上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
確かにそうだ。

我がハーレー・ダビッドソンに不調が次々と現れてきた。
セルを押すと『スコン スコン』と空振りのような音がし、(またこれがなんとも間抜けな音なのだ)
クラッチレバーを握り、ローギアに入れると時々かかる。

近所のHAMANSに相談すると、『そのうちかからへんようになるで』
と脅されたのでとりあえずそのまま入院となった。

しばらくそのまま放置し、様子を見ていたら今度はバッテリーまでもが怪しくなり、結局バッテリーを取り換えた。あの『スコン』についてはいまだ謎である。

すると今度はエンジンが片肺になった(笑)。
始動すると、『ズダン!!ズダン!!!』と単気筒の音がし、これはこれでいい音だなと変に感心してしまった。

いままで何ともなかったがついにいろんな異常が出てきた。
いつのまにか車検の時期まで延びてしまい、そのまま車検も受けることにした。
その際、正式にフロントフォークのロワーリングキットを組み、フォークの無理な突き出しを直したい。
またウインカーが通らないのでをダイヤモンドウインカーに替えようと思う。

なんで突然片肺になったんだろうか・・・。
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング - ジャンル : 車・バイク

 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。