上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
久々に整備の話になった。
理由は小さな自損事故。

大した衝撃ではなかったが簡単に折れてしまった。

DSCF4498.jpg
これぐらいの傷、バイク乗りなら自分で直そう。

クラッチレバーが折れた。
千葉のネオファクトリーで部品を買う。

せっかくなのでクロームのレバーを。
片方だけじゃおかしいからブレーキレバーも。
一本1680円。
ネオファクトリーは安いうえに在庫が豊富。

DSCF4491.jpg
スポーツスターのクラッチレバー・ブレーキレバーの外し方は簡単。
まず裏のスナップリングを外す。

DSCF4492.jpg
専用工具スナップリングプライヤ。1470円。
上のリングがはずしたスナップリング。

DSCF4493.jpg
そのあとピンを抜く。


DSCF4496.jpg
ゴムのカバーを引っ張り外す。
下の長いナットを左手で固定して、その上のロックナットを右手で緩める。
かなりかたい。CRC556等潤滑油を活用しよう。

DSCF4497.jpg
外れた。

つけるときはコレの逆。
ブレーキレバーはスナップリングとピンを抜くだけで外れる。

DSCF4507.jpg
クロームメッキのまばゆい輝き。
替えた甲斐があった。
高速代は本当に無駄だったが大きな事故にならなくてよかった。


DSCF4502.jpg
ウインカーも替える。ダサいから。
スリットウインカーを2個セット2940円で買う。
ネオファクトリーは安い。

DSCF4501.jpg
ギボシ端子はなくてもいい。
電工ペンチもなくてもできる。

DSCF4504.jpg
DSCF4505.jpg
DSCF4506.jpg
方法は説明不要。はずす付ける線をつなぐ。以上。


前のウインカーのステーが残っていてどうも気になる。
しかしこれが下のステムを支えているので外すと危ない。
今後方法を考えてみよう。

今日のブログは淡々としすぎている…

そう私は本来真面目な人間なのだ。
だからバイクの傷は放っておけないわけだ。



                       ~おわり~
スポンサーサイト

テーマ : Harley-Davidon - ジャンル : 車・バイク

 
DSCF4490.jpg
コメントやメッセージ本当にありがとうございます。
今ちょうど修理が終わりました。
意外にもスムーズに交換完了。
いまや管理人はすっかり元気です(笑)
交換方法は来週にでも編集します。

しかもついでにウインカーも買ったので整備ネタが増えそうです。
テスト走行は来週。

今は週休1日なのであっという間に休みが終わります。
平日もできれば更新します。
今後もよろしくお願いいたします。

シガバイカー

テーマ : カスタムバイク - ジャンル : 車・バイク

 
待ちに待った淡路島ツーリングの日。

バイク仲間と8か月振りに出会える絶好の機会。


朝4時には暖機を終えて出発。
予想以上の寒さに、ファミリーマートでハンカチタオルを買い、メットの中にしのばせる。
防寒効果はてき面、足用カイロと貼るカイロをみぞおち部分に貼って、ボタンの隙間から入る風をしのいだ。


高速道路を快調に進む。

速い。
このバイクは速い。

耳栓をしたらものすごく楽だ。
半ヘルバイカーにはかなりおすすめできる。

だいたい半ヘルの疲れる理由は耳ではないだろうか。
耳からゴーゴーとものすごい風切り音が入る。これが疲れの原因。
耳栓はこれを完全に防護してくれる。


吹田を通過。
豊中を通過。

西宮あたりで分岐点が現れる。
私はたぶんここだろうと入ったが最後、一方通行をひたすら走る。


吹田まであと30Km。


吹田?

おかしい。




俺逆走してるぞ…





ヤバい間に合わない。


急いで降りる。
早めに出たからなんとかいけるか。
下道でいこう。もう高速は性にあわない。


分岐がよくわからない。
イライラしてきた。


相変わらず関西の人間は交通マナーが悪すぎる。
何とかして自分だけが先に行こうとする。
一体誰と競争してるんだこいつらは。
何をそこまで先を争うのか、私は理解に苦しむ。
滋賀、京都、大阪、兵庫・・・
関西の道路は、どこもかしこも自分勝手な奴らでひしめき合っている。



地図を持ってこなかった。
積む場所もないし、たこフェリー乗り場はだいたいわかるから持ってこなかった。
これがそもそもの失敗。

迷ったならスグに止まって確認。この大原則を忘れていた。
失格。
バイカーとして失格。最悪。




あとはひたすら迷ってなんとか垂水料金所まで来たが、すでに遅い。

しかし料金所を目の前にして、ある考えが浮かんだ。

皆はフェリーで島へ上陸する。
ならば私は高速で先に行き、島で皆と合流⇒ハッピーエンド…

コレや


コレやァぁぁぁ!!!


皆の笑顔が思い浮かぶ。
素晴らしい。これで後れを取り戻すのだ。


行け


行けーーー!!!



急ぐ


急ぐ


焦る焦る



ところが・・・











人間はそういうとき、自然と危険を回避できるようにできているらしい。

私は高校時代の授業『柔道』で習った受け身を用いて
ひらりと身をかわし、エイヤの掛け声で巧みに地面に倒れこんだ。

エイヤ!


ガシャン!!!!



人は大丈夫

でも我がマシンは痛々しい姿をその場にさらしてしまった。


私は半泣き状態で料金所のおじさんに声をかけた。

「これはウソです」


「私は2号機以降、事故など起こしたことがない。
 こんなはずがない。ウソにきまっている」と。


『落ち着きや。体がどうもなくてよかったやんか』


淡路島を目の前にして、リタイヤ。
高速料金、燃料、そして破損した部品・・・
しめて2万円をスッタことになる。

悲しい。ものすごく悲しい。

千葉のネオファクトリーで部品を買った。
明日届くのでなんとか修理してみたい。

DSCF4486.jpg
ハンドルがすこしゆがんだ。
ライザーを締めなおして修理完了
テスト走行はまだだ。

DSCF4484.jpg
サイドナンバーが曲がった。
これは修理後の写真である。
無理やり捻じ曲げて直した。

DSCF4483.jpg
これが一番つらい。
クラッチレバーの折損。
ちょっとした衝撃で折れてしまう。
国産車はおれないのに。


翌日の月曜。
私は運送業に就職したので、新たな運転免許を取りに行った。
DSCF4487.jpg
皮肉なことに、ゴールド免許。
交通マナー、交通道徳の遵守。きわめて安全運転。人にやさしい運転。
自分は痛い思いをしたくないし、人を傷つけたくもない。

バイカーの手本と言われるような運転をしようと心がけてきた、その5年の結晶。
だが

焦りと急ぎが全てを狂わせる。

みなさんも私のようなみっともない自損事故だけはしないよう
気をつけてください…


あすはレバー交換。

時間がたち、だいぶ気分も落ち着きました。
コメントやメッセージ本当にありがとうございました。

                        ~おわり~

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 
管理人は本日自損事故のため、淡路島ツーリングをリタイヤしました。

吹田⇒西宮⇒吹田?

ジャンクションでまさかの逆走

吹田を2度通過

時間に間に合わない

道に迷う(この時点でかなりテンパっていた)

高速は信用できない 下道

でまた迷う

時間がもうない

高速の入り口発見
乗る


急げば間に合う
みんながフェリー乗ってる間、自分は高速で島に渡ってちょうど合流⇒ハッピーエンド


となるはずであった…








と・こ・ろ・が!



事件は垂水料金所で起こった。


自損事故、内容はダサすぎて話すことが出来ない。

体は無事。

しかしバイクはヤバい…


なんとか応急処置で動くようにはなった。

ツーリングを泣くなく断念
垂水料金所で。淡路島を目の前にして。


なんで今日に限って!!!



半泣きで事故車を見つめる。


バイクがきらいになった。

高速道路が大嫌いになった。


何もやる気が起きない
また「病気」が再発した…

焦るとちっともいいことはない。

時間に余裕を持って出たのに
しかしまさか逆走が全てを狂わせるとは予想外であった。





今日一緒に走る予定だった皆様…
この場を借りて深くお詫び申し上げます。
本当に本当に申し訳ありませんでした。



テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
コレはホントにヤバい
DSCF4471.jpg

DSCF4472.jpg
ステッカーで

DSCF4477.jpg
俺流カスタム!
DSCF4478.jpg
かっちょイイ~!!

ついに念願のジョッキーヘルメットを買った。
ああもう早くコレかぶってバイク乗りたいなあ!


半ヘルにスラングステッカーを貼る場合には
法則がある。
バイカーのヘルメットはカッコ良くないといけない。
だから紹介しよう。

DSCF4477_20100415220011.jpg
外になるほど浅く、真中で山型になるよう貼る。
スタイリッシュでキレイにキマる。
参考までに。



もちろん試着するのだ



見てください
俺のヘルメット見てください


DSCF4481.jpg
お見せできる顔ではないので合成でごまかす。
モデルは別にして、ヘルメット自体はカッコいい!
これぞ理想。マシンの雰囲気に合っている。

DSCF4389.jpg
おまけ。グーステールヘルメット冬バージョン。
mixiのフォト用に撮ってみた。

やっぱ白の方が合わせやすいなー。

今週の遠出が楽しみになってきた☆

ヘルメットってかなり重要だと思う。
バイク乗りの特権だし、メットがカッコイイとバイカー自体も良く見える。
VIBESのライドオンショーなんかに出てるバイカーは、ホントに毎回カッコよくてすごく参考になる。
これからももっとたくさんのバイカーに出会って、センスを磨いていこう。

                      ~おわり~

テーマ : バイク用品 - ジャンル : 車・バイク

 
DSCF4476.jpg
ポータブルフューエルボトルホルダー小&ガソリン携行缶500mlをイージーライダースで購入。
12000円ほどを予想したが、7000円程度だった。
上を見ればキリがないがこれでも本革でスナップボタン付き、使いやすい。

DSCF4475.jpg
もうかれこれ4回はガス欠で止まった。
我がマシンは満タンにしても94kmでアウト。
これは不安で仕方ない。
今は洋服の方に興味があって、バイク用品には金をかけたくないのだが、これだけはやむを得ない。
安心を買うのだ。
今週末遠出をする。
ETCもいいかげんつけたいのだが。

フロントのウインカーもダサい。ハッキリ言ってダサい。
余り物パーツを使ったらしく、リヤと形状が違う。
欲しい。フロントなら4000円ぐらいでいけそうかな。それすら買いたくない。
それほど今はカスタムに金をかけたくないのだ。

DSCF4474.jpg
見た目もなかなかイイ感じ。
あとはツールボックスがあれば当分何もいらないな。


☆ココだけの話☆
FINESTYLEでバイク購入は、車体にガソリン携行缶&ツールボックスがついていて、『ラッキー♪』と思った。買うと高いから。
しかし納車日には、その2点がちゃっかり取り外された状態でバイクが置いてあった(笑)。
まあフルカスタムのハーレーがこの値段で買えたのだから、文句は言うまい…
本当に破格だったんです。




それからイリジウムプラグのレポート。
1リッター当たり17KM⇒19KMに向上。
エンジンもかかりやすい。
使ってみる価値はあるので是非お試しを!



テーマ : バイク用品 - ジャンル : 車・バイク

 
だいぶ遅くなりましたが、一応反省文をこれで終了させて頂きます。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。


『暴け!営内生活の実態!!』
『叩け!女性自衛官!!』

自分でも可笑しくなるぐらい、好きな作品でした。
隊長や上層部の人には大ブーイングでしたが。あ、あとザ・ジエイカン。


私の書いたことを信じるか否かはあなたの勝手です。
だから冷やかしみたいなコメントは即刻削除するか、(笑)のネタとして活用させてもらいます。
でもザ・ジエイカンが言うことよりも私のような外から来た人間が言うことの方が真実味があると思いますがね。
自分の経験をもとにした、フィクションと一応言っておきます。

自衛隊に入隊を考えている若者は、広報官の言うことなんて当てにしない方がいいです。
でもたくさんのことが学べます。
いいこともあります。休みが多いです(笑)あと食堂の飯がうまい。



さて、今後ですがみなさんが忘れたころにでも…

『自衛隊戦記』を書きます。
私がなぜ自衛隊に入り、3年と2カ月何を考え過ごしてきたのか
そこで私が見たものとは。
よろしければ、たのしみにしていてください。
毒舌で皮肉溢れる、しかし
時には感動もあり笑いもとれるような「作文」をします。


ときどき文法的な誤りがありますがこれは意図的なものです。
自由に作文を書きたいので、ご了承ください。




たくさんの人に支えられました。
濃い3年2カ月でした。
なんで今も自衛隊のネタを書くのか。
それほど忘れられない記憶だからです。
現役自衛隊日記はもう二度と書けないですが、今後更なる発展を目指しがんばります。
『恋愛日記』も好評いただいたので(ありがとうございます)2作目を書きます。
今度は純な話ですよ。


コメント設定しますので、ご面倒おかけしますが
よろしければ感想をお聞かせください。

最後まで読んでいただき
本当にありがとうございました。

管理人(筆者)シガバイカー
村山元士長

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
自衛隊生活 最後の日



なんで今日は制服着てるの
いつも作業服なのに



申告があります

何の申告

あさってわかります





本当にこの人たちには世話になった。

いろんなことを学んだ。

いちばん印象に残っていること

同じ釜の飯を食うってこと

自衛隊にいた人はわかるだろう

昼休み みんなで同じテーブルを囲んで飯を食う

本当に楽しい時間だった。


たくさんいじられた
大事にされた
うれしかった。

さよなら



みんなさようなら



他部隊の、同じ職種の人とも仲良くなった。
自衛隊なんて絶対やめてやる何て言ってた人が、今は3曹の昇任目指して頑張っている。

俺は俺の道を行く。
外の世界は厳しいことだらけそんなの知ってる
でもこの3年があったから頑張れる

早くこんな生活のがれたい そう思ってた私が
いつの間にか3年を全うできた 長かった
今度は5年満期まで行く気だったでもブログがバレてかなわなくなった。
しょうがない それも人生


任期満了で辞めた人が言う言葉がある


『あんな濃い3年はなかった』

いまわかった







朝出勤する

私一人

機械の無表情な音だけが聞こえる、朝の指揮所



47588413_1042030697[1]
退職を承認する
その7文字が

私の目に…

目に入ってきた


人事の2曹が言った

『昨日の夕方出して、その日のうちに命令が出た』

驚いた。
たったの半日で、退職が受理された。
1ヶ月はかかるのに。


人事の2曹にも本当に助けられたことが多かった。
直属の上官鬼島1曹との関係で悩んだときも。


思えば私の周りには誰かしら仲間がいて、味方がいた。

とにかくがむしゃらに頑張った3年。
石の上にもってやつだ。

必ずどこかで、自分の努力を見ている人がいる
その時は気付かない けれどいつか認めてくれる人が出てくる
だから人の見てないところでも一生懸命やる

それが私のやり方

それは間違ってないと思う
間違ったのは、大久保3佐やそのほか関係した人に寝る暇のないほど迷惑をかけてしまったということ

だから『反省文』



0730

村山士長は9月18日付をもって
退職を承認されました

申告が終わり


同時刻
村山士長は隊員としての身分を失うこととなった

エンペラーが言った
『仕事決まってないだろ。貯金はあるのか』


あんたが辞めさせたんだろーが

あんたの髪の毛よりはあるよ

学費返済と引っ越しで消えるけどね

家に居てもくそババアに搾取されるだけだ 

退職金なんてはした金だな…


申告が終わった。


0800荷物を片づける

年下で3曹の先輩に挨拶をした

お世話になりましたと

しましたとも言えるが

でもこの人にも出会えてよかったと今は思う


0830

鬼島1曹が言ってた
『でる前にちょっと寄って行って』

行った。

本当にこれほどまでデキる男をみたことがない
全国で有名な飛行管理員
航空自衛隊で5名、全国で5名飛行管理員を選ぶとしたら
私は真っ先にこの人の名を挙げる
それぐらいスゴイ上官だった

仕事とは。
飛行管理とは。
大部分をこの人から教わった。

この人から直接指導を受けてきたこと
私は誇りを持っている
本当に
心から感謝している

だからもし鬼島1曹の悪口を言う者がいれば、私は許さない
それぐらい…大事な先輩だった。


握手をした

絶対忘れないと思う

私もです

お前が忘れても、俺は一生忘れないよ

忘れません
ありがとうございました

・・・ありがとうございました



また握手をした


私は飛行隊を去った。


ヘリ整備員の先輩が呼びとめた。

『メシくいに行こうぜ!』

カレーを御馳走になった。
激辛カレー
私の3年2カ月を象徴するかのような、辛いカレー。


その先輩と出会えたこと。本当に幸運だと思う。
幸せだと思う。

自分の父親みたいな…そんな感じ。







出よう。




基地を出よう。




さよなら








さらば航空自衛隊
さよなら航空自衛隊





夕方家に着いた。

大久保3佐に電話した。

村山元士長は、滋賀県の実家に無事到着いたしました。
本当にありがとうございました。

そのあとの大久保3佐の言葉は、涙が出るので書けない。


すぐにメールが来た

鬼島1曹

『手紙読みました。
 私ももっと一緒に仕事したかったです。
 いままでありがとう。お元気で!』

そのメールを見たとき
私は認めた。


俺の自衛隊生活はいま 終わったと





できればもっとこの人と一緒に仕事をしたかった。
もっとこの人の仕事を見たかった。
まだまだ教えてもらいたいことが、あったのに…。



無念 無念。

それも人生ってのか?



私は京都府警の採用試験に挑む。
最後の挑戦。

教養試験上位通過
体力試験上位通過
1次面接上位通過

でも最終面接は184人中140位で不合格

終わり

それで終わり

決めていた


家計を助けなければならない
だからいつまでも浪人することが許されない
就職した
悔しい 今でも悔しい




26年封印してきたピアスを開けた
警察官をあきらめるため
行きたくて我慢していたタトゥースタジオに行った
警察官をあきらめるため

それも人生

それも人生?





私は最後に何を言うべきかわからない。


…わからない。



                   ~現役自衛隊日記 永久活動停止~


編集後記へつづく
 
電話がかかってきた。

『出たよ』



金曜だ。
村山士長 明日除隊だよ



ブログ発覚から2週間。

自衛隊を辞めるには最低でも1カ月は要すると言われる。
しかしこの場合は、特別なのだろう。

たったの2週間で、除隊まで。



朝、私は所属する飛行隊を離れ、隣の整備員に挨拶に行った。
整備部では、もう大体の隊員はしってるらしい。

白い目で見る者もいれば、無視する者もいた。
しかし私の立場や気持ちが分かる者は少なからずいた。

この除隊日記を、彼らもいま読んでいるはずだ。

だからここでは「彼」の正体を明かせないが
長年自衛隊に勤め、航空機の整備に携わってきたある人に
私は呼ばれた。




残念…
いやちがう

無念やったやろ?

パイロットって変なやつ多いしな
あいつら金貰い過ぎて頭おかしくなっとんねん

わしはおまえと同じ中立派や
ザ・ジエイカンとはちがう
だからお前の気持ちわかる

そう言われた。



私は整備員がどれだけつらい苦労をして
毎日のフライトを実現してきたか、見てきた。
私もパイロットの使いだったから、少しはわかる。
パイロットが無理難題を押し付け、整備員を悩ませてきた場面も見た。

だってパイロットと整備員の間には
天と地ほどの階級の差があるから。
なんで整備員に手当を出さないのか
整備員がいるから彼らはフライトに出られるんじゃないのか?







なんであんなヤツが隊長やってるんだ?

私は当時そう思っていた。



私は大久保3佐に呼ばれた。

エンペラーホールに。


DSCF4453.jpg
注意
それは処分ではなかった。
大久保3佐の連日の徹夜が、このような奇蹟をもたらした。

その後私はエンペラーに、こんなものを受け取った。
たぶん私だけだろうこんなレア物を持っているのは。
DSCF4456.jpg
DSCF4457.jpg









1930当直室前集合


浜3曹との約束。


58会やろう
昭和58年生まれ同級生の会




大卒で入った私は4年遅れだから、私以外の同級生はみな先輩だ。
一人だけ後輩もいたが。

みんな本当にいい人だった。

一人、59年生まれのN士長という隊員がいる。

私は彼と同部屋だったとき、N士長が領空侵犯をしてきたので(つまり部屋の広範囲を私の出張中に占領していたのだ)激しい喧嘩をしたが
今では心から彼に感謝している。
当時は腹が立って仕方なかったがそれをきっかけに学んだことも多かったからだ。
彼は真心で私を送り出してくれた。
うれしかった。


58会は最終回を迎えた。

あんな思い出に残る飲み会はなかったと思う。

隊をあげての送別会はなかった。
みな知らない
私が辞めること。

私が消えた後に知る。

『退職を承認する 9月18日付
 村山士長』

その命令が来週読みあげられたとき、全隊員に知れ渡る。

村山は辞めたらしいぞ

なんで

知らない





それを知ってる58会の同級生だけは、お忍びで送別会をやってくれた。

DSCF4003.jpg

あの日から…

あの日からもう半年になる。

                ~最終回へ続く~

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
上手くいけば今週末で、除隊。

大型免許は、エンペラーつまり隊長に奪い取られた。

隊長は交代したばかりだった。

前の隊長は良かった
しかしその「良かった」前隊長には迷惑をかけなくて済んだからよかったのかもしれない。


・・・・・






夕方。



村山は潔癖症だから洗面所にいる率が高い(笑)。



村山が洗面所にいると
向かいの台に人が来た。

浜3曹
同い年だが先輩。
何度か人間関係に悩んだとき、相談に乗ってくれた。

『村山…いつなんだ』


知ってるんですか


『ああ。一部の人はな』

浜さんともお別れですね…寂しいなー。


『…明日1930当直室前集合。以上』



何をやるんだろうか






村山はとりあえず職場に戻った
大久保にあうため








村山は…







いや
もういいや


めんどくせー





私は
初めてその日上官を飲みに誘った。


私が自衛隊の上官に『飲みに行きませんか』
なんて言ったのは、これが最初で最後である。





もちろん大久保3佐だ。



恩人。







私の職場にはパイロットがたくさんいた。
私はいわば彼らの世話人。

パイロットは転勤族、たくさんの人が入れ替わったがみな親切で、私は大変世話になった。

ただ航空自衛隊のパイロットは殿様で王様。
中にはエンペラーみたいに偉そうで横柄な人間も居たのは事実だ。

でも
大久保3佐は違った。



私は結果的に処分を受けなかった。
それは大久保3佐が、自分を犠牲にして守ってくれたからだ。

だから最後はお礼を言いたくて

それになんでそこまでして…下っ端の空士を助けたのか知りたくて

もう会えないから

だから

初めて先輩を飲みに誘った。

大先輩。

本当に、恩人。







「大久保3佐…除隊の日はいつですか」






金曜に出るはずだから

もう何も心配しなくていい うまくいったから





あの…

その日まで
少し時間ありませんか
ないと思いますけど


でも大久保3佐と飲みたいんです

よろしくお願いします



「今日なら…
 残業おわるまで待っててくれないか」





・・・・・・






夜。

基地の前の居酒屋。




『あっ村山士長!』

隣に私と同じ部隊で、当時訓練中の操縦士がいた。

彼は知らない。
私が除隊になることや事件諸々。

なんで村山が大久保と一対一で?

不思議だったろうな…

こんな組み合わせないよな普通







大久保3佐とはいろんな話をした。

高校卒業後1年浪人してパイロットの課程に入ったらしい。
その1年、ラーメン屋のバイトや大工の手伝いをやった。

そんな話が聞けるのはだぶん私だけだろうと思う。
話の内容は深すぎてここには書ききれない。


彼は普段バカにされていた。
ちょっと天然なとこがあって、それで若いパイロットにもナメられていたように思う。

でも本当は優秀だ。

たぶん彼だから私を救えたのだと思う。




忘れられない言葉がある。


『今日ここに君と一対一で飲みに来たことが知れたら、大変だよ』

だって私は調査官だよ
君の弁護をする立場にないだろう

でももし上に言われたら、こう言うよ


私は調査官として来たんじゃない
大久保誠司として、一人の男として君と話してるんだ
だから関係ないってね



君は女性自衛官が大嫌いなのはわかった。


でもね

人間ってのは

相手を好きになればなるほど
相手も自分を好きになってくんだよ

嫌いな人もいるだろう
でもその人を無理矢理でもいい好きになってみれば?

いつか通じるはずだから
100倍1000倍になって返ってくるから

自分がはなからキライっていう態度をしていれば向こうも嫌うよ




この人と早く出会っていれば

そう思った。



                 ~9月17日(木)につづく~

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。