上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
私が受けた採用試験は『2等陸海空士』。
任期制隊員がこれにあたり、陸は任期2年、空海は3年。
これで落ちる人がいるのが信じられないほど試験は簡単だった。

自衛隊員の募集担当の部署は『地連(ちれん)』といって、彼らが、
私のような志願者が入隊するまで世話をする。
私が事務所に話を聞きに行ってからは、毎日のように地連の人が家に来て話をしてくれた。
後でわかったことだが、地連は人を入れれば入れるほど偉くなれる。


とにかく健康であれば誰でも入れる。
地連の人はバスで試験場まで送ってくれるのだ。
私は、早起きが苦手であったため試験当日遅刻をしたが、(私にとってその日はそれほど重要ではなかった)地連は何としても志願者を確保したいのか、時間を過ぎても待っていてくれた。

だがさすがに試験問題に『8+3=□』を見たときは、途中で帰ろうかと思った。

当時私は22歳。面接ではこう答えた。

『陸海空どこを希望しますか』
「陸です」

『興味のある職種はありますか』
「不発弾処理員です」




合格発表はすぐに出た。
もちろん合格。8+3ができればOK。

しかし地連のおじさんは私にこう言った。
「君は陸を希望しているが空なんてどうだろう?どっちかというと陸より空だな君は」

私もなぜか空自に興味が移り、結局簡単に空に変更してしまった。


次は親を説得しなければならなかったが、
そこは地連の熱心さであの頑固で偏屈きわまる母を攻略した。

「これで俺は母の重税から解放される」
私は小躍りした。

ただ気になることは…
私には最愛の犬がいた。もうだいぶ歳もとっている。
勢いってやつだ。私はとにかく給料をむしり取る母から逃れたかった。
なんとかなるだろう。もっとも家に近い基地に勤務すれば愛犬の顔も見に来れる。
軽率だったのかもしれない。



7月25日。
私は地連の人に連れられ、最寄りの基地に宿泊させられた。
航空自衛隊岐阜基地。
ここで私は身体検査を受け、2泊して次の段階を待機した。

驚いた。

16人部屋。

いろんな人がいた。
高校出たての18歳の少年もいれば、私と同じく大卒の人間も居たし、社会経験のある25,6歳ぐらいの人もいた。
皆いろんな過去があったらしい。
それをいちいちここで語ることは止めておく。

一体次はどこに行くのだろう。

我々志願者は2泊したのち、ヘッドセットを装着させられ大型輸送機C-1に詰め込まれた。
初めて乗った自衛隊の飛行機。
迷彩柄ですごくでかいやつ。

これから3か月の訓練が始まる。
一体どんなことをやるんだろう。
ついていけるだろうか。
集団生活に我慢できるだろうか。

楽しみよりも…

はるかに不安のほうが大きかった。

それは皆同じだったんじゃないだろうか。

                ~第3話へ続く 気長にお待ちください~




スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
あの真夏の日々を今でも覚えている。



平成18年7月25日
私が航空自衛隊に入隊した日。


動機は単純 人と違うことがしたかったから
ただそれだけ。



私は大学卒業後、地元の医療機器販売会社に就職した。
2ヶ月後、辞めた。
早かった。自分でも信じられないほどド短期だった。

今思えば1年ぐらいはやってみて、そこでまた考えても良かったと思う。今では。
慣れるとたいがいの仕事は続くものだと思うから。今ならそれが分かる。
2カ月じゃ何にも身にならない。

給料も悪くなかった。ただサービス残業がどうしてもイヤだった。
それに医者の機嫌を取るのも嫌だった。
だから…辞めた。

そのあとは実家に住みながらバイトをして生活費を稼いでいたが、母が多額の金を要求するので
いいかげん仕事を見つけなければと考えていた。
当時は毎月5,6万を家に納めていた。結構きつかった。
でも母は追撃の手を緩めなかった。
腹がたった。死んでほしいと思った。言い過ぎではなく本気で思っていた。


言っておくが、文系学部の大学卒男子なんてほとんど『営業職』だ。
文系卒の9割は営業。あとは公務員とかじゃないか?
私は女子がうらやましい。事務職があるからだ。
男は営業、女は事務。それが昔から変わらぬ我が国の常識。

私は営業ってのがどうも苦手だ。
自分の好きなバイクや、好きなジャンルの洋服を売るなら張り切ってやるだろう。
でも現実は、ほとんどの人がそうだと思うが、全然自分の興味のないものを人に売る仕事をしている。
私が興味もない医療機器の営業をしていたように。



そんなある日私は用事があって市役所に行った。


ポスターが貼ってあった。


『自衛官募集』

締め切り今日まで


「自衛隊って公務員やったよな」

事務職も結構ある。
営業じゃない仕事。
珍しい仕事。

人と違うことがしたい
そう思っていた私は、とりあえず受けてみるかと募集事務所に向かった。
それが運命の分かれ道だった。





今は思う。その選択は正しかったと。
今はわかる。

今は。
今なら…

              ~第2話掲載日未定 気長にお待ちください~

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
DSCF4544.jpg
ALLISTERというシカゴ出身のパンクバンドがある。
学生時代に知ったのだが一度解散した。
だがファンとしてうれしいことに彼らが復活し、CDを出したので買いに行った。
バンドステッカーってもったいなくて貼ったことないな…


と、関係ないが昼からなんとか晴れ間が見えてきたので

DSCF4541.jpg
乗った。

DSCF4545.jpgDSCF4546.jpg
そうそう、ホーン結局買いました。
2310円。一般的な形状。ステッカーはださいから即外す。
右は砕けたステー。ステーが砕けて前のホーンが飛んで行ったのだ。
ねじの緩みではなく、ステーの折損…まれである。

DSCF4547.jpgDSCF4548.jpg
なんかまた段差でぶつかって外れそうな気がするが…
もうなくなるなよー。出費がかさみすぎだ。

DSCF4549.jpg
バルブキャップを緑のダイスにしてある。
普通なら赤か黒あたりが無難だが、ここに緑をもってくるあたり、前オーナーのセンスの良さがうかがえる。

DSCF4553.jpg
DSCF4551.jpg
近所のHAMANS CHOPSHOPに行った。
玄人好みのバイクだらけである。

DSCF4552.jpg
短いハンドル。どうしてもこれにしたいが結構費用もかかるらしい。
何年後かなー…そんときには違うハンドルが流行っていると思う。

DSCF4555.jpg
帰って家の前にバイクを止めていた。
あとで整備しようと。

するとどこからともなく出てきた、このあたりを営業中らしい変なおばさんが、
我がマシンをジロジロ見ながらこう言うのだ。



『これ400やろ?』

「1200です」

『うそやー、こんなちっちゃいのに?』

「今は小さいアメリカンが流行ってますよ、わざと小さくカスタムしてあるんです」

『うそー?タンクにハーレーのロゴ貼ってあるだけちゃうん?』

失礼な(笑)

おばさんはどうしても信用できないらしいので、私は
大型2輪をナメるな(出ました)とばかりにエンジンに火を入れた。

お前の咆哮見せつけたれや



シュゴッ!ドドドドドド!!!!
ドルルンドルルン!!!


『おおほんまや!ええ音やん』

聞けばおばさんはバイク乗りらしい。
バイク好きとしてはバイクを見かけると、どうも黙っていられないタチなのだと。

アメリカンに乗りだして、早8年。
いろんなところで声をかけられるようになった。
それは純粋にいいことだと思うし、今日は短距離だったけどやはりバイクは楽しいと感じた。


国道307号沿い滋賀県愛知郡愛東町『あいとうマーガレットステーション』という道の駅がある。
今日はそこに行って名物のイタリアンジェラートを食した。
けっこううまいし、307号は快走路である。

びわ湖周遊に飽きた県外のバイカーにも是非おすすめしたいスポットである。

私は正直琵琶湖はもういいかな。
県内でほかにいいところはないだろうか。

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 
DSCF4531.jpg
DSCF4532.jpg
日本人は限定モノに弱い。私もそうだ。
箱からして限定っぽい

DSCF4533.jpg
開けても凝ってる。
やっぱプレイングハンズは今キテる!
合掌した手にはさんでいるのはなぜかクジ…


半年ぐらい待ってやっときたエコポイントの商品券。
これとへそくり3000円ほどを足してスニーカーを買った。
またもVANS。だって『西海岸』なバイカースタイルにはこれほど合うものはないので…

ロサンゼルスのグラフィックアーティスト≪DONNY MILLER(ドニー・ミラー)がデザインしたSK8-HI。
店に頼んで取り寄せてもらった。

DSCF4535.jpg
買い物依存症っていうらしい。
私の部屋にはいまだ一度も袖を通していない服や靴がある。
買うことでストレスを解消させるという一種の病気だ。大丈夫か俺?

なんやかんや連日ブログ更新出来ている。
「実はシガバイカー暇なんやないの?」

いやいや!
休みは月4日ですから…

でも明日はやっと休みです。だからバイクで福井の海にでも行こうとしたが、雨らしい。
雨男やなー・・・

テーマ : バイク用品 - ジャンル : 車・バイク

 
DSCF4126_20100606210345.jpg

アメリカン乗りなら、結構いると思う。
サイレンサーを入れないヒト。
直管マフラー。

私も初めて乗ったバイク、シャドースラッシャーにはドラッグパイプの直管であった。

今思うとなんであんなアホなコトをしてたのかと思う。

確かに音はいい。これこそアメリカンなサウンド。
サイレンサーを入れるとちょっと音がこもる感じがして、どうも納得いかなかった。


時々外で、とてつもなくやかましい車を見かける。
自己満足の極みである。
他の人にとってみれば、迷惑でしかないしハッキリ言ってダサい(笑)。
また、意味のわからぬ装飾を施した車を見ることがある。
テレビ画面を全ての座席に装備した車とか、アホみたいにLEDをギラギラにちりばめた車とか。

それをいい年したオッサンがやっているのだから、本当に我が目を疑ってしまう。
あんなのが自分の父親じゃなくて本当に良かったと、心から安心した。

…とだいぶ脱線したが直管マフラーは、はたから見ればそれらと同じようなものだと思うのだ。
そもそもサイレンサーナシは違法だし。

やはり音もほどほどに…

それにサイレンサーを入れた方が加速は良くなるし、燃費も向上する。
これは実証済みである。

結構音で疲れるってのもある。
だから私は高速道路など風の強いところを走る場合は、よく耳栓をつける。
これがだいぶ効果があって、付けない時よりもだいぶ楽なのだ。
よかったら試してみてください。


私が良く見るブログ『男の羅生門』でサイレンサーの話をしていたので、つい私も話したくなった。

次は何の話をしようか…

そろそろTOP画変えないとな…
撮りにいこう。


気付けばアクセスが72000超と、このブログは8月で丸2年を迎えます。
みなさん本当にありがとうございます。
更新頻度が落ちてきてますが、ずっと継続していきますので今後ともよろしくお願いいたします。
何歳までやれるかな?

シガバイカー

テーマ : カスタムバイク - ジャンル : 車・バイク

 
DSCF4528.jpg
DSCF4530.jpg
弟に売却したSTEED600が車検を終えて戻ってきた。
車検費用は7万円、リアタイヤはかなりすり減っていたがなんとか通ったらしい。
フレーム改なので、初回の車検はものすごかった。
東大阪D-CLUBで27万円。車検費用が、である。
今回は構造変更後なので7万円で済んだ。

こうして並べてみると、前のバイクは結構でかかったなと思う。
今のスポーツスターは小さい。
だが重量は結構あって、取り回しは意外に力がいる。
これがハーレーなのか。

初代のシャドースラッシャーが原付のように軽く感じる。

うーんフレーム改造はおススメしないな。
長いのはもういいや。疲れるし飽きる。

だが実はショートフォークも曲がれないのだ。
ほどほどが肝心。

カスタムもしたいがとにかく時間がなぁー…

今日の夜走りは中止。
明日も早いし寝るか。

ツーリング行きたいな…

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。