは割と小さくできていて、頭の小さいメンズやガールズにもおススメ。その小ささは写真を見ての通りである。

ちなみにダックテールもグーステールと同様、浅いので短髪や頭の小さい人におススメである。

DSCF2274.jpg
もちろんコイツにも

DSCF2275.jpg
ステッカー貼りました!

半キャップは涼しいし夏には最高。
でも事故ったら一巻の終わりやね。
遠出は結構疲れます。
アゴひもや耳が痛くなる。

             ~次回『装備品』予告 無地T活用法~

テーマ : ツーリング - ジャンル : 車・バイク

 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。