上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
…ふと何かにとりつかれたように何冊かのノートを取りだした。

そこには私の22歳から25歳までの仕事のメモや思い付いたこと、上司に注意されたこと改善すべき点
などがずらずらと書かれてある。
小牧基地で自衛隊員として働いた3年余りの日々を思い出していた…。

休みが多くて定時に終わるし楽で良かった
それは今だからそう思えるだけであって
当時の私は相当に悩み抜いた日々だった。


上司とうまくいかない仕事がいやになる明日も嫌味を言われるストレスがたまる帰ったら自分の部屋はないしゲームセンターみたいなやかましい部屋で耳をふさいで眠る朝は早い眠い…

『上司にキレるときは辞める時』
そう言ったのは今の会社の上司で私が頼りにしている人だ。
確かにな…

あるお客が隣の連れの男に言っていた

『短気は損気やで。辞めるのは簡単』

どう
言っていいのか分からないがなぜか昔のことを思い出した。

私が苦手としていた上司は本当は私の長所を見抜いていたが
当時の私は精神的に若かった
毎日嫌味を言われることが苦痛で仕方なかった

その上司となんとか上手く仕事をやっていけるようになったのは辞める1年ぐらい前だ。
『なんで最近ミスしてもガミガミ言わなくなったと思う?』

お前は一生懸命やるからだよ

そんな言葉を聞いたこともあったな…。



車を当て逃げされた(2回目(笑))ので修理のため愛知の店に行った。

『俺はビン・ラディンや絶対仕返してやる』
当て逃げされたとき、私はビン・ラディンになって分かるはずもない当て逃げ犯への報復を誓ったが
一晩すると面倒になり結局修理に出した。

帰りに自衛隊時代お世話になった人に会いに行ったが、留守だった。

せっかくだから私はよく行った大須の味仙で
下品に鼻汁を垂らしながら
下品きわまる表情で
下品な音を立てながら
台湾ラーメンを食した。

ズルズル ズルズル ズルズルズー
1年ぶりに食する台湾ラーメンはとても辛く感動のあまり目頭が熱くなっていた…。

そして最後は焼きビーフンで胃袋に渇を入れてやった。

DSCF4907.jpg
バイカーファッションにハマるきっかけとなった店『CHAMPS』で
ディッキーズのローライズを買って帰った。
何度見ても渋い逸品である。
この店には何度来たことだろう。

私は名古屋が好きなのかもしれない。
それは私にとって濃い3年を過ごした地(厳密には小牧市です(笑))
でもあり
また洒落たバイカーをたくさん目にする場所でもあること
なぜか私はまたここに来たくなる。

バイカーの都市、名古屋。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
このblogを通じて知り合ったバイク仲間、ご隠居がツーリングに誘ってくれた。
『知人が別荘をもっているので泊まらないか』。
実はこのblogに良く見に来てくれる「モミさん」という人がいて
モミさんは同じ愛知県のご隠居と以前会ったらしい。

今回その友人の方含め4人でモミさんの別荘に泊まることになった。
まさか『Support Your Local』でこんなにいろんな出会いがあるとは。
まさに
人生そのものが出会い系である(謎)。

10月の15日,16日と土日に下呂ツーリングを計画した。
私は平日休みがほとんどなので平日の休みを出勤にして土日に代休を取るという形で調整した。
今月は特に休日が少なく振り替えること自体困難だったので一時あきらめかけた。
「休みが取れない…」。
しかし仕事中にずっと考えていた。
「一体何が楽しみで生きてるのか。
 毎日毎日仕事仕事シ・ゴ・ト!!!!
 働くために生きるなんてバカバカしい」

意地でも休んでやる。

私は夜勤の10連勤でもって無理矢理土日に休みを持ちこんだ。
「やればできる」。

だが前回の美山ツーリングでもそうであったように
今回もまた雨に降られるという不運にあった。

雨なら車で集合するという話だったが
私は休みの日にまで、しかも夜勤明けの日に自動車を運転する気力がなかった。
職業運転手であるが大の車嫌いなのだ。
腰が猛烈に痛い…!
腕が痛い頭が痛い渋滞を見ると吐き気を催す…!!
とくに土日は無謀な運転で周囲の迷惑を顧みない意味不明な奴らが多すぎて私のイライラと疲れは最高潮に達する(おいおい…)。

したがって私は車を運転したくないので
雨なら行かないという旨を伝えた。

しかしその消極的な気持ちはすぐに消えた。
「無理にとは言えないけど・・・
 雨でも行こうよ」


その「雨でも行こうよ」というモミさんの一言に
なぜか温かみが感じられ、行こう、というか行きたいという気分になった。
人間とは、その声に人柄が表れるものである。

下呂温泉への到着は予想をはるかに上回り5時間余りを所要した。
20時ごろ着いたがその時にはすでにご隠居は出来あがってしまっていた(笑)。
足湯につかりビールを飲んでいた。
楽しそうだ。

我らは別荘にて宴会をしたのち
対象年齢6才以上の娯楽『ジェンガ』に興じて24時就寝となった。
モミさんの別荘はなんと下呂の温泉が湧き出て
なんか腰の痛みもだいぶ和らいだ気がします(笑)!


DSCF4898.jpg
別荘から。

DSCF4900.jpg
日曜は昨日の雨がウソのように晴れていた。
本当天気に恵まれないな(笑)

読者の方々には申し訳ないことに、写真がほとんどないが
下呂温泉街は他のいろんな温泉街と比べてみても規模はかなり大きく、これは一泊旅行にかなりおススメできる。
次はさらなる大所帯で(別荘に入りきれないから団体部屋でも取ろうか)新年会でもしたいものである。
温泉廻って酒飲んで、千鳥足で街うろついて足湯入ってまた酒飲んでご隠居はコテコテバイカーファッションで行きずりの女ナンパして(笑)

バイク関係なしにこういう旅行もいいかもしれない。
とにかくすごくいい思い出になった。

モミさんと友人のノブさん、そして誘ってくれたご隠居に心から感謝したい。
楽しかった!!

DSCF4902.jpg
モミさんからスケボーとオリジナル自主制作Tシャツを頂きました。
本当にうれしい。
『我が宝』です。
でも本当に宝なのはこういう人達と出会えたこと。
モミさんもノブさんも初めて会った人なのに、すごく気さくで温かい人だった。私もこんな人になりたいものだ。
これからも人との出会いを大事にしていきたい。
体も、だが心がすごくリフレッシュできた2日間だった。

☆補足 ご隠居のblogから引用
このTシャツには
『雨が降らないと虹は掛からない』と言うのが英語で書かれています。
今日ちょうど雨でバイクで会う事は出来なかったが、今日にぴったしな言葉です。俺らの間には虹がかかりました。(ご隠居談)


…なんて粋な言葉や!!!(管理人談)



                      ~おわり~

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。