上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
私はかねてから渋滞が大嫌いであると重ね重ね申し上げてきた。

この盆の時期は特に運転に不慣れな者や、他府県ナンバーの者、技術もマナーもないアホどもがやたらはびこり、我々自動車の運転を職業とする者には大変迷惑な時期である。

50Km道路で80kmも90Kmも出す精神異常者
赤点滅信号をノンストップで通過して行くアウトローな人々、
一方通行の逆走に、わけわからんタイミングで割り込んでくるオッサンや
携帯電話片手に運転する下品な顔した女ども…。
本当に滋賀県みたいなド田舎にはこんな連中が多い。
冗談は顔だけで十分である。

自分は上手いと思って運転する奴が一番未熟で怖いのだ。

標識が読めん奴は車に乗るなと言いたい。

日本人は本当に車が好きだ。
盆になると皆一斉に車に乗って飛び出そうとするから実に迷惑する。
あのオゲレツとも言うべき大渋滞の中に、あなたは車で飛び込むのですか。
「どこそこのICまで30km渋滞」それを知ってて、それでもあなたは車に乗ろうとするのですか。
サービスエリアに入れず、高速道にまで長蛇の車列。
「だから盆は混むって言ってんだろ」
私には理解に苦しむのだ。


「停まるならハザードランプちゃんと点けろ!」
「ああっ!!左折すんな!!」
「そこの王将入んな!」
「マクド入んな!!渋滞の元や!!!!」
「うわーぁ!!!イオンモールがヤバいことになってる」
「うげえ~!!!他府県ナンバーが逆走してきたァ!!はよ家帰れや!!!!」
「暇なら家帰って寝とけ!!!」

私は独り車内で怒鳴りまくっていた これもある意味、精神異常である(笑)。




みんないちいち車で外出すんなやと言いたい。

昨日のイオンモールは激しかった。
ショッピングセンター駐車場の全方向全出入り口からおびただしい数の車がウヨウヨと湧いて出てくるわ、挙句の果てには東北ナンバーのキャンピングカーがわけわからん地下道から飛び出してくるわ、割り込んだ割り込まれたとかでヤニこい顔したオッサンがクラクションで勝負しているし、もう滋賀県民丸出しで恥ずかしいからやめとけよと、心の底から思った。

そして対向車線を見ると、全く身動きも取れず止まったまま(いやまったまま)の車の大渋滞。
私はそれを駐車場かと思ったほどである。

「こっ…こっ…」


「これは参勤交代や」

私はそのオゲレツ大渋滞を見たとき、小学校の社会の教科書に載っていた、江戸時代の大名が大行列をなして行軍する
あのかの有名な(だまれや)参勤交代の絵を思い出した。
皆覚えているだろうか(だまれ)
小学校の社会の教科書の右上あるいは左上、また資料集等に載っていた
あの江戸時代の大名の参勤交代。
それを現代に持ってこられても困るのだ。

まさに未曾有の交通大渋滞を私は目の当たりにし、地獄の1週間を乗り越えた。


…世間一般の『盆休み』とやらは、私には1日たりともなかった。
公休日がたったの1度あったはずだが、これは営業所長の不手際によりまたしても潰されてしまった。
その営業所長はというと、仕事を残したまま自分だけは夏休みを取る始末
「お前だけは盆休みがあるのか」皆思ってるだろうな。
足の指先から髪の毛まで馬鹿な奴である。

おかげでツーリングに行けずこの夏も終わった。

ああああああ!!!!!
スポンサーサイト
 
なぜ久しぶりに自衛隊戦記を綴る気になったのかというと、ふと写真を見ていると昔の思い出がよみがえってきたからだ。

私を最後まで気にかけてくれた大久保3佐。
昭和58年生まれの同級生の隊員で組んだ58会(通称ゴッパチ)のみんな。
何もできない新兵から、なんとか隊員の手助けをできるまで私を育ててくれた搭乗員の先輩方。
術科学校で最高の人間教育をしてくれた矢沢3曹。
そして私が最も影響を受けた上司 鬼島1曹…。

いつか挨拶に行かなくてはとずっと思っているのだが、会社の奴隷となっている今はまだ実現できそうにない。

はやく全部書きたいけど100話ぐらいかかります(笑)
長すぎる。


前回の話を覚えているだろうか。
毎朝ラッパで起こされ裸のまま外に飛び出し、駆け足。
突然自称『自衛隊体操全国2位』の男が登場し、ざわめく新兵らに自衛隊体操を強要。
我ら新兵はそれ以降駆け足の他に自衛隊体操という新メニューをこなさなければならなくなった。

きつい!
眠い!!
しかもワキガの隊員多すぎ!!!
ある隊員の言葉が印象に残っている。
『なんで教育隊って臭いヤツ多いんだよ!!』

お前もな

我が小隊(班)には内村2士という同期隊員がいた。
こいつは元海上自衛隊員で、他の新兵が何も知らないのをいいことに
「海自ではこうだった」
「海自はもっときつかった 今は楽だ」
「これぐらい耐えられん奴はどこへいってもダメだ」
などとエラそうなことを次々に言ってのけた。

のちに私の所属する航空●●団に、幹部にこう言った曹長がいる。
「偉くもないくせに偉そうにすんな!!!!」
私は彼が大好きだ(笑)。
その言葉を内村2士にも返そう「偉くもないのに偉そうにすんな」。

内村はいろんなことを皆に教えたがった。
「はい」の返事の時は気をつけするんだぞ
といって、皆それを教官に教わってない初期の段階でも、自分だけ気をつけをして浮いていた。
風呂や飯が異常に早く、皆それについていくのに精いっぱいだった。
私もしんどかった飯を食うのが遅いから。
「早くしろ!風呂は3分で入れ!飯は8分!!あとはその分自由時間が増えるんだから」
いやーあれはイヤだったな。
食事は苦行でしかなかった。
飯ぐらいゆっくり食わせろよ。

一番おもしろかったのは内村は金遣いが異常に荒かった
防府南基地のBX(基地内売店)で史上最も売り上げに貢献した男と目される。
外出は絶対しなかった内村はBXで相当な額の買い物をしていた。
マンガにお菓子、しょうもない自衛隊グッズに日用品…。
とにかく凄いの一言に尽きる。
毎月給料日前には預金残高が底をついていた。
当時我らの俸給は月給14万円程度。手取り11万円ぐらいか。(少ないでしょう)
それがなくなるぐらいBXで使うってどんな奴なんだ!

さらに面白かった事件がある。
内村は毎度毎度訓練が終わると
『みんな今日は頑張った!!!』
といって皆に誰かれ構わず(他の班のヤツとか初対面のヤツにも
100円玉を配布していったのだ!!!!
それは頑張った「ごほうび」らしい。
そこまでやるか内村…。
そら金なくなるわな。

だが、内村2士の支配は長くは続かなかった
訓練が続くにつれ、体力や根性のないことが浮き彫りになってきて、皆が愛想をつかしたからだ。
さらに、のちに内村が過去に海上自衛隊を1カ月でリタイヤしたことがバレる。
皆は内村を無視するようになる。
内村は土下座をし許しを請う『大きなこと言ってすんませんでした!!』
これが内村2士土下座事件である。

それどころか内村は部隊勤務について半年後、携帯電話の使い過ぎで借金が膨らみ辞めさせられたらしい。
金遣いが荒いどころか、もう自身が破産してしまっている。
そんなヤツ聞いたこともないな!(笑)


でも私は内村に対しては優しかった。
というよりも私は誰に対してもそうだ。
どんな奴でもここに入った以上は同期。仲間。
あいつの良さも分かっているし、あいつと会話して得られたものもある。
内村は辞めたらしいけど、私はずっとあいつを忘れない。
みんな嫌ってたけど・・・
けっこういいヤツだったぞ?

いじめとか嫌がらせとかどこでもあるっていうけど、それってどうなの?
いじめられる側にも問題があるっていうヤツがいる
たとえばいじめられる奴がウソツキとか、トイレ行って手洗わないとかだったらそれはそれで問題がある

でも理由がどうあれ
「いじめる」っていう行為自体が悪であり、人として許せない行為なんだと私は思う。

なら言えよ。
皆でよってたかって卑怯なことするぐらいなら本人に言いに行けよ。

って思ってたし
今も思う。

ちょっと話がずれたな…。

あ・・・
琵琶湖花火大会がやってる。

今年は一人だなあー
去年はしょうもない人と見に行って疲れた
お見合いパーティーで知り合ったしょうもない人
ああいい人いないかなー
ちょっと年上でオサレで気の利く人がいいなー


だまれや

                 ~第12話をまたれよ~

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 
アラーム付きディスクロック『ゼナ』

購入した当時はアラームが正常に作動せず、「ピー・・・ピー・・・」程度の音しかならなかったが
ある時を境に突然
「ビー!!!!ビーッ!!!!!!!」
とバカでかい音が鳴るようになってしまった。

一体なにがきっかけでそのような爆音になってしまったのかわからないが
これは近所迷惑であることには違いない。
バイクに乗ろうとするたび
「ビー!!!!ビーッ!!!!!!!」
バイクを降りてロックをかけようとするたび
「ビー!!!!ビーッ!!!!!!!」
いつかご近所さんに怒鳴られやしないかと毎回ビクビクしている。
しかも感度も異常に神経質で、ちょっと触れただけで鳴ってしまう。
いわゆる『腫れ物に触る』感覚である。

したがって私は、ゼナに触れる際は必ずバスタオルを用意し、
それが鳴りだしたら即座にバスタオルでゼナを押さえつけ、音が出来るだけ小さくなるように努める。
しかも鳴り終えるまでにロック作業を終了させないと、2回目の警報が作動してしまい、そうなると日頃平常心を保つ私もさすがにパニックに陥る。

そんな爆音慣らさなくていいから…

ちょっと警報なしのロックを買おうか検討中である。

怖い。

ゼナが怖い…。



さて
ついに我がハーレー・ダビッドソンが戻ってきた。
DSCF4933.jpg


セルの不調からそのまま車検に入り、念願だったフロントフォークのロワーリングキットを組んで、ついに無理な突き出しフォークから卒業できた。
DSCF4932.jpg
車検代行者は近所の外車専門カスタムショップHAMANS CHOP SHOP。
オーナーはすごくきさくで良心的な人で、私が最も頼りにしているところだ。

ただ今回はものすごく金額が要った。
ブレーキのローターが異常に摩耗しており、なんとフロントはクラックが入っていた。
ローター前後交換
フロントフォークローダウン
バッテリー交換
ヘッドライトもマフラーもアウト
ハンドル幅も構造変更が必要
など他にもキリがないくらい修理を必要とした。

16万1300円
これが今回の車検&整備にかかった金額である。
高いようだが、カスタムも含んでいるしそれだけ整備不良の状態で売りに出してあったからしょうがない。(買ったのは岐阜県の某ショップ)


ウインカーも車検対応のダイヤモンド型にした。
渋い逸品である。
DSCF4930.jpg
こんなおあつらえ向きのステー良く見つけてきたな、とHAMANSの凄さを知った。
ヘッドライトが異常に暗く、夜は60Km/h以上出せない。
よってちゃんとしたライトに変えようかと思う。
トライアングルライトは滅茶苦茶暗いらしいので却下。
いくらカッコ良くても、普通に走れないバイクはもういらない。


・・・で。



DSCF4923.jpg
すぐに走りに行った。

久々のバイクは体につらかった。
夜に働く日々では、昼間外に出ることがどれだけ体力を奪われることなのかが十分に実感できない。
今日は真夏に車だらけの渋滞を走る辛さを、身にしみて感じた。

DSCF4924.jpg
電線や草がものすごく邪魔で、いい写真が撮れない…。
一応奥は琵琶湖です。

今日は比良とぴあという温泉に行った。
フォークが正常に動くので、段差での『ガツン!』がなくなり非常に気持ち良く走れる。
大型2輪に乗ると、もう普通2輪には戻れないなと思う。

DSCF4927.jpg

DSCF4925.jpg
今回またしても
『写真をアップロードしているうちに記事を書くのがめんどくさくなってくる病』
にかかったみたいなので
これにてツーレポを終了とする(コラ)。

ああ久々のバイクは体に堪えるな!
                      ~おわり~

テーマ : ツーリング - ジャンル : 車・バイク

 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。