上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
昨日は多忙を極めた休日であった。
一日休みは疲れが残り、翌日の勤務に差支える。2連休が普通の生活がいかに楽だったかと思う。

昼に岩倉の店に着き、車検を終えた車を引き取ったがそのまますぐに大須の行きつけの店に向かった。
狙っていたGジャンが目当てだったが、ちょうどオリジナルのジーンズを作ったということで長居するハメに。
さらに最近私が興味深々である60年代アウトローバイカーのファッションについて、店のスタッフと長々としゃべっていたら時間はいつの間にか夕方5時。

間に合わない!

名古屋高速から東名阪道を伝い、新名神高速道を全て右車線でかっ飛ばす。
はやく京都へ行かなくては!




…今日は大事な約束がある。




110127_202011_20110128214154.jpg
ライブハウス京都MOJO。



私が学生の頃、バイト先で知り合った一つ年上の友人がいる。
バンドマンらしい。
彼とはいつも仕事をテキトーにサボって音楽や恋愛の話などで盛り上がった。
話も合うし楽しい。いつもバイトが終わっても1時間近くしゃべっていた。
いい友人だった。
彼の名はポセという。


ポセは音楽関係の専門学校を卒業後、20歳で上京。
the loud function(ラウドファンクション)というバンドのギターボーカルだ。

これは知り合いだから、ってわけじゃなく
はっきり言って素人から見ても、もちろん見る人が見ても格段に上手い。
いつプロデビューしてもおかしくないレベルである。
あれから何度かライブに足を運んだが、他の出演バンドとは明らかに違う。
特にDr.はあのかの有名なドラマー『そうる透』に師事する凄腕である。
そればかりでなく、ポセは黒夢のbass『人時』と直接会い、黒夢があそこまで登りつめるまでのエピソードをうかがったという。

インディーズとはいえしっかりとしたバックアップをしてくれるレーベルもある。
普通にタワーレコードでCDが出回っている。
ラウドファンクションは私がずっと応援し続けているバンドだ。
何が何でもきっとデビューしてほしい。してもらわないと、困る。

110127_202021_20110128214154.jpg
the loud function(東京)とあるが、メンバーは岡山と大阪出身である(笑)。
東京を中心に活動しているから東京のバンド?なのかな。

ついに全国ツアーをやるようになったんだなー…。
すごいよな。


私がいつも気になるのは集客数だ。
ライブハウスが隙間ないぐらいいっぱいになってほしい。

でも現実は…

関東ではまあまあ客はいたけど
京都までくれば知名度もまだまだ低く、客ははっきりいって少ない。ガラガラ。
20人ぐらい?そのうち対バンのメンバーや関係者が入っているだろうから、実際は…。



世の中には吐いて捨てるほどデビューを目指すバンドの数がある。
本当に成功するのは0.0000…%ぐらいなんだろう。

それでも私はポセがインディーズではなく正式なプロとしてデビューできる日を信じている。
腕は上手い。完璧だ。
でもそんなバンドはゴロゴロいる。
しかし下手くそでもダサくてもなぜかデビューしてるバンドもある。
なんでこいつらが?っていうバンド、確かにいないですか?

何が足りないのだろう。
運?
タイミング??
コネ???


そんな話を人時さんと話していたらしい。良く考えたらスゴイよな、あの『人時』だろ。


ドラマの主題歌にでも使えば、日本人の国民性から行けばまちがいなくヒットするだろう。
でもそんなコネなんて普通はない。
まあ俺はそんなやり方キライだけど。
テレビに出てヘラヘラして、なぜかミュージシャンのはずが俳優になったりして・・・。
ダサくないか?



CDも出してる。面倒見てくれるレーベルもある。ほかのバンドより格段に上手い。でも…



どうすればいいんだろうな…

ポセどう思う?






あっ



110127_204941_20110128214154.jpg
この人前も来てたな






お母さんだろう。

親心・・・か

この絵を見てしみじみ思った。



ポセは28になった 
でもデビューを夢見て…いや信じてずっとラウドファンクションをやり続けると思う

というよりやり続けてほしい
俺が


きっと不安もあると思うすごいあると思う
でもただひたすら自分と仲間を信じて
夢を掴もうとしている
大きな夢を

その姿がとてもカッコよくて
いつも俺は教えられる

俺もガンバろうって

しょうもないことで怒ったり悩んだりすることがバカバカしく思える


プロを目指すバンドマンがたくさんいる。
本気で目指してる奴らはきっと「ダメだったらどうしよう」なんてこれっぽちも考えてないと思う。
奴らは真剣だ
だから考えることは全員同じ 成功を確信している

だから私はそういうバンドが大好きだ。

またインディーズのライブに行こう。
彼らに元気をもらう。俺も頑張ろうって。









ていうか
コレ是非聴いてください↓

シュガー



エモ―ショナルなロック『the loud function』 オフィシャルサイトはこちら↓

the loud function
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
15日間連続出勤であった。
明日はやっと1日休日がもらえるので、久々に自衛官時代によく行った愛知の大須へ行ってみようと思う。
今車を愛知県の店に車検に出していて、それを取りに行くついでなんだが、大須には好きな店があるから寄って帰る。

何度か触れたが、私は休日が少ない仕事に就いた。月5回。年末年始、GW、盆、そんな休みなど全くなし。
でもそれをなんとか我慢できる理由がある。

ついに20代後半にして、この人は…!と思える人を見つけた。
その人と一緒に仕事がしたいから、その会社にいる。
その人にはかなわないが、でも目標にして毎日向上心を持って仕事に励んでいる。

しかし金を稼ぐってのは本当に泥臭いものだ。
楽に満足な給料がもらえる仕事なんてない。あっても就けないことがほとんどだ。
女がうらやましい。旦那の苦労の結晶である給料で遊んで暮らしていけるんだから。

早朝私が起きて出勤するとき、母は寝ている。
夜帰るときにはもう寝ている。夜中に起きて酒飲みながらテレビを観て、朝は9時以降に起きるらしい。
いいねえ女ってもんは!人の稼いだ金で贅沢できて。


世の中には仕事上の人間関係やストレスでうつになる人がいる。
言っちゃ悪いが、贅沢だねェ!
仕事をしないで生きていけるわけだ。贅沢病って言うんじゃないのか?
親もいいかげん布団引っぺがして叩き起こしたらどうだ?
あんたら親はナメられてるぞ?!
体が動くうちは働け!!!!



・・・・だいぶ脱線してしまった。
休日のほとんどない仕事でも毎日を充実させることができるのは、人に恵まれているからだ。
良い人間関係は、どんな酷い労働条件をさしおいても優先する。
仕事に本当に大事なものは人間関係だ。それが良いものであればどんな辛いことでも乗り越えて行ける。
その組織にい続けたいと思える。
嫌いな人が一人もいない、そんな職場が見つかることもあるわけだ。
見つかる…というより自分でそうしていく努力が必要なんだが。
とにかく今は休日以外も楽しい。

明日は大須で写真撮ってこよう。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
仕事が忙しく次の休みは再来週までないっぽい。

しかし最近私も要領を得て、休憩中にツーリングマップルを熟読できるまでに成長した。
休みがにないなら仕事中に自分の時間を作らなければ。
そうしているうちの仕事の依頼が入り、なかなかメリハリのある一日になる(違)。
疲れたらまたコンビニで買い食いしながらツーリングマップルを熟読する。
居眠り運転はいかんなと今度は昼寝してるうちにまた仕事が入る。
けっこう成績も伸びてきている。メリハリが大事なのだ。
いい一日じゃないか!
明日からはツーリングマップルだけでなく、小説を車内に隠して、いつでも読めるようにしておこうと思う。
人間やはり創意工夫がないとな!


…さてブログSupport Your Localはついに10万アクセスを超えました。ありがとうございます。
ごくまれに冷やかしのコメントがきますが即刻消去&拒否しております。
あまりに面白い場合は、ネタとして公表し、さらに突っ込み入れてあげます(笑)。
冷やかしをするヒマな人、またあげ足を取ろうとするおかしな人、誠にお疲れ様でした。
せいぜい自分の趣味でも見つけてください。頑張れ!

ですが一方あたたかいメッセージをくれる方も少なくなく、本当にバイカーでよかったと、いやー日記書き続けて良かったと思うことがよくあります。本当にありがとうございます。
うれしいことです。

継続は力なり、よくここまで続いたなと思います。
最近遊びに行けないのでネタが尽きてきましたが、(仕事の話は避けたいので)
今後も記事を書き続けます。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
今日は午後から
もうかれこれ約3週間ぶりにバイクで走ってきた。
セールで買いだめしたイリジウムプラグを交換し、クラッチレバーのピンを止めるスナップリングが曲がっていたので換えた。
エンジンのはセルボタン3回ほどでかかった。
走行距離不明で買ったバイクだが、エンジンは絶好調。
中古車を買うに当たって走行距離はあまり参考にならないと、私は思っている。
結局自分でまめに見ることが大事なのだ。

実は最近ハーレーにはハイオクだということを知り(当たり前や)、無理やり残存のレギュラーガソリンをガス欠するまで走り、ハイオクを満タンにしてきた。
私はブレーキは踏まない握らないが原則で運転している。車間は常に十分空け、止まるときはギアを下げてエンジンブレーキを利用して止まるようにすればブレーキパッドの持ちも良くなるからである。
しかしハイオクではよりスムーズにエンジンが回っているのか、エンジンブレーキの効きが悪くなった。
しかも価格が高い!
贅沢なバイクである。
とくにこれからは無駄な動きは止めよう。

今日はコレ
110111_215202.jpg110111_215317.jpg
STEELのN-1デッキジャケット。今年は黒も出してるみたい。
個人的にはこのタイプのジャケットは中にいろいろ着込むとダサいと思う。
(それに本来そういうものらしいです)
STEELのスタッフに意見を求めてもやはり同じことを言われた。
だからジャストサイズで買って、中はサーマルのロンTと上に半袖Tシャツの重ね着のみ。(ジャケット含め計3枚)
ちなみに今日は3度でした(笑)。
寒いですよはっきり言って。STEELはデザイン重視。
ワンサイズ大きめ買って中にスウェットなどで防寒する人もいるみたいです。

本気で走るならスカルフライトのジャケットがおススメ。
高いけど品質は期待以上。3枚着で真冬でもいける。
スカルフライトのN-1を3年ぐらい前に買ったが、確かに本気でバイカーのために作られていると感じた。
また機会あれば写真付きで紹介しよう。

しかしさすがに今日はスニーカーでは寒かった…
ユニクロ靴下は薄いので2枚重ねばきしたが、それでもVANSでは風がガンガン入ってきて指が凍傷するかと思った。
ブーツが欲しいんだが結局また来年かなぁ…。
長距離走るときや、耐久性を考えてもやはりブーツに落ち着く気がする。

というのも、今年の春は2連休で北陸まで突っ走ろうと考えているからだ。

「クッソ~運転手ってなんでこんな休み少ないねん!!!
 ゴールデンウィークも盆休みもないやんけ! 
 長くて2連休かあ~…しかも2連休は月1ときた!
 ならば
 6月か7月の2連休は和歌山や!不眠不休でいけばなんとかなるな!
 龍神スカイライン攻めたんねん!
 龍神て和歌山やったっけな?まあいいやとにかく名前がカッコいいよな龍神て!
 ハーレーで龍神スカイラインを駆け抜けろみたいな?ええやんカッコええやんか~!!
 そして8月は長野や!
 霧ケ峰再び!みたいな?
 シガバイカービーナスラインに突如現る!みたいな?!!
 長野出身餅まにあさんビックリ!みたいな?!!

 コレや

 コレや

 コレやあああああ!!!!」

※餅まにあさん…長野のバイカーさんです



はっきり言って私は







休みのことしか考えてない

だって自分人間ですから



趣味は素晴らしいバイクは素晴らしい!

最近寝る前に必ずツーリングマップルを熟読することが日課となった。
マップルの熟読そしてネットでツーレポを読み漁る。

「クッソ~なんでみんなこんなにいろんなとこ行けんねん!!
 オレも早くETCをつけなければ!
 どこにつけんねん!いったいどこに?高いよなー…
 ツールバックが要るエアクリーナーも要るブーツも要る
 要るものだらけやんけェ!!
 VISEのベストも欲しい!
 あれは渋い60年代アウトローバイカーが現代にタイムスリップしたかのような印象を受ける!
 ある意味タイムマシンやな!
 現代にこのスタイル?!あえてこのスタイルあえて?!!!みたいな感じで行ったろ!
 あれに666のピンとか卍マークのアクセサリつけたんねん!渋いぞォ~?!!
 あれはカッコよすぎる!アウトローバイカーバンザイ!
 もうオレはそこいらのチャラいバイク乗りとは決別すんねん!
 アツいな今日は!
 だが金はない!!そのアツい気持ちとは裏腹に金はない!!(笑)や!
 VISEのベスト売り切れたらどうしよ~
 ああ誰も買うなよ頼むぞ誰にも売れるなよ~後で仏壇に南無したてまつっとこ。
 苦しいときの神頼みってか?」


朝早いし寝るか。



ETC、ブーツ、ツールバック、VISEのベスト
そのいずれかが今日の夢に出てくると思う。

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 
西暦2150年
一時は100万人大都市へと成長を遂げたシガ大工業都市も、市長の圧政により閑静な小都市に姿を変えた。

残った人口は2万人。
それ以外の98万人の内訳は…
・(不)自然災害で死亡
・他都市へ亡命
・ショックによる自殺
・宇宙人の誘拐
・思想犯には市長の兵糧攻めによる餓死
・宇宙人との戦争で戦死(宇宙戦争)

という悲惨きわまるものであった。

その原因は全て市長の濫用した必殺技『災害ボタン』にあった。
しかし市長はさらにその原因を「ワガママで反抗的な市民」にあると主張する。
「誰も災害ボタンなど押したくないわ」
…市長は関西人らしい。とてつもなくヤニこい、と形容詞を付け加えておく。

当時
「市長を怒らしたらコレやぞ」と言うのが口癖で、市民は「コレ」すなわち災害ボタンにおそれおののいていた。
どうやら市長は、自分の銅像を破壊され笑い者にされたことが癪にさわったらしく、これが全ての始まりであった。
一時期はあのかの有名な独裁者サダム・フセインをパクリ、サダム・シガという異名をつける不届き者まで現れたという。

だが市長はこれほどまでの専制政治に耐え抜いた生き残り2万人を表彰したい。
とはいえ実はその2万人の中には、少なからず市長の圧政にいまだ反抗的な者も居た。
サダム・シガからの独立を目論む一派。
こいつらが厄介だった。


・・・おっと失礼
ちょっと私的な感情が入ってしまったようだ



では、主語を『私』に戻そう。
これは私は昨晩見た夢をもとに書いた妄想小説である。


私は新生シガ大工業都市をつくるにあたって2万人を前に挨拶の言葉を述べた。
「人が少なくてもいい町が小さくてもいい金が貧しくてもいい」

「いい!!!」


「平和な世界を作ろうや!!!」

「別に小さくてもいいやんか!みんな笑って暮らせる楽しい町にしていこうや!!
 ぼくも災害ボタンなんて好きで押してんのとちゃうで?
 人は悪い方には簡単に染まってしまうやろ?だから反抗的な人らを早めに撲滅しとかな後が怖いねん。
 みんなよく耐えてくれた!これからは仲間や同胞や!
 これから市長についてきてくれるよな?!」



『はい!!!!』
市民は規律正しく敬礼をして、市長のあいさつに応えた。
どうやらシガ大工業都市はいつのまにか軍事国家へと変貌を遂げたらしい。

邪魔者は消し去った。
宇宙人という強力な味方もついた。
我が都市はもう安泰だ。

私は被災地(自分が壊したんだが)復興のため多額の資金を要したので税金の取り立てに奔走した。


税率をこっそりと徐々に上げていこう。
かつて税率一律1%という異常な事態に陥った我が都市も、今では標準的な7%。
それでもわかる市民にはわかるのだ。




分かる奴だけついてこい
である。


転んではただでは起きない市長だが、
何度失敗しても懲りない市長。

私はついに税率10%台に突入することを宣言した。
人口が減れば、少ない税収ではやっていけないのである。

当然市民は不満を言ってきたがそこは専制君主
定番の
「市長を怒らしたらコレやぞ」である。



災害ボタンの効果は絶大で、2万人の人民は表立った反抗をしなかった。
前回のような暴動もなく、私は
「贅沢は敵だ」をスローガンに掲げ、それこそ自衛隊式で週に一度は市民の前で朝礼を実施した。
その朝礼においては市長得意の話術を用い、『税金を納めることがどれだけ素晴らしいことなのか』、『税金を多く収める者ほど偉いのだ』などと説きまくってやった。

その後も人口は目立つ増加はないものの減少することはなかったので、
私は、自分は正しかったのだという確信を得た。





と・こ・ろ・が(出たぁ~)



ある日市長は昼休みインターネット・サーフィンに興じていたところ
変なサイトを発見することとなる。




【サダムの実態】と名付けられたそのサイト。

なんとそこには市長の悪口がびっしりと書き込まれているではないか。
中には「最近メンバーともめてF.T.W.辞めたらしいぞ」
などというちょっとブラックな話題まで書き込まれてあった。
悪質だ…。

きっと銅像を破壊した一派の生き残りがやったのだろう


その後【サダムの実態】なるサイトは2ちゃんねるに投稿され、
最後の書き込みにはなんと
『皆で団結しよう 市民一丸となって市長の悪政を暴け』などと書いてある。

言っただろう!!!
「人は悪い方には簡単に染まってしまうとな!!!」

一派の行動は都市全体に悪影響を与え、善良な市民までもがその危険な思想に染まって行った。
2万人の民は、もうすでに味方でなくなった。
ところが市民は2ちゃんねるだけでは飽き足らず、3ちゃんねる4ちゃんねると続編までも連載されるほどに発展して行った。

「何が発展やどこが発展や!!!!」
私は烈火のごとく怒った。


「何がサダムやねん!!!」
私は翌朝の朝礼で市民らを怒鳴りつけた。

だがもはや市民は興奮状態にあった
『市長を失脚させろ』
市民は市長めがけて石を投げてきた。
暴力的な奴らだ。

危険を察知した私は、市長の銅像を死守せねばと銅像付近に警察署を建てまくってやった。


暴徒化した市民らが我こそはと次々に銅像によじ登ってくる。
私はそこですかさず警官隊を派遣し、彼らを排除していった。



「クソ!!やってもやってもキリがない!」
銅像の数が多すぎて市長もさすがに対応に苦しんだ。



・・・・・





このシムシティというゲーム…
どうやら終わりがないようだ


もう市長やめたろか

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
ゲーム等全然やらない私がついにハマってしまった。

大雪のため外出できなかった日にネットで購入した『シムシティ』である。
知らない人のために簡単な説明をすると、これはプレイヤーが市長となり都市をつくっていくというシミュレーションゲームである。


「物凄く巨大な工業都市を作りたい」私は1900年、工業を中心とした大都市の設立に着手した。
『シガ大工業都市』。

「やっぱり男は金をケチったらアカン。気前のいい市長になって市民らの心をつかんだる」
初めは資金が少ない中級でやり始めたが、どれもこれも税金を後先考えず使いまくったので
都市はことごとく荒廃していった。

やはり資金は潤沢にある方がいいと、私は情けなくも金のたくさん準備されている初級に切り替え、本気で工業都市をつくって行った。

水道管も道路も鉄道もむやみやたらにひきまくり、工業用地はもとより住宅地も商業地もアホほどつくりまくってやった。
人口はあっという間に増加し、税収もかなりの額となり私は思わず笑みをこぼさずにはいられなかった。
「我が都市を見よ!」
私は道路をこれでもかと言うほどに近隣都市に接続し、我が都市の栄華を自慢しまくってやった。

「シガ大工業都市の発展をもうだれも止めることはできない」
私はコンピューターの画面に向かって独りこうつぶやいた。
「たれぴとも我々の成長を止めることはできないのだ」
私はさらに市長の銅像これ見よがしに各地に設立させた。
「市長を崇めたてまつれ!」


だが現実は厳しく、その栄華も永遠に続くことはなかった。

何不自由しない都市の環境に慣れきった市民が、税金の減額を求めてきたのだ。
市民あっての都市だ、私は市民の心をつかむことに必死であった。
税金を下げた。

市民は喜び私も当時は資金が腐るほどあったので、一緒になって笑った。
「市民たちよ、一緒に住みよい街にしていこうや!」



ところが2100年を過ぎたころからだ。様子がおかしくなったのは。

今度は市民のみならず市長の部下までもがさらなる税の減額を要求してきた。
しかも部下は休暇をくださいなんて言ってくる始末。
「この前下げたばっかりやんか、ちょっと調子に乗りすぎやろ。市長も苦しいねんで」
私はその要求を突っぱねた。
すると市民たちは暴動を起こし、なんと市長の銅像すなわち私の銅像を破壊し始めたではないか。

「私はサダム・フセインか!」
市長の脳裏には、数年前のサダム・フセイン銅像破壊事件の絵が浮かんできた。
暴徒化した市民の中には、なんと市長の銅像頭部にまたがりTシャツを脱いでグルグル振り回す不届き者まで現れた。
失礼極まりない奴らだ。
「市民なんて・・・市民なんて!!」私は半泣きで税金を下げた。
ついに住民税、商業税、工業税すべてが一律1パーセントという異常な状態になった。
人間とはゲンキンなものだ。それはゲームの世界においても同様、税率を下げた途端急に市民の満足度が上がった。


もうここまでくれば市民らは我が意を得たりとばかりに、今度はあれをつくれこれを建てろとワガママ放題である。







だがな



転んでもただでは起きないのが私の性格だ。
「ここはひとつ、市長の威厳を示してやらねばならんな」
人生そんな甘いもんじゃないぞ。
私は圧政をひくことを決意した。
通常は穏やかな市長も、このときはさすがに堪忍袋の緒が切れた。

「市民をビビらせたんねん」
ついに禁断の必殺技発動である。


私は災害ボタンをクリックした。
これは市長の意のままに自然災害(不自然だろ)を起こすことが出来るという、非常に恐ろしいボタンなのである。




ゴゴゴゴゴゴ……



地震が起きた。
というか起こした。

続いて大火事が各地で起こり(起こし)市民たちの顔にはもはや先ほどまでの余裕は見られない。

「市長を怒らしたらコレやぞ」

私はキレる少年(またか)と化した。

「だいいち税金1%で住める都市があるか?!エ?!
 お前らのわがままきいてカジノ建てまくったん誰や?!エ?!!
 麻薬合法化したん誰や?!エ?!!!
 市長は今月住民税が払えなくて困ってるというのにお前たちは何や?!!
 ワシがこれだけ頭を悩まして贅沢な環境にしてやったのにお前らはワシの銅像ぶっ潰したんやぞ?!!!」

私はコンピューターの画面に向かって怒鳴り散らしてやった。

そして苦痛にゆがむ市民の顔を見ているうちに、私の潜在的なサディスティック・ディザイアが徐々に現れてきた。X-JAPANではない(謎)。

「サディスティック・デザイヤ!!!!!」
火事、地震、ハリケーン、大津波…
阿鼻叫喚をあげながら逃げ惑う人々。
いまやシガ大工業都市には全域に火の手が上がり、何を血迷ったかパニックに陥った市民が空襲警報を作動させるという事態にまで発展した。
「もうたれぴとも私の暴走を止めることはできない」




…とそこに現れたのはなんと宇宙人。
宇宙人たちは実にナイスなタイミングで我が工業都市に襲来してくれた。
市長と宇宙人との心が通じ合った瞬間であった(笑)。
そこで今度は私が「我が意を得たり」とばかりに再度呪文を唱える。
「サディスティック・デザイヤ!!!!!」
宇宙人突然の襲来に、慌てふためいた市民たちは続々と近隣都市へ移住して行った。
それは驚くのも無理はない地震火事ハリケーン大津波ときたら今度は宇宙人?!
私はある意味宇宙人に感謝をし、礼を述べた。

それもこれも全てお前たちが悪いのだ。
ワガママ放題言って市長を怒らせたお前たちがな。

私は引く続き災害ボタンをバカの一つ覚えのように押しまくってやった。
市長のサディスティック・ディザイアはもはやとどまるところを知らない。
「オラ!オラ!!オラオラぁ!!」
私は不敵な笑みを浮かべながら苦しむ市民を見下ろしていた。
顔は笑っているが目はマジである。


これでいいのだ


2100年栄華を極めた我が大工業都市。
しかし今となってはシガ市長の専制政治と大災害及び宇宙人の襲来により、昔の閑静な町に戻った。
贅沢ばかりが幸せじゃないのだよ。



ゲームとは恐ろしいものである。
通常穏やかな市長…いや管理人がここまで豹変してしまうのだから。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
               110103_191429.jpg
110103_191453.jpg

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 
DSCF4711.jpg
DSCF4712.jpg
                         DSCF4709.jpg
       DSCF4710.jpg
DSCF4714.jpg

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 
DSCF4717.jpg
                         DSCF4719.jpg
DSCF4718.jpg

テーマ : バイク用品 - ジャンル : 車・バイク

 
なぜ一日からこんな記事を書けるのかというと、ヒマだからである。
大晦日も今日も、私の近所では雪が降り積もり、外出しようにもできない状況になっている。
なんでも鳥取では車600台が立ち往生なんて言っているが、それに比べたらましか。

しかし本当に外に出ようにも出られないので何にもできない。
手持ちの本は読み飽きたし、地図を開いてもどこか行けるわけでもない。映画を観たかったがもちろん出られない。
ついに昨日暇すぎてシムシティ3000のパソコンゲームをネットで購入した。ゲーム等やらない私が、である。
お急ぎ便で今日届くはずだが、雪の影響かまだ届かない。

うーむ…
バイクでも磨くか。

ホースの水が凍っていてでないので、ネバーダルを用いてホイールの錆を取ってやろうと考えた。
ホイールは面倒なのでいつも後回しにしていた。
ネバーダル
磨くこと30分。体はポカポカ温まり、いざ本気とばかりにワッショイの掛け声で独りホイール磨きに夢中であった。
しかし磨けど磨けど頑固な錆が落ちない。

それならと、インターネットを用いて他者の意見を見る。
『ピカール』が有効との情報を多数得たが、買いにいこうにも出られない。
私は我が家を探索し、怪しい仏間及び仏壇廻りを入念に物色した。

…あった。


ぴカール仏壇クリーナー
以前母が使用していたのを盗み見たことがあるこれは、ピカール仏壇クリーナー。
これもピカールには違いないと、周りに誰も居ないことを確認すると、私はこれを部屋から盗み出した。
「我がマシンにかけてやれ!」

私は無邪気であった
ちゃっかりこれを我がマシンに吹きかけてやった
ピカール仏壇クリーナーで果たして本当にピカールのかどうか
「実験!自分が実験!!!」
乾いた布でホイールを磨きまくってやった。





が、結果無意味であったことがわかった
私は何事もなかったかのような顔で仏間に入るとこっそりピカールを返納し、
「退室!」との号令で速やかに仏壇の御前を去った。


まだシムシティは届かない。
テレビもたいして面白くもない番組がダラダラやってるだけ…。

以前から花咲かGなる商品が気になっているのだが、これは高いだけあって本当に効くのだろうか。
はなさかG

ネバーダルやピカールでは取れない錆が、花咲かGでは取れるとでも言うのか?



・・・まだシムシティは届かない。

テーマ : バイク用品 - ジャンル : 車・バイク

 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。