上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
DSCF2343.jpg
ない。


DSCF2345.jpg
私のお気に入りの
あのTOP画がない。
どこだ・・・

私のTOP画いずこに?!!



と慌てて一斉家宅捜索である。

とにかくありとあらゆるところを探す。


仏壇の隅にもない。
試しに仏壇の鈴をガンガン叩くも、見つからない。

ならばと
小学生の頃道端で拾った、他宗の木魚をポクポクと叩きまくってやった。


「ナンマイダ~ナンマイダ~!!!!」


私は途方に暮れていた。
泣きながら仏壇に訴えた。


するとそこはやはりゴッドマザーが登場し、

『どこで拾ってきた木魚やねん!!
 しかも邪宗のやつやんけ!!
 ちゃんと鈴を打ち鳴らせ!
 あんたなぁ!この信心に
 不可能はないんやでエエエエーーーー!!!!!
 たてまつれ!!!
 南無したてまつれやァァァ!!!!』

と厳しい指導が入った。


私は血眼になって数珠を振り回し、
一心不乱に南無し奉った。

「どうか私のTOP画出てきておくれ」と。


念のためプレステのメモリーカードを調べるが、やはりない。
(どんだけテンパっとんねん)

探すこと小1時間・・・



今しがた
SDメモリーカードのいちばん隅に残っていた所を発見した。

信仰の賜物である(違)。
第8代 top画
これが私のお気に入り。
第8代TOP画である。

気づけば8月で30000HIT超えたのに、
もう42000HITまで手が届きそうな勢いである。

2ちゃんねる効果である。
これは喜べない。

しかも左の「みんなはどこから?」御覧の通り
愛知県のアクセスがアホみたいに突出している。

つまり職場バレした後、
辞めた今になっても
職場の人間が監視し続けているから
である。
もう辞めたんやからほっとけや。
一切関わりたくないのに・・・

そんなことすると
自衛隊の印象がますます悪くなるのにねえ・・・
愛知県のアクセスが1位であり続ける限り
民間人は自衛隊に悪印象を持つに決まってるのに。

残念である。


とまあ独り言はさておき
現在のTOP画は第9代目となった。
これからも
バイカーの世界を広めるべく、頑張っていきたい。
このサイトを御覧の皆さま、応援して下さる方々に本当に感謝しています。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 
DSCF2258.jpg
まずは失敗作から。
この角度がいまいちだったので却下。

場所は家の近所の田んぼ。


第6代 TOP画
こちらは目にした方も多いかもしれない。
JOINTSの帰りにポートメッセ名古屋付近で撮影。


hotrod_20090927084654.jpg
写真がなく、臨時で出した。
JOINTSで撮ったホットロッドカー。
かなり渋い。
誰も寄せ付けない雰囲気。
フロントガラスもなく、床はほとんど骨組みだけで走行中地面が見える。
不要なものはとっぱらう、チョッパーに通ずるものがある。

ずっと同じ写真を掲載し続けていると飽きてくるのでまめに変更するようにしている。

DSCF1988_20090927084738.jpg
原画。
 
今日のツーレポはちょっと違う。

写真が少ない。
いやたくさん写真は撮ったのだが、あえてここに多くは出さない。
文章メインでいこう。

理由はツーリングレポートの原点に立ち返りたいから。

今までの記事では写真のない記事は避けてきた。
最初は自己満日記のはずだったが、
読者が増えてくればおのずと、
見ていて面白くなるような構成を考えるようになっていった。
文章だけのブログなど見てる方はつまらないだろうと思っていた。

しかし最近は文字だけでも結構書けることに気づいた。

そういえば学生の頃も
ふざけたエッセイを学級日誌に書いては、担任や友人にウケていた記憶がある。

もともと管理人は活字が好きである。
学生時代、暇さえあれば世界の名著を濫読した。
精読ではない、ただの濫読である。
とにかくむやみやたらに読みまくっただけ。だから今でも昔読んだ書物の内容を思い出せない。
今読んでみてもヘミングウェイの考えは理解できないし、スタインベックの思想などなおさらである。


なのに活字は今でも好きで飽きもせず、
常に頭の中では無意識に、様々な文字が単語を成して文章を構成し、物語を創造している。
勝手な自分の世界である。

まあ一言で言うと、私は文字の可能性を信じている。

思いつきで記事を書いている。


私の閃きはバイクというツールがあればこそうまれる。
チョッパーに跨ればそこは自分の世界。

そこで何を考えようが私の勝手。

誰も邪魔できない時間。


もういいか。
つまりこういうこと、




さあ





いこう。





バイクで日本海へ!!!
DSCF4042.jpg


DSCF4032.jpg
今日はツーレポらしいツーレポを書きたい!
なので
『こうすればもっと面白いツーリングレポートになるよ』という意見は大歓迎です。

栗東のガレージを出る。
朝11時。
湖岸道路沿→琵琶湖大橋→国道161号
どんどん敦賀方面へ北上していく。

装備はいつもの自称SO-CALスタイル。
ボトムスはお決まりのワークパンツ、トップスは7分袖&半袖Tシャツで適温!丁度いい。
帰りは寒くなることを想定して薄手のコーチJKTを積んでいく。
DSCF4105.jpgDSCF4104.jpg
このコーチJKTが功を奏し、帰りの急激な気温低下にも余裕で対応できた。
STEEL HOTROD WEARに感謝!
AMERICAN USTOM ULTURE万歳!!
ワークスタイル最高!考案したアメリカ人に拍手を送りたい。


気温は28度、風は9月らしく涼しくて気持ちいい。

途中、道の駅『中江藤樹記念館』(たぶん名前違います)
『マキノ追坂峠』で休憩。
やはりここでも①ウイダーインゼリー青を買う。
私の中では、ウイダーインゼリーが好きな飲み物ベスト5に入る。
さらに②マムシドリンク③リポビタンD緑で精力(?)と気力をアップさせる。

管理人は痩せている。遺伝かもしれないが、親父も祖父も競馬界の人間である。
つまり全員やせ型体系。
ちなみに私の母はワキ毛がボーボーである。
さらに言わせてもらうと、近所を散歩する際ノーブラで出かけてしまうので真黒な干しブドウが透けてしまっている。
これは不愉快極まりない。
近所であろうが下着はしっかり着用してもらいたいものである。
息子が恥ずかしい思いをする。

なんか自己紹介みたいになってしまったが・・・
ちょっと私の身体データを発表させてもらうと、168cmで52kg。体脂肪率は8.9%である。
飲み物で生きてる感じがする。
食べなくても平気、でも飲み物は絶対不可欠。
だからまだ飲み物を買う。

④缶コーヒー⑤ホットココア
(どんだけ飲むねん!)
私の場合、飲み物があればツーリングは快適になる。


どんどん北上、ヘルメットはフルフェイスタイプのイージーライダース『Xジェット』、
快適だが重さがネック。休憩はマメにとろう。


DSCF4037.jpg
そしてのんびりと2時頃、敦賀港付近の公園で休憩。


DSCF4041.jpg
どうですか!
なかなかの風景でしょう。


DSCF4043.jpg
コンテナ置き場をバックに撮影。
我がマシンには綺麗な自然よりも、こういう殺風景なバックの方が似合う。


DSCF4051_20090925224548.jpg

もっと北へ、さらに福井県道33号→県道141号へと流れに乗って敦賀の原子力発電所を目指す。
行きどまりまで走る。
DSCF4068.jpgDSCF4069.jpg
DSCF4070.jpg
こういうクレーンを見ていると、なぜだかゾクゾクする。
工場の煙突とか、石油コンビナートの無骨な風景・・・
ああたまらない。

場所はツーリングマップル関西P.81の立石岬。



DSCF4061.jpg
立石岬に向かうまでの道で、こういう海が開ける場面が何度もある。
対向車線にぎりぎりまで接近し、左手でシャッターを押す。
走行中に撮るのは危ないからおすすめしないが、慣れるとけっこういい写真が撮れる。


DSCF4059.jpg
DSCF4062.jpg
DSCF4064.jpg
景色を満喫し、帰路へ。

しかしどうしても寄っておきたいところがある。
滋賀県マキノ町のメタセコイヤ並木。いつか行きたいとは願っていた。
私は夕暮れの時間にメタセコイヤ並木に着くことを狙って、先に敦賀へ行った。

果たして作戦は成功した。



DSCF4072.jpg
夕日が落ちる前に撮れ!


国道161号を南下、途中滋賀県道287号線に移りメタセコイヤ並木へ。DSCF4077.jpg
マキノ町。
なおマキノには温泉がいくつかある。
どこも結構きれいでイイ湯なのでバイカーのみなさんにはぜひ立ち寄ってもらいたい。
気温は低いので上着は忘れずに。

DSCF4083.jpg
到着。
こんな道がこの先ずっと続く。
快走路。
しかし通行量多いなあ。


DSCF4088.jpg
帰りは大渋滞だったが、
ここは管理人の必殺技鬼のすり抜けで渋滞を回避。
大学時代スカイハイバーを組んだスラッシャーに乗っていた。
19の頃そいつをあやつって町田~横浜間の国道16号スーパー大渋滞地帯を走りぬけた。
大型トラックと大型トラックの間をすり抜けしまくったあの若かりし頃。
そこで得たものは無謀ともいえるすり抜け業と、事故を恐れないという間違った乗り方である。

気をつけよう。
しかし大渋滞を澄まし顔ですり抜けるのは、なんともいえないバイカーならではの優越感がある。

また帰りは雨に降られた。
大丈夫、雨なんて降るのが普通と思えばたいしたことない。
覚悟をきめてツーリングに出かけよう。
カッパもブーツカバーもある、適当に屋根見つけて着替えれば楽勝!
もう8年も乗ってると途中の雨なんて全然気にならなくなってきた。

バイカーとしては一歩成長したかな。


さて


ここで
DSCF4073.jpg
半ばむりやり
ツーレポ終~了~!!!

何やねんそれ(苦笑)テキトーな終わり方やったな~・・・
ああなんかいつものツーレポと一緒やぁ・・・難しいなー(/_;)
ツーリングレポートって難しいイ!!!

弟にルート地図のアップ方法きいておこう。

写真はまだまだたくさんあるので、
暇を見つけて『風景フォトギャラリー』、また一年ほど滞っている『絶景の道100選』にアップしておきます。

                         ~おわり~

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 
ツーリングではない。
ちょっと用事があり、龍谷大深草キャンパスまで行ったので写真を撮ってみた。


その前に・・・



DSCF4014_20090920233704.jpg
昼寝中のゴッドマザー愛犬チャントを激写!
寝たばこはあかんぞ!

DSCF4015_20090920233844.jpg
仏壇の真ん前で眠る愛犬。
信心深い奴である。
いい心構えだ。
良好良好!!!
南無○法蓮華~ワン!!!

DSCF4031.jpg
京都は近い。
うちから1時間もあれば着く。

DSCF4029.jpg
駅前からすぐ、目の前に龍谷大学がある。

それでは
『風景フォトギャラリー』大学シリーズをお楽しみください。
クリックすると拡大します。
DSCF4025.jpgDSCF4024.jpg
DSCF4030.jpgDSCF4017.jpg

DSCF4021.jpg
DSCF4020.jpg
めっちゃきれいや~。


DSCF4026.jpg
こういうのを見ると、ああ大学生やって感じがする。

関係ないが、ラクロス部は最高である。
ラクロス部の女子はもう無条件に可愛い。
可愛すぎる。
それからチアリーダー部も最高だ。
顔スタイル共に完璧である。だいたいチアリーダーというだけでももう合格だ。
もう誰でもかれでもチアリーディング部に入ればいいのだ。
いわばブランドである。『チアリーダー部=可愛い』のである。
大学を卒業して早4年、しかし
いまだにチアリーダー部、ラクロス部の女子を見るとたまらなくなってくるのだ。

ありがとうチアリーダー。
ありがとうラクロス部。
おれも混ざりたい。
おれも一緒にキャピキャピしたいねん!!!!


・・・・・


おっとまた暴走しそうになったのでこの辺でやめておこう。
人は冷静さを失うとダメになる。


でも

ああおれもあの頃に戻りたい・・・
いわば非現実的とも言える大学生活。
あんな楽しい時間はない。

戻りたいなあ

DSCF4027.jpg
おもろい自販機発見!

DSCF4028.jpg
『千円入れてコレやと思うボタンを押す』
いかにも関西なノリである。
遊び心満点。関西のこういう文化が私は大好きなのだ。

コレやァぁぁ~!!!!

DSCF4022.jpgDSCF4023.jpg
DSCF4018.jpgDSCF4017_20090921001707.jpg

DSCF4019.jpg
DSCF4016.jpg

秋晴れ。
朝晩寒くなってきたな。
もう冬もあっという間、その前に連休はバイクに乗りたいな。
※『風景フォトギャラリー』にも写真のみで掲載します。

                       ~おわり~

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 
 
お待たせしました。

さてあの件でご心配をおかけしましたが、
自分にとって一番いい方向に事態は好転しました。

そこにはたくさんの応援があり、
またこのサイトの常連さんや同業者、元隊員、新規会員(何やそれ)さんが
コメントとは別に、たくさんの応援メッセージをくれました。
本当にありがとうございます。


なんか意味深やなあ
イミシンイミシン( 一一)

※管理人は2009年9月下旬 除隊となりました。
 その後については、『反省文』コーナーに小説化してあります。
 都合上あくまでも事実を基にしたフィクションだということにしています。
 
 自衛隊の皆さんありがとうございました。
 良き上官、また陰質極まる卑怯な隊員にも出会いましたが、そのすべてがいい経験となり、
 その後の人生の糧となっています。
 また隠れファンの皆さまも本当に温かいご声援ありがとうございました。

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 
DSCF2507.jpg
ひきつづきバス観光。

DSCF2504.jpg
放送大学。

ほどなく次のスポットが告げられる。

DSCF2506.jpg

そう、
もちろん
ハバネロの多い料理店である。

DSCF2516.jpg
ここは辛いもの好きにはたまらないメキシコ料理店。
アンジャッシュ、バナナマン、TOKIOなどもよく来るとのこと。


DSCF2511.jpg

DSCF2509.jpg
これに激辛ソースをつけて食べるのだが、
みんな辛いものマニアなので笑顔である。

[高画質で再生]

mexican

[広告] VPS
ネイティブメキシカンによる演奏。
すごい楽しかったー!


髢狗匱閠・す繝弱ワ繝ゥ豌柔convert_20090912213908
紹介しよう。
この方が、大ヒット商品暴君ハバネロ生みの親シノハラ神であられる。
教祖は驚いた。
こんな若い女性があんな辛~い、しかもあれだけ大ヒットする商品を開発したのだ。
シノハラ神のブログによると、研究のためメキシコ遠征にも行ったとか。
マニア商品、『マーラー仙人』や『ハバネロガーナ秘境編』、『ハバネロクール夏限定』などについて、教祖はかなりつっこんだ質問をした。
あつく語り合った。
だいたいハバネロ料理が日本にきた起源はこの人にある。
暴君ハバネロが出来てから、国内でハバネロを使った料理が流行りはじめたのだ。

すごい女性である。
偉大である。
目線を取れば、結構可愛いのである。関係ないが。

女性の世紀は到来した!!!

DSCF2513.jpg
そして本丸「ハバネロの肉詰め」である。
かむと「ガリ」と、ハバネロのつぶれる音がする。
まるごと入っている。

信者たちの(勝手に信者にすな!)先ほどまでの笑顔はすでに消え、
おのおのの喉の中から異常乾燥WARNINGが発令された。
『うううう苦しい・・・』
『死ぬウ死ぬウ!!』
『ウゲゲー!!!』
『ぎゃあああカライ!カライ!!』
実験会場は信者たちの阿鼻叫喚の地獄と化した。

教祖はというと、ここは教祖だけにやせ我慢をし
美人のシノハラ神にいいところを見せようと
不自然極まる笑顔で『ハバネロの肉詰め』を食した。





男たるとこ見せつけたれやとばかりに。




やせ我慢もつかの間、
教祖はあまりの過酷さに頭が真っ白になり、(情ッけねエ~)



おっおっお・・・・・








お助けエエエーーーーーー!!!!!!』
時代劇風に叫んだのち、実験会場を脱出した。


DSCF2606_20090912204737.jpg
またまた認定証を手に入れた。

DSCF2518.jpg
DSCF2519.jpg
DSCF2520.jpg
バスから撮るのは難しいな。
DSCF2523.jpg

さて、食後眠くなってきたようで信者は皆バスの中で眠りに入っている。

教祖はというと
バスガイドの話に耳を傾け
終始にこやかに彼女の顔を見つめていた。
得意の『視姦』である。

やっぱり民間の女はいいぜエ~!!
そこに深い意味はないけれども(大アリやないか)

民間の女はいいぜエ~!!!!自○隊の女とは違うな!!

どうやら教祖は女好きであるらしい。
将来は上下左右に美人をはべらせた状態で信仰に励もうと目論んでいる。完全に妄想の世界であることは間違いない。

女性の世紀は到来した!!!(違)


ふざけたことを考えていると
DSCF2522.jpg
こんな目にあう。


DSCF2524.jpg


まずは暴風雨体験。
・・・一気に目が覚めた。
暴風雨


そして我々は“地震体験コーナー”で、我々は地震大国日本の怖ろしさを思い知らされることとなる。
地面から少し高い位置にある部屋のセットに4人で入ると、やおら揺れはじめた。


大地震
カタカタカタカタ…

次第に振動は激しくなり、ついに震度は兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)と同じ震度7に。

ドワン!グシャン!デガガン!ドドンガン!

もう何が、何だか、わからない。冷蔵庫が倒れ、戸棚が崩れ、テーブルの下に必死で潜るもテーブルごと床からひっぺがえされる。20秒ほど続いただろうか。揺れがおさまったとき、心身が受けたショックは事前に言われた「ガスを止める」「出口を確保する」をすっかり忘れてしまうほどだった。まさか震度7がこれほど凄まじいとは…。だが、本当の災害にあった人の恐怖は、決してこの程度ではないはずだ。

まさに嵐のような一日。
全プログラム終了後、これらの災害が実際に起こることを想像し、また愕然とした『本所防災館』。今や海外のツアーにも組み込まれ、日に300人もの観光客が訪れる東京の隠れた観光名所だという。機会があれば、皆様もぜひここで災害の恐怖を味わってみてはいかがだろうか。多少荒療治だが、まず身をもって体験することが防災意識への第一歩だと知った。
(ハバネロ本部より)

さて時間は17時・・・
もう終わってしまうのか。

早かった。






DSCF2526.jpg
最後は酒をのみ、ハバネロ談義を交わそうと
『バトル居酒屋』へ。


そこは足立区綾瀬の路地裏にある。
木村カエラやビートたけしの出身地らしい。

バスでは入れないので一行は徒歩で行く。



DSCF2527.jpg
格闘マニアの人はご存じだろうか。
ここが知る人ぞ知る、ムエタイを観ながら酒を飲める居酒屋。
『オーエンジャイ』である。

酒を飲んでる傍ら、激しい戦いが繰り広げられる。
汗や血、また男汁が観客の顔に降りかかる。
落ち着いて飲めやしない(笑)。


DSCF2528.jpg

DSCF2529.jpg
脅かすなよ!
ハバネロ君がお待ちかねである。

DSCF2531.jpg

DSCF2536.jpg
滑り止め?
格闘マニアの人、床に水をまく理由って何ですか?

DSCF2548.jpg
闘う男たち。
教祖は格闘技はそこまで興味はないが、
かなりの迫力である。面白い。

[高画質で再生]

TOKYO

[広告] VPS[高画質で再生]

TAKATA

[広告] VPS
余興です。ジャパネットたかたの物まね。

そして・・・





DSCF2552.jpg
鳥居みゆきの登場である。
驚いた。実物はかなり可愛い。
教祖は鳥居みゆきがタイプである。
可愛ければ誰でもいいというのが本音、それはここだけの話である。

DSCF2551.jpgDSCF2553.jpg
DSCF2555.jpgDSCF2554.jpg

鳥居みゆきはタバスコを一本まるごとかけ、
挑戦者を募った。

我々は勝利の雄叫びで彼女の挑発に乗ったが
そこは凡人、結局は皆阿鼻叫喚(またか)をあげながら倒れていった。

DSCF2556.jpgDSCF2557.jpg
そして最後はハバネロ君の温情(?)により、鳥居も試食を命ぜられる。
鳥居撃沈す。
当ツアーにおける一切の命令権者はハバネロ君である。
命令は絶対。某団体と同じである。

DSCF2561.jpg
実に刺激的な夜を満喫できた。
東ハトに感謝!!いい会社である。

DSCF2588.jpgDSCF2590.jpg
お土産をもらった。
お菓子がたくさん!!
派手なパッケージなので、帰りの新幹線では注目を浴びた。
食べるのがもったいないな。

DSCF2573.jpgDSCF2578.jpg
DSCF2579.jpgDSCF2580.jpg

DSCF2562.jpg
一日限定のバス。
これが最初で最後である。

DSCF2569.jpg
明日にはこの塗装もはがされ、平和なはとバスに戻る。


DSCF2586.jpg


                         ~おわり~

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 
久々の更新になります。
弟のJizooです。
いつも兄が書くブログを暖かく見守ってくださり、ありがとうございます。

これまでの記事でお分かりのように、兄が今、大変なことになっています。
兄自身がどうするのかは、いずれ本人から報告があると思います。


一応このブログの管理者となっている私は、原因を探るべく、さっそくアクセスログを調べました。
すると・・・

2009/9/4 (金) 12:24:57
ホスト名: dns1.yukanet.co.jp
IP: 210.196.146.2
リンク元: http://unkar.jp/read/society6.2ch.net/jsdf/1213854○○○



リンク元になっているこのアドレス、これは2ちゃんねるを見ていた人からのアクセスということです。

つまり、誰かによってこのブログは2ちゃんねるに晒されたようです。
もちろん、あまりいい形では晒されていません。
この書き込み以後、アクセス数は一時的に上昇していました。

そして、兄の外出禁止処分。

大げさな話かもしれませんが、私はネット社会の怖さを思い知りました。


このブログを今後どうするか。
今、兄と相談しているところです。

またこの場で報告させていただきます。
 
ついに私のブログが職場に発覚した。

今は外出禁止にされている。期限は未定。
監獄生活である。


いつかこの日が来ることは予想していた。
いつもの愛称で職場の先輩方から親しまれてきた日々も、
まもなく終わりを告げようとしている。

明日から仕事が始まる。
職場の人間は、人が変わったように冷たくなるだろう。
従来携わってきた仕事ではなく、ちがう場所で以前と異なる仕事につけられる。
『もうお前は信用できないからな』


ご覧のとおり愛知県からのアクセスがものすごいことになっている。
ほとんど職場の人間である。
職場の人間がこのブログを見るということは、部下の私生活を常に監視しているということである。

私は退職に追い込まれるだろう。
予側はしていた。

腹は決まっている。

今後どうするかも決心した。
それ以上はいえない。

今後・・・・




営内という名の監獄で、携帯から更新。

※コメントの返信は遅くなりますが、必ず返事します。
                         ~おわり~

テーマ : バイク - ジャンル : 車・バイク

 
職場にバレました。

自衛隊関連の全て消去しました。

いや
させられました。

まいったまいった(笑)。


※管理人は2009年9月下旬除隊となりました(また笑)。

テーマ : バイク - ジャンル : 車・バイク

 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。