上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ついにこの動画を公開する時が来た。
好評のG.M.シリーズも今回で5作目となる。
が、今回はさすがに笑えない。ネタにはしたが、後半は読者もドン引きの展開となる。

さあ思い出せ管理人。

私が実家を追放されるあの日を。

実の親に『生むんじゃなかった』と言われつづけた日々を。

リメンバー追放DAY!!!!!

[高画質で再生]

鬼おかん

[広告] VPS
『それでは現場に潜入してみたいと思います』
と撮影者管理人のナレーションで、事は始まる。我ながら勇気ある行動に拍手。


ゴッドマザー(以下G.M.と省略する)、今回のターゲットはまず弟。
[高画質で再生]

ゴッドマザー6

[広告] VPS
事情はこうである。
現在管理人の弟は競馬会に入るため、牧場で競馬の修行をしている。
わずかな休みの日に連続して出勤し、代休を一生懸命貯めた。
その代休を使って東京に旅行に行くことを告げる。
おそらく遠距離恋愛の彼女に会いに行くのであろう。

ごく当たりまえのことである。

しかし母はそれを許さない。

【理由その①】
まだ競馬学校にうかってないやんけ。
競馬学校受かってもないのに、女と遊ぶな。
最近浮き足たっとるんちゃうんけ。
自分が若いころは、給料は全部親に振込み、夜は風俗で働いて、恋愛する暇もなかったんやぞ。

【理由その②】
急に言うな。
旅行前日になって東京行くって何やねん。
親をなめとんかコラ。

以上。

私には到底理解できない。


[高画質で再生]

怒鳴りちらすわが母

[広告] VPS
もうめんどくさいので説明は省略する。
とにかく酔っ払って子供に八つ当たりしてきたのである。


[高画質で再生]

ゴッドマザー6-2

[広告] VPS
最後動画が切れる直前に、G.M.が何かを拾って投げるシーンがある。
その刹那、管理人は『あっ!!危ない!!』と発声する。

あれは『缶コーヒー』である。

缶コーヒーを私に投げつけてきたのである。
本当に怖かった。

私は一目散に家を脱出し、STEEDのもとへ走った。

しかしG.M.は逃げても逃げても私を追ってくる。

そしてなんと
 
あろうことか仏壇を担いで投げてきたのである。

私は心底驚いた。
神聖なる仏壇を、もはや狂信者ともいうべき信仰深い筈のわが母が担いで投げたのである。

必殺技『仏壇投げ』を私はその日初めて目にした。

もう本当にこの家を出よう。

私はエンジンの暖機もそこそこに、急いでバイクを走らせた。


後日、仏壇と缶コーヒーを点検した。
破壊
ボコボコニへこんでしまっている。
さすがに、親に缶コーヒーを投げつけられるとは思わなかった。


次に仏壇の箱を開いた。
※母が投げたのは、一人暮らし用の小型仏壇である。
 梱包の箱ごと投げたのであった。


何やら中でガチャガチャと奇異な音がしたが、なんだったのだろうか。


・・・・・





破壊2
おれてるし


これ本来はご飯を盛って、仏壇にお供えするための茶碗である。

それがこんな姿になろうとは…恐るべしゴッドマザー。

破壊3
これが本来の姿。
なぜこれがあるかというと、販売元の『金剛堂NETショップ』に電話をし、
『これ開けたら折れてましたよ』と嘘のクレームをつけ、送ってもらったのである。
金剛堂の方へ、本当に申し訳ありませんでした。
これは僕の母が折ったんです。ごめんなさい。ナムナム…

破壊4
比較。

ひどい。ひどすぎる。


私はあの日家を出た。

その後すぐに部屋を借り今にいたる。

だが私は大好きな犬が家にいて、愛犬に会うためだけに時々家をのぞく。

おととい犬に会いにいった。
申し訳なく、家の敷居をまたがせていただいた。
『お邪魔します』
自分の実家なのにね(笑)。

しかし運悪く、私は母に見つかり、またまた『出て行け』を連呼された。
そしていつもの金くれ病が始まった。

私が歯磨きをしていると、『歯磨き代をだせ』
トイレを利用すると、『使用料を出せ』
家のローンまだ残っとんねん、『家にもっと金入れろ』
そして『大学まで出してやった』

最後はド定番の『生んでやった』

母が『生んでやった』ならば、
私は『生まれてやった』訳だ。
自分が希望してこの親から生まれてきたわけじゃない。

『人間は生まれながらにして不平等である』
私が小学2年のころ悟ったのが、この言葉だ。




私はその日、ついにキレる少年と化した。
積年の恨み。
そして人格否定発言を何度も繰り返すゴッドマザーに対し、私は…


私は…

親を殴ったのである。

正気でなかった、と言いたいところだが、普段通りだった。
幼き頃受けた数々の虐待メモリーが、私の頭を駆け巡った。

もう我慢してはならない。
今。

今!!!!!

異常な物音に父は、あわてて起きだし暴走する息子をとめた。

もしここで父が息子をぶったならば、息子は迷わず父を殴ったに違いない。

「おまえらがやってきたことや。俺が今報復してやる」と。

『何してんの?!!』弟も起きた。


G.M.は救急車で運ばれた。

電話があった。

「骨が3本折れた」らしい。

しかし母は骨を折りながらも、帰ると酒を飲んでいた。

私はもう一切、家に立ち入ることを禁じられた。

もうこれ以上ここにいると今度は本当に殺してしまうかもしれない。
自分でも自覚している。


私は傷害罪に問われる。
●&母は裁判を起こし、私を徹底的に攻撃するつもりらしい。

もう裁判でも何でも勝手にしろやである。

何が家族やどこが家族や。

本当にやるなら、こちらにも考えがある。



その日
私はほとんど反省していなかった。
『当然だ』
『あんなのは親じゃない』


でも翌日目が覚めると

なんだかとても悲しい気分になった。


お母さん、今頃どんな気持ちでいるかな…
泣いてるんちゃうかな…

やりすぎたな…




ごめんな
お母さん。


でもやっぱりあなたとはやっていけません。


だから

さようならお母さん。

                      ~おわり~
スポンサーサイト

テーマ : カスタムバイク - ジャンル : 車・バイク

 
私の出勤の足は、原動機付自転車である。
なんたって速い。アホみたいな国道の大渋滞も楽勝である。10分で仕事場に到着する。

おカタい仕事なので服装はスーツ。
しかしスーツそのままで原動機付自転車に乗るのは寒い。

よくドカタの兄ちゃんたちは朝早くからクソ寒い中、平気な顔で労働に励んでいるが
彼らの防寒の秘訣は何だろうか。
そこで頭に浮かんだのがあの店。
ドカタの連中ご用達、作業服専門店『ワークマン』。

よし、私も先人に学べ!ドカタの兄ちゃんたちに学べ!!
ということで、ワークマンにて通勤用防寒用品を買った。
スーツの上にそれを着るのだが、とてつもなく温かい。
スキーウエアを凌ぐほどの防寒性能なのに、上下セットで3,000円程度。
安いのに性能はピカイチなのだ。

しかし首元を忘れてはならない。
わたしはネックウォーマーを購入した。
DSCF4229.jpg
499円。
この一見ごく普通のネックウォーマー。
だが今まで使ってきた数々のネックウォーマーとは全然違った。

私はこれがもうひとつほしくなった。
理由は休日用。つまり仕事用ではなく、バイク用にも使いたいと思ったからである。
(管理人は、仕事と趣味に使うものは完全に分ける性格なので)

原付は本当に楽で快適。正直もうSTEEDには全然乗っていない。
原付で近所のワークマンに向かったが、売れ筋商品らしく、既に同じ商品はなかった。

これしきのことで諦めてたまるか。
私は500円玉を握りしめ、隣町のワークマンにも足を運んだ。




だが・・・・・





『申し訳ございません。もう県内全店で欠品中です』
店員は非情に告げた。

私は食い下がった。
『今度はいつ入荷するのでしょうか。私はあれがほしくてこのくそ田舎(失礼)までバイクを駆ってきたのです。あれを手に入れるまでは帰らないと決意した上で来ているのです。いつ入荷するのでしょうか』

『入荷予定は未定です。ほかにもネックウォーマーはありますが…』

『困ります。あれでないと意味がない。私がいままで幾つもの商品を試してきた中で、あれが最も暖かいのです。なんとかなりませんか』

『しかしないものはないんですよ…』



『いやだいやだ。私が途中タヌキやキツネを見ながら、また凍った路面を必死こいて攻略してまでこんなド田舎まで走ってきたというのに、これではあまりにも殺生ではないか。こんな苦労をしてまでここにきた私がアホみたいではないか』
私は人目をはばからず、むせび泣いた。

店員はどう対応していいのかわからず、ただ悲しそうに私を見つめていた。

私は追い討ちをかけるかのようにさらなるダダをこねた。
『私は18のころから御社を利用してきたお得意様の一人である。一介のローカルバイカーとして御社の商品を愛用し続けてきたし、今もこうして来ているではないか。あなた方はなぜこのような顧客を大事にできないのか。
お得意様をないがしろにして、明日の経営はないと私は思う!!!』
私は次に説教をタレた。
説教は、テイラーの科学的管理法からポーターの競争戦略論にまで及び、
店員の、この一人のクレーマーに対する対応は困難を極めた。


私はさんざん説教を垂れまくった挙句、家に戻り、
ひきつづき泣きじゃくった。男泣きに泣いた。

DSCF4230.jpg
去年買った桐生フリーライドの『Support Your Local』ネックウォーマー。
伸縮性能がないため、風が侵入して寒いのである。

あのときもうひとつ買っておけば…
あのとき500円をケチったばっかりに…
ああ、あのワンコインが。。。
後悔してももう遅い。後悔先に立たずである。来年まで待て。

ワークマンは全国展開しているので、ぜひ寄ったことのない人は見てみてください。
結構バイクの防寒や、雨天時、整備に役立つものが安くそろってます。
滋賀バイカー一押し!


あ・・・・装備品コーナーには分類していますが、久しぶりにコメント設定しています。
役立つ防寒の知恵やお勧めのお店などがありましたら、教えてください。
                       ~おわり~

テーマ : バイク用品 - ジャンル : 車・バイク

 

今日のテーマは『ヘビーオンスジーンズ』である。
季節関係なくバイクに乗るのが本当のバイカーだと思っているし、ロクな防寒対策も講じず寒いと言って乗らないヤツはさっさと降りてしまえというのが私の考えである。
北国のバイカーは乗りたくても積雪で乗れないのだ。
我々は、まだ普通に乗れる環境にいるだけありがたいと思わなければ。

さて私はSO-CALなヒトが好む、ワークパンツを普段愛用しているが、コレは冬になるとはっきりいって寒い。
薄手なのである。

これまではジーンズを嫌っていた。いやジーンズそのものが嫌いというわけではなく、ジーンズを穿くということが普通過ぎるからである。『みんなが穿いてるからイヤ』元来、人と同じことをするのが嫌いな私はジーンズを敬遠してきた。

しかし、海外のチョッパーズマガジンを乱読し、素人なりに研究を進めていく中で
『ジーンズ』もこれはこれでカッコいいという考えに至った。
私はガイジンパワーに圧倒されてしまった。
『普通にジーンズはいて、普通にN-3Bジャケット、普通にエンジニア』そういうありふれたバイカースタイルもアリかな…偏見だらけの私も、やはり本場海外のバイカーをみると影響を受けてしまう。

そして一番に思ったのは、『ジーンズは分厚いので防寒対策になる』ということであった。


DSCF4226.jpgこれが以前はいていたSUGARCANE(シュガーケーン)。
14オンスと、厚さは標準的だがやはりワークパンツに比べると厚い。
中にインナーを併用すると真冬でも楽勝である。

大阪に有限会社サムライという会社がある。
好きな人にはたまらない、ちょっとマニアックな『サムライジーンズ』
ここは15オンス以上のヘビーオンスジーンズを作ることで有名である。
いろんなメーカーを検討した結果、この店に決めた。
DSCF4211.jpg
S3000VX。サムライジーンズの中でも最も太いシルエット。
男気溢れる逸品である。MADE IN OSAKA。
17オンスという硬さはおそらくちょうど良い。

【管理人のジーンズ失敗談】
以前は19オンスのブーツカットを買ったがサイズ不適合のため今は穿いていない。
次に16オンスのベルボトムを買ったが、ブーツを履かなくなったため、今は部屋のインテリアと化している。

別のメーカーで、『IRONHEART(アイアンハート)』というコテコテのハーレー乗りご用達メーカーがある。そこではなんと驚愕の21オンスというバカ分厚いジーンズが生産されており、私もそれに手を出したのだがあまりにもの分厚さに膝が曲げられず単車にまたがることも困難となったため、手放すこととなった。

そして今回2年ぶりのジーンズ。
今度こそははき込んでみよう。
    DSCF4212.jpg    DSCF4216.jpg
DSCF4217.jpgDSCF4220.jpg
サイズはルーズにはこうとデカめにw30にしたが、洗濯後予想をはるかに超える縮みが出、ジャストサイズとほとんど変わらないほどになった。まあいいか。

DSCF4222.jpg
そして聞いて驚けこれは赤耳ではなく武士耳である。
赤ラメと銀ラメの糸を交互に用いたサムライジーンズこだわりの職人技。
写真ではわかりづらいが・・・

DSCF4233.jpg

裾はもちろんロールアップで穿く。
そのほうが足もとにボリュームが出てスニーカーにも引っかかりが出にくい。

使ってみた感想。
17オンスはさすがに寒さには強い。
これ抜きではもう考えられないほど快適だった。
普通にはく分での限界は17オンスだと思う。
19、21ozまでいくともうジーンズというレベルではなくなる。


最後に管理人がいろいろ検討したメーカーのリンクを貼っておきます。
SAMURAI JEANS(サムライジーンズ)

STUDIO D'ARTISAN&SA(ステュディオ・ダ・ルチザン) 

SKULL JEANS(スカルジーンズ)

THE FLATHEAD(フラットヘッド)

FOB FACTORY(エフ・オー・ビー)

テーマ : バイク用品 - ジャンル : 車・バイク

 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。