上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
「教育隊は楽だったなあ」
そんな声があがることも少なくない。
部隊勤務に就き、上官からの嫌味や人間関係に悩む隊員。

私も部隊で勤務する日々で当然ながら人間関係に悩み、慣れない中日々の仕事に疲れたとき
そう思った。
「教育隊は楽だった」と。

周りは皆同期だからである。
教育隊を卒業し、部隊に配属される。
それはすなわち上官だらけの(上官しかいない)不慣れな職場にとばされるという意味である。
何度も辞めたいと思った。
でも辞めなかったのは、そのとき教育隊での辛かった日々や他部隊で頑張る同期を思い出していたからだと思う。
それに、ひたむきに頑張っていればそのうち必ずそれを認め励ます上司が現れるから。
別にきれいごとを言ってるわけじゃない、事実だ。

教育隊で同じ班だった仲間と、今でも時々連絡をとることがある。
たった4カ月足らずの期間だったが、その内容はここに書いても表現できないくらい、濃かった。
だからあの仲間を忘れたことはないし、忘れないし、忘れないだろう。


教育隊では朝は6時のラッパで起こされる。
その後上半身裸と短パン姿で駆け足(一般社会で言うランニング)をする。
しかも自衛隊体操とかいう変な体操を毎朝やらされた。

『おいお前ら!!!』
突然何を思ったのか、ある班長が駆け足のまま朝礼台に登り、拳を高らかにあげながら叫んだ。

『何を隠そう俺はなあ!!!』

『全国自衛隊体操選手権で2位を勝ち取った男だ!!!!全国2位だぞ!!』

それを聞いた新兵らはみな一様に「おお~!!」とざわめいた。
何の自慢にもならん話である。

何が「何を隠そう」だ(笑)
教育隊には理解に苦しむ人間が本当に多かった(笑)。

自衛隊体操全国2位の班長は
その勢いのまま裸になると、素晴らしい自衛隊体操を展示した。
頭ははげているものの、体操そのものはさすがにうまかった。
自衛隊では手本を見せることを「展示する」という。
この自衛隊体操はラジオ体操のような生ぬるいものではなく、全身をフルに動かす運動であるために
かなり堪えた。
朝っぱらからこの運動は、なかなかハードである。

『ご苦労さん!!すぐに食事に行ったのち、各班長の指示を仰げ』駆け足と自衛隊体操が終わると
班ごとに隊列を組み食堂へ向かう。
「イッチ、イッチ、イッチニー!!」
歩調を合わせ声を出しながら歩く。
どこに行くにも独りで行動してはならない。
風呂も食事も常に団体行動。
単独行動主義の私には、これが慣れるまでつらかった。

                  ~第11話を待たれよ~
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
『Support Your Local』を通じて知り合ったモミさん&ノブさんからオリジナルステッカーを頂戴した。
DSCF4908.jpg
MCテイスト溢れる渋いデザイン。
貼るにはもったいなくていまだ部屋に飾ってある。どこに貼ろうか…。
ところでNO28って何の数字?
そういえば最近私は28歳になったな。関係ないと思うが。

モミさん、ノブさん本当にありがとうございます。

さて昨日は奈良健康ランドに行ってきた。
なんと15年ぶりとなる。
11種類の湯があり、温泉好きの私にとっては非常に満足のいく場所であった。
前半戦は体慣らしで30分湯につかり、その後2階のレストルームで仮眠を取った後
卓球で体を動かした。

レストルームや廊下の片隅には
年金暮らしの暇を持て余した老人や、
風呂に入り過ぎて死にかけた顔をしたオッサン(言い過ぎや)等が
横たわっており、それが非常に滑稽に見えた。

後半戦は遠方(と言っても滋賀の栗東から2時間くらい)からせっかく来たので
とことん入りこんでやろうと
徹底して湯に1時間浸かった。
一気に1時間、42度の湯につかるとさすがに体はふらつき
上がった後はもう全裸のまま退場し、ベンチに倒れこんだ。

どうやらのぼせてしまったらしい。
頭が痛い
熱がある
めまいがする
歩けない・・・

先ほど
他人を笑っていた自分を深く反省した。
「やり過ぎた・・・・!」

だがこの奈良健康ランド、24時間営業しており今度奈良和歌山方面へツーリングへ行く時は中継地点の休憩スポットとして大いに活用できる。
ホテルも併設してあり安い。
ベッドつきのレストルームもあるので極端な話金がなくても泊まれるわけだ。

温泉に入るともう外に出たくなくなってくる。
今度は泊まりで行こうかな(笑)

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
自衛隊の営内は1部屋に6人分のベッドとロッカーが設けられ、仕切りはない。
病室に仕切りがない所を想像してみるといいだろう。

元海自の井元2士の話によると
教育隊を卒業し、部隊勤務が始まると仕切りのついた部屋に入れるということだったが
実際は教育隊も部隊もあまり変わらなかった。

少し私物が置けるということぐらいか。
部隊勤務になると、仕切り(パーテーションという)のついた部屋になるということだったが
それはもう過去の話である。
昔は営内居住の自衛官で自殺者が多く、『なんで同じ部屋の隊員が自殺するまで気付かなかったんだ』と幹部たちがパーテーションを取り払ったらしい。(自衛官の自殺率は、日本の平均をこえるらしい)

基地内で生活する限り、プライバシーのない日常は続くということである。
これは神経質な私にとってはいやだったが
反面隊員とのコミュニケーションを取るには有利な面もある。

が、はっきり言ってやり過ぎだろう。
パーテーションを外すとか、営内の規則を決める幹部はだいたいわかっちゃいない。
そこで生活する本人でないとわからないのに、一方的に規則を作り上げる幹部自衛官。
民間企業でも同じだが。
(いま民間企業にいるが同じようなことが、やはり少なくない)

22時の就寝ラッパ鳴ったらテレビ消せや!!
あんたは良くても俺は朝早いねん!!!
規則守れや!!!

若かった私は一度激怒したことがあった。
集団生活は本当にめんどくさいものである。我慢の連続。
でも私の生活習慣が他の同部屋の隊員に迷惑をかけたこともおそらく何度もあると思う。
みんな我慢。

さて教育隊に話を戻そう。
教育隊では22時の就寝ラッパが鳴る前に就寝点呼なるものがある。
もうだいぶ忘れたが
「第49班 総員11名事故なし現在員11名 健康状態以上なし!!!」
などとでかい声で、見周りの班長(すなわち教官の空曹)に報告し
正式に就寝となる。
正式に就寝ってなんやねん(笑)

その後は男子お決まりのお下劣な話、今まで何やってたとか以前は何だったとか俺は凄かっただとかそういう低レベルなくだらない話などでやかましく、22時に寝れる人はあまりいなかったんじゃないだろうか。
はよ寝ろや。

何が「俺は凄かった」んだ(笑)
ある意味でお前は凄いなと、当時私は彼らを冷ややかな目で見ていた。
ただ、隣の班で凄く面白い奴がいて、
いつもある班長のモノマネをする声が聞こえてきて
毎日笑っていた。
しかしその隣の班の班長は体罰で有名な男で、
隊員が携帯電話を充電していたら、彼のベッドを蹴飛ばし充電器のコードを引きちぎるという事件が起こった。

そこまでやらんでもええやろ(笑)

                   ~第10話を待たれよ~
 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。