上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
午前2時。



母に起こされる。

ただ事でないことはすぐにわかった。








「ミルクが…!」







「ミルクが





死んだ

ウソや!!!!!!

一気に目が覚めた
階段を駆け降りた

頭の中が真っ白だった



父がミルクのそばにいた。

「ミルク起きろ!起きろって!!!!」


・・・・・




今でも信じられない。


昨日まであんなに元気だったのに?
毎日のようにワンワン吠え、飯時になるとそれをよこせとせがむ。


突然だった。
まだあと3年は生きると思っていた。



昨晩。
なぜか夜中までミルクは起きていた。
散歩も異常に長かった。父が行った。
そこに気付くべきだった。
いつも私は鈍感だ。
なんできのうたくさん触ってあげなかったんだ。

私は寝ていた。
まともにミルクを触っていなかった。
仕事で疲れてる早く寝たい

だから後悔ばかりが…


だって今日突然いなくなるなんて誰も考えてなかったし




18年彼女と生活を共にしてきた。
機嫌が悪いと八つ当たりしたこともたくさんある。
人間の都合で散歩をに連れて行かず、トイレを我慢させてしまったこともある。
阪神大震災の時、ミルクが私を起こしてくれたから、家具の下敷きにならなかった。

泣いても詫びても、もうミルクは帰ってこない。

なんであの時あんなことをしてしまったんだろう
なんであんなことをいってしまったんだろう

悲しくて寝られなかった。
枯れるほど…まだ出るのかと思うほど泣いた。

朝。
洗面所にブルーのシートが敷いてある。トイレマット。
老化してちょっと頻尿になったミルクはいつも洗面所でおしっこをしていた。

私は朝それを見るたびに
ここは犬の便所かよ
そんな冷酷な言葉を吐いていた。

朝も早いしいちいちそれを片づけるのが面倒だ。

最近仕事ばかりで一体いつミルクを散歩に連れて行っただろうか

自分のしてきたこと
なんでもっとミルクに優しくしてやれなかったんだろう
そればかり考えていた

母が言った

ミルクにありがとう…やね


それを聞いた私は、また泣けて仕方なかった…

いつか死ぬ時が来る
でもまさか昨日まで元気だったのに突然亡くなるなんて
全く考えていなかった。

ケータイの待ち受けはミルクの写真。
見ると悲しくなるから他の写真にしようと思ったけど、
ケータイに入ってる写真には、ミルクの写真しかなかった。
大好きだったから。


今日も仕事だった。
昼、ちょっと寄り道して家に戻った。
冷たくなったミルクは、今にもまた起きだしそうな感じがした。

ずっと触っていた。
ごめんな ごめん ほんまにごめんな

でも二度とミルクは返事しなかった。

火葬には行けないはずだった仕事のため。


でも・・・





昼の3時。

運送依頼 瀬田の唐橋から御園まで
仕事が入った
御園…

御園!!!!
そのルート!!


そのままペットの火葬場に行ける

ミルクの最期に立ち会える!


私は即座に携帯の電源を切った。
次の仕事を入れられないようにするため
会社との連絡を絶つため

後で怒られればいい

今はミルクの最期にいてやることが大事




「9094、9094応答せよ」
無線には次の依頼が入る

・・・

「9094応答せよ」

・・・

無視。


無視!!!

そんなもん後でどうにでもしてやる


私は仕事をサボって火葬場に向かった。

間に合った。


ミルクの最期。
こんなきれいな死に顔を見たことがない。
最後まで可愛い、本当に心から大好きな愛犬。家族だった。


うちにはもう一匹の犬がいる。チャントという名のシュナウザー。
ミルクの亡骸を見たチャントは、ただそこをうろうろするだけで一体どうしていいかわからない様子だったらしい。
私には、そんなつらい姿を見ることはできなかった。



夜 帰宅した。

ミルクの骨はほとんどすべて残ったらしい。
18歳。人間なら100歳超。
歯も全て残っていた。
老衰。
眠ったまま逝ったらしい。何の苦痛もなく。
本当に安らかな寝顔だった。


ボロボロに泣きながら、母がまた言った。

ミルクは幸せやったなあ・・・
みんなにこんなに愛されて。



うん。

確かにミルクは幸せやったと思う

でも
俺の方はもっと・・・





もっと幸せやったで!!!


ミルクと18年一緒にいられた俺はもっと幸せやった

ありがとうミルク
大好きなミルク
いつまでも幸せにな

DSCF4527.jpg
ミルク 享年18歳
5月31日 永眠









何十年たっても
この悲しみは忘れられないと思う

でもミルクがうちにきてくれて本当に良かったと思う

きっと明日もメソメソしてるけど

今をとにかく頑張るしかないから

ミルク、兄ちゃん頑張るからな!

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
土日の道路はいつも大渋滞。
わかってて行かなければならない、それが仕事。
それにしても一般ドライバーのマナーの悪さといったら…
しかし最近は滋賀県民の運転マナーの悪さにも慣れてきて、
どの車がどういう動きをするのか容易に予測できるようになった。
それだけ毎日乗ってればねー。

ところで今日はXSのチョッパーを見た。
いつかの雑誌でみた、今風なストリートチョッパー。
タイヤは流行りのコッカータイヤ。我がマシンと同タイプのものであった。

しかも彼のファッションもまたキマッていて、
ジェットヘルメットとマシン全体の雰囲気が非常にマッチしていた。
垢抜けしてるね!カッコ良かった。

そんな姿を見て、私がバイクに乗りたくなったのは当然である。

今年の夏はどこに行こうかと考えている。

知多半島、輪島、八ヶ岳、龍神…

今のところ知多半島が最有力候補である。
高速は嫌いだからフェリーで。
また降りるトコロ間違えると思うし。


…次の休みはいつだろうか。
晴れるといいけどなー。
DSCF4339.jpg
遠出がしたい。最近県外に出たことがないから。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
久しぶりに文字だけ日記を書いてみる。
mixi版にしようと思ったが、こちらも更新したいので。

今日はやっと一日休みだった(休日出勤ばかりで20日ぐらい連勤だった気がする)。
天候は雨だったので今回も遠出ができなかったが、バイクの整備をした。

どうやら外れて無くなったホーンは、ワッシャーがちぎれて落ちたらしい。
それだけもろかったのか。
いまホーンをいろいろ探しているがこれといったものが見つからない。
カスタムは当分しない(というか金に余裕がなく、できない)つもりでいたが修理に何かと出費がかさむ。
しかもそろそろ原付、2輪、4輪とトリプルオイル交換が待ち受けている。
半泣き状態である。
しかも月末に近づくとクレイジーババアこと私のゴッドマザーが、金をせびってくる。
「今月の金はまだか」と(笑)。

って笑えない。
母の姿を見ていると本当に気楽でいいなーと思ってしまう。
息子が4時半に起き夜も遅くまで働いているのに、母は9時ごろまでグースカいびきをかき、近頃家事もサボることが増えてきた。
挙句の果てには風呂の湯すら沸かしていない。



あんたもちょっとは働けやといいたい。


現在も大活躍中の原付はライトが切れ、ハイビームのみとなっている…
これも直さないといけないがとにかく休みがないから行けないのだ。

おっとまたいつもの悪い癖がでてきたのでこの辺にしとこう。
言いだすと止まらないからな。

さて恋愛日記で知る人ぞ知るあの一件以来、私は美容室を変えた。
市内の最近できた店に行き始めたのだが、かなり気に入っている。

担当の美容師は同い年の女性。
だが私のタイプではなかったから良かった(何がだ)。
彼女がとにかくスゴイ。

今の仕事場では髪形にものすごくうるさい。
自衛隊基準以上である。
だから私はだいぶ短髪なのだが、この髪の短さでこんな形にもできるんだと教えてくれたのが彼女であった。
いろんなスタイルを知ってるし、それを限られた髪の短さでも実現できる。
時には客の意見をおさえて、『こういうスタイルもありますよ』と提案してくれる。よほど腕に自信がないとできないだろうけど。

とにかく上手いし、ド短髪でも何通りものスタイルを実現できる。同じ26歳とは思えないほどである。
もし彼女が私のタイプであったなら間違いなくまた手を出していただろう。

しかも前話した話の内容を詳細に覚えている。
何十人もの得意客を持っているのだろうけど、最近行き始めたばかりだという私の話をかなり細かく覚えている。
こんな素晴らしい美容師はなかなかいないと思った。

…ん?
なんか彼女がものすごく魅力的な人に見えてきたぞ?

早く髪伸びないかなー(笑)。








だまれや





でそのあと映画『グリーンゾーン』を観に行った。
やはりマットデイモンはカッコ良かった。

ただ『ハート・ロッカー』もイラク戦争の映画で今回も同じテーマだったのでちょっと飽きた。
カメラワークも早すぎて、乗り物酔いしやすい私にはかなりきつかった。
近くにいたご婦人も「ウワーア気持ち悪かったア~!!」と最後に感想を述べていた。
同感。

私はバイクに乗れない日は映画を観に行くことにした。
平日休みだから街ものんびりしてて、これはこれでいいと感じた一日だった。

明日からまた仕事。休みはいつになるんだろうか

一体いつになったら遠出できるんだ…

とにかく今を頑張るしかないか。

ご隠居が撮影


 
金曜定例(って言っても一回だけだが)の夜走り中に異音がした。

しかし段差によるただの衝撃音だろうと甘く見ていたが、今日その異変に気付いた。
遅すぎた。

DSCF4516.jpg
ない。
ホーンがないのだ。

まさかこれが外れるとはまったく予想外であった。
クラシックな音で古臭さがあり、なかなか気にいっていたのだが、あれはもうたぶん手に入らないだろう。
ショックである。

増し締めを怠っていた。
とはいえホーンが外れるとは…

DSCF4517.jpg
明日は久々の休みだが、雨。
雨なので映画『グリーンゾーン』でも見にいこうか。
平日の朝一の映画館は貸し切り状態。趣味が特になく、暇だーって人は映画でもどうですか。

ネットで安いホーン探してみるか…車検も近いし。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
朝がとにかく早いので帰ったらすぐに寝る。

私は毎日居眠り運転をしている。
時々カーブでガードレールに突っ込みそうになり、そのたびに目を覚ます。
眠くてしょうがない。

入社から2週間で始末書を書いたのはココだけの話である。

しかし…
『まだまだ運転時間が足りませんよ』と更に長い労働時間を課せられる。



仕事中たくさんのバイクを見た。

俺も乗りたい…

ならちょっとでも乗ろう。
金曜の夜。

金曜は夜走りの日。
勝手にそう決めつけ、私は帰宅後すぐにバイクカバーをはいだ。


国道1号線京滋バイパスを常に右車線でかっ飛ばす。
風が涼しく気持ちいい。

そう言えば夜に乗るのはだいぶ久しぶりだ。

見なれた景色も夜景となるとちょっと違って見える。



次の休みはたぶん雨だからまたしばらく乗れないと思う。
でもたまには夜走りもいいもんだ。

本当は京都まで走りたかったが明日も早いのでやめた。

けどいつか遠出がしたいと思った。

IMGP1299.jpg
見た目は小さなこのバイク。
そのコンパクトさが玄人くさくてカッコよく見えた。

また乗りたい。


テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 
私の入った会社では、休日出勤が義務付けられている。
月8日という休日は真っ赤なウソ、実際は月4日ほどなのだ(笑)

しかも今日はやっと休みがやってきたと思ったのが甘かった。
特別研修と称して、マイクロバスを借り上げ高速道路に乗って遠方まで。
休みを使って、である。
一人頭4000円ほどの参加費を徴収し
事実上の休日出勤が強制された。

休日の出勤で手当が出ないばかりか、逆に会社のために参加した社員からお金を取り、それを会社の売り上げにあてているらしい。なるほどこの会社はこうやって大きな企業に成長したのか。
それ以外にもとにかく社員が自腹を切ることが非常に多い。
決められた休日出勤日に出なければ給料が大きく減額される。
一体何なんだと問いたい。

だいたいそれは休日じゃないだろ(笑)

これは出勤扱いとはならない。ただの自発的な勉強会という扱いらしい。
ヤバい会社に入ってしまった。

法律はこんな会社の規則を許すのか?
指定休日出勤日。ものは言いよう、言ったもん勝ちである。

いいからバイクに乗る時間をくれ!

IMGP1187.jpg
犬と触れ合う時間も


IMGP1251.jpg
バイクを楽しむ時間もない!

最近乗ったのは昨日のたった1Km。
以前副業でバイトしていた店に食事に行った時。近所なのでたったの1Kmであった。
結局今日も出勤だったので長居はできず、大変悲しい思いをした…

恐るべし民間企業


明日も早いからもう寝よう…

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
以前は公務員、土日祝確実に休みだったから今の週休1日制がかなり堪える。
ゆとり教育、学校は3時台に終わり土日祝が必ず休みという今の学生。
就職して連日終電ぎりぎりまで働くような生活に突然移行したら、彼らも慣れるまでは本当に大変だろうと思う。


自衛隊とはいえども公務員、定時に終わり休みが多かったあのころがいかに楽だったかと思う。

今は毎日10時間の車両運転を繰り返す日々。
車の運転がイヤになる。もう見るのもイヤ(笑)

やっと休みがやってきた。
2輪に乗ろう。

自由で開放感あふれる自動2輪に!


1号線で京都まで。その後1号線は9号線にぶつかり162号線へアクセスできる。
162号線を北へ、美山方面へ。
DSCF4508.jpg
小浜まで92キロ。遠い…けれどもせっかくなので行ってみたい。

DSCF4511.jpg
DSCF4510.jpg
DSCF4509.jpg
私はスピードはあまり出さない。
田舎の国道では、50Km制限の道路をたいがいの人間は7、80Kmほどで運転する。
無謀極まりない。

私にはそんなバカバカしい運転はできない。
急発進すれば急ブレーキ。どうせ先の信号は赤になってる。燃料もブレーキパッドも無駄。
労力も無駄、それにスピード出すと疲れないか?

バイカーは地元の方をいたわろう。別にゆっくりのんびり走ってもいいんじゃない?
それがサマになる、アメリカン。
スピードをむやみに出すのは下手くその証拠。
本当に上手い人間は、決して飛ばさない。

DSCF4513.jpg
美山に着いた。ライダーが大勢集まっていた。
ハーレーのサイドカーなんてのもあった。
いやーおじさんたちお金持ちなんだろうなー。
道楽である。

DSCF4512.jpg
ハーレーと言えばもう定番の、コテコテファッションな人もたくさんいた。
サイドカーの後ろに『安全運転』なんて書いた旗を挿してました(笑)




DSCF4514.jpg
小浜駅。閑散としている。
DSCF4515.jpg
商店街のシャッターも閉まり、寂しい雰囲気。若者はみな出ていくんだろうな。

今日は写真が全然ない。
次回はもっと積極的に撮りたい。

走りそのものは楽しめた。
適度なワインディングもあるので、国道162号線はおすすめです。
純粋に『バイクは面白い』と感じたツーリングだった。

                       ~おわり~

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。