上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
大阪南港 
場所は大阪の南港フェリーターミナル横、阪神高速4号湾岸線の高架下。
時間帯は午後2時。
大阪在住、岡山出身のバイカーVIBESさんからの写真提供。
ありがとうございます。

トレーラーの武骨な雰囲気と、路肩に停められたマグナが妙にマッチする一枚。
これはカッコいい。
管理人の目を射抜いたこの絵は是非このコーナーへ。


なお、Support Your Localでは全国のバイカーから投稿写真を募集します。
『管理人へメッセージ』経由で、自信作を奮ってご応募ください。
スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 
だいぶ長く休んでいた自衛隊戦記を再開する。
これは管理人の気分次第なので次回はいつになるかわからないし、途中でやめる可能性もある。
なお管理人は除隊後、異端派タクシー会社MKの多大なる支援とMKの素晴らしきドライバーの尊い指導をもとに、目標のある充実した毎日を送っている。そこで過ごした日々も忘れられない思い出ばかりなのでいつか書ければ…と思っている。


さて、前回では内村2士井元2士という海上自衛隊出身の新兵が現れた。
内村は2カ月で海自の教育隊を中退。
井元は何とか教育隊を卒業後、部隊に配置されたが1年ほどで空自に移った。
というか逃げ込んできた。(とほかの班員は思っている)


【平成18年7月某日】
内村の横暴ぶりは日に日に増して激しくなっていった。
例えば私がBXで買ってきたアクエリアスを勝手に飲むわ、人の携帯電話を無断で使うわなど、大変イライラの募る日々を送っていた。
おそらく私が共用の冷蔵庫に隠し持っていたカントリーマアムが盗まれたのも、たぶんコイツのせいではないかと思われている。

だから訓練がきつかったというより、こんな意味不明な奴らと隣のベッドで寝て、食事を共にするということが苦痛でならなかった。

『おい!風呂は5分であがれよ!!海自では3分が常識だった』
海自上がりの奴らの定番セリフそれは
『海自では・・・だった』という類いだ。

ここは空自だよ

3分で風呂からあがる内村2士。
もちろん風呂上りであろうが常に体臭がものすごかった。迷惑だった。
団体行動が強制される教育隊では、風呂に行くのも食事に行くのもつねに班で行動。だからこいつのペースに合わせていた。

井元はというと。

『おいみんな!!この班を中隊の中でNO.1にしようぜ!きょうからみんな自主トレ毎日10Km走だ』
それはいいが全て井元の考え中心で、それに他の班員は疲れ果てていた。


とはいえいろんな年齢やさまざまな地域から変な奴らが集まるもんだから、それはそれで楽しかった。
防府南基地に閉じ込められてから1週間後、やっと入隊式の日を迎えることになる。



私の班第44班の班長が、新兵の実家あてに入隊式の招待状を送った。
その宛名を見たとき少し驚いたのが、
村山○○殿 という書き方だった。
手紙の宛名は「様」だろ…いまどき『殿』か。隊員の親に対して○○殿?
私は「自衛官って一般教養が欠けてるのかな」なんて思ったものだ。

入隊式には親が来た。
今思えば母親は私を常に心配してくれていた。
手紙も来たし私の大好きな暴君ハバネロもよく送ってくれた。
最近近所のコンビニやディスカウントストアに暴君ハバネロを買い求めに行くが、めったに見なくなった。
悲しい時代になったものだ。これだから滋賀県はクソ田舎なのだ。

入隊式には派手な軍服を着たえらいさんたちが何人も来ていた。
話の内容は良く覚えていないが、とにかく暑くて何人かが倒れていた。
私も暑過ぎたので靴を脱ごうとしたが、ハゲの鬼軍曹に怒鳴られそうだったので我慢した。
一日何回着替えたか。とにかく暑い夏だった。
もう何でもいいから早く終われやと思いながら入隊式は終了した。

母は滋賀から新幹線で山口まで来た。
金にはうるさい母だが私も私立大学まで出してもらった身だ、親心はありがたいものである。
他にも親が入隊式にきているところがたくさんあった。
自分の子どもはやはり気になるんだろう。
私には子どもがいないからよくはわからない。けれども将来自分の子供が自衛隊に入りたいなんて言っても反対しないしむしろ頑張れって言うと思う。

入隊式が終わると各班の班長一同は態度を大きく変えた。
新兵を教育するために来たのだ。彼らは鬼軍曹と化した。


『おいおめえら!!!!
 入隊式終わったんやぞ!!さっさと行動せえや!』

そんな怒鳴り声が毎日聞こえてきた。

隣の43班では就寝ラッパが鳴っても携帯の充電器を片づけていなかった隊員がいた。
彼は頭を殴打され、ベッドは蹴飛ばされて充電器の電線を切られていた。
43班の班長はその後何者かによって(おそらく一中隊の新兵)2ちゃんねるに投稿され、体罰の内容を細かく報じられていたらしい。
私もその教官が64式小銃で、ある新兵の頭を殴り血を流していた光景を覚えている。

その班では2名が辞めた。脱落だ。

               ~第6話に続く 続きはそのうちに~

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
今日は映画を見ようとしたのだが父が映画室を占領している。
おかげでひまができたので私がこれまでの短い人生で印象を受けた言葉を適当に並べてみた。
言った人は何気なく言っただけだろうけど、私の心に深く印象に残っている言葉。
そんなセリフ集その1。

『あんたの判断には白か黒しかないのか?
 いやグレーもあるだろ?!
 フライトにはグレーってもんもあるんだよ!』

私の尊敬する2等空曹のフライトエンジニアがあるパイロットに叫んだ言葉。
…人生もそうじゃないか
グレーってもんもアリで、グレーな世界もグレーな判断もあるんだよ!!
あの2曹の先輩は強烈に印象に残っている。世話になったなァ…。

『お前は確かに悪いことをした。でもな…今俺はお前のいいところに気付いたよ。
 すみませんの後に何て言った?
 有難うございましたって。ご指導ありがとうございましたって!
 なかなか言えることじゃないぞ?
 すぐに気持ち切り替えて頑張れよ!』

そんなあんたが大好きだからオレはこれからもあんたの命令に従う!
私が1等空士時代に術科学校で悪さをして叱られたとき、その上官は即座に長所を見つけて励ましてくれた。自衛隊にはこんな熱い人もいるんです。いい人だったな。

『出す前にちゃんと点検しろよ。
 不完全な状態じゃ悔いが残るだろ?』

飛行管理員として勤務していた日々。直属の上官に言われた言葉。
どんな仕事にも悔いを残すな。ああ、あの人にもう一度会いたい…。

『何のために働くんや?!
 なんでワシらは休日までこんな勉強会やってんねん?!
 金やろ?お金やろ?!
 キレイ事なんかとちゃうみんな金のために働いとんねん!!』

MKのベテランドライバーが休日の勉強会で叫んだ一言。
ストレートすぎて私の心にグッと来た。その通りやオレらは
豊かな生活したいから金稼ぐんじゃ!バイク乗り続けたいから欲しいもの買いたいから金稼ぐんじゃ!
コレはキレイ事なんかじゃない結局皆金のために働いとんねん!!
と私も後に続いて叫んだものだ(笑)。

また暇なときに書いてみよう。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
昨日、恒例のバイク仲間探偵KID君と夜走りに行った。
京都のつけ麺屋に行くことになった。

シガバイカー
「集合は17時。大津京駅でどうや?」

探偵KID
『道が混むし16時半にしようや』


いつもの遅刻で私は16時45分に大津京に到着。
だがKID君もいつもの遅刻で私をはるかに上回る30分遅れで到着(笑)
探偵KID
『アカンやっぱり間に合わへんから遅れて来てや!』

シガバイカー
「もう着いてるぞ!」


最初から17時集合でよかった?
いや16時半集合なら実際は17時になる
それは想定の範囲内(死語)。


・・・で。



101120_191149.jpg
つけ麺の『久保田』で私は人生初のつけ麺を食した。 
客はみな「ズルズルズ~!!」下品で卑猥極まる音を立てながら、うまそうにつけ麺を食していた。

なかなかうまかったが、麺はやっぱり熱いほうがいい。
そう遠くもないのでまた京都の麺屋さん巡りをしたい。


帰りは案の定KID君がまた暴走運転を始めた。
黄色の線は越えるわ、見切り発進はするわ、対向車線は走るわの2輪車定番の迷惑運転をしていた(笑)
がそれにつられて無理な運転をすると事故につながることは明白。
だから私は常に冷静で大人な運転を心掛ける。


…ふと気付いたのだが

やはり滋賀にバイカーはほとんどいない。
バイクの台数に対するバイカーの割合が非常に低い。
何が言いたいかわかるだろうか

まだ11月だというのに
早くも滋賀のバイク所有者らは冬眠に入ってしまったのだ。


冬眠という行動は、北国の積雪というやむを得ない事情で乗れない人だけに許される。
年中乗れる地域にいながらバイクを放置している者が『俺はバイカーだ』と言う。
私は彼らにこう思う「それはただのオーナーだ」と。

私の知っているバイカーたちは冬には冬なりの楽しみ方を知っている。
知っているというより彼らは自分で工夫を重ね、そういう楽しみ方を編み出したのだ。
だから彼らはバイカーであり、リアルバイカーなのだ。
冬は寒い?なら防寒すればいいじゃないか。

大変嬉しいことにこんな頑固な考えを持つ管理人に共感してくれた人から応援のメッセージを頂くことがたびたびある。
また年中を通して一緒に走れる仲間が増えたのも事実だ。
このブログはバイカーの一種の出会い系サイトといっても良かろう(笑)。


冬だからと言って乗らない人は時代遅れだと思う。
名古屋を見ろ東京を見ろ福岡を、仙台を、横浜をもっと見ろ
本当のバイカーってもんは年中バイクを動かしている。
そんな垢ぬけた人が、田舎にももっと増えてほしいと思う。

バイカーのみなさん
今年の冬もガンガン走りまくってください!

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
前のウインカーが全く反応しないが
後ろは点灯(点滅ではなく点灯)するというおかしな事態が起こった。

この原因はヒューズではないかと思ったが、探偵KID君の行きつけのバイクオヤジに問うたところ、
ヒューズが飛んでたら後ろもつかないはずだと言われた。

ならウインカーリレーか?

シート下に配線がある。
面倒だがシートを外すためにはまずサスを外さないといけない。

DSCF4687.jpgDSCF4688.jpg
まずボルトを緩めてからジャッキで上げる。

その後サスを抜き配線をいじくりまわしていたらついにブレーキランプまでが消えてしまった。
人間余計なことをするものではない。

私は泣きながら我がマシンを再度組み立て、手袋もせずノーヘル状態で近所のHAMANS chop shopへ助けを求めに行った。
このお店は本当に良心的でオイル交換も工賃が500円、タダみたいなもんである。


マシンを見せるとさすがプロ
一瞬で原因を見抜いた。


『これなら付くわけないよ』
DSCF4689.jpg
アースが取れてないからだという。
フレームにウインカーがついている。
フレームは塗装で厚くなっており電気がとれないらしい。
以前ついたのは、金属のフォークについていたからアースが取れていたのだ。

DSCF4690.jpgDSCF4691.jpg
こうやってみると一目瞭然。
どこでもいいので金属部に適当に線を引っ張りつなぐ。これで前も後ろも点滅した。


DSCF4692.jpg
電線を一本適当な場所につなぎ、

DSCF4693.jpg
たとえばこんなところでアースを取る。
ちなみにここはトリプルの金属部で、ヘッドライトのアースと共有している。

これでウインカーは簡単に治った。
料金はいらんよと言われた・・・さすがプロは違う。今後また頼りにしたいショップだ。

さてブレーキランプも簡単
前のブレーキレバーの接触不良と、電球を再度はめ直したら点いた。

こんな単純な原因だったとは…。

テーマ : カスタムバイク - ジャンル : 車・バイク

 
3日ほど前、夜勤で思わぬ地域へ行くことになった。

伊賀上野。
私はツーリングに伊賀へいったことはあるが、仕事でこんなところに来るとは思わなかった。
田舎だから外灯もなければこれという目印もない。
深夜3時。

帰りは国道422号で信楽を抜けて栗東方面へ。

【参考】この道です
Zinzooのツーレポ『今日も一人でツーリング』

その後、地元の県道(ほぼ山道)を抜けて実家近くの金勝山というところに差し掛かったあたりで、

101104_030457.jpg
野生のシカ

                  101104_030525.jpg
101104_030541.jpg
見た。

どうやら川の水を飲みに来ているらしい。
なるほどここにはうわさ通りシカが棲んでいるということがわかった。

身勝手な人間がたくさんいるからなー。
暴走運転の車に轢かれないよう気をつけろよ。
人間の言葉は通じないかもしれないけど、そんなことをこのシカたちに言ってみた。

…時々、とくに早朝
猫やイノシシ、シカが轢き殺された死体を見ることがある。

本当に悲しい気分になるし
私はなんでそのまま放って逃げるんだろうといつも思う。
当たったらわかるはずだろう。なんで逃げる。人間という動物はいつも残酷だ。

ちょっと前になるが、轢き逃げされた犬を見たことがある。
道路のど真ん中だったので私は他の車に踏みつぶされては(踏みつぶさせては)いけないと思い、
その血まみれの犬を抱き抱えて、綺麗なところに丁重に埋葬しようとした。

…動いてる。

その犬は瀕死の状態ではあったが何とか息はあった。
私は急いで動物病院を探し、やっと5軒目で開いているところを見つけた。


結局治療むなしく、その犬は翌朝亡くなってしまったけど私のやったことは間違ってないと思う。

そのまま放っておけば、その犬は苦しんだ挙句死ぬばかりか、誰にも埋葬されることなく
『動の死骸』として『処分』される。

それがどうしてもいやだった。
物じゃない。生命だ。

私は動物を轢き逃げする人間の心が理解できない。


野生のシカを見て、ふとそんなことを考えた。



さてバイクの話になるが、以前ウインカーが吹っ飛んだと言った。
DSCF4672.jpg


ネオファクトリーのウインカーは補修用レンズがないので、レンズが飛んだら本体をまた買い替えなければならない。

結局安物はソンをするわけだ。
だからイージーライダースのネットショップでレンズがしっかり止められ、補修用レンズも買える
しっかりとしたスリットタイプのウインカーを買った。
DSCF4674.jpg
一個3150円。高い。ネオファクトリーの2倍。
でも作りはさすがしっかりしている。

DSCF4675.jpg
修理前。

DSCF4676.jpg
修理後。

しかし…


ウインカーが前はつかない。
後ろは常時点灯するという異常事態が起こった。


①ウインカーは左は正常に点滅、右は前が点滅も点灯もしない、右後ろは点灯する。
②左右入れ変えたらどうかと、前ウインカーの配線を逆につないでみた。
(もしかしたらここでヒューズがおかしくなったのかもしれない)
③すると前は全くつかなくなった。
 元通りの配線に戻したが、前は全く無反応。後ろは常時点

ヒューズがあやしい。
明日はヒューズを点検してみようと思うが、一度も見たことはない。

ウインカーのスイッチを入れると
点滅ではなく、点灯
しかも後ろだけ。

何が原因だろうか…ヒューズか?


テーマ : カスタムバイク - ジャンル : 車・バイク

 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。