上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
先週注文したプラグを手に入れた。
プラグの交換周期は走行5000キロごと。
またエンジンが異常にかかりにくい時は、交換が望ましい。


その前に・・・
DSCF1448.jpg
シールドまで買ってしまった。
管理人はモノに独自の名前をつける事が好きである。形から連想して、イーグルシールドと名づけよう!
買ったはいいが暑くて全然使っていなかったⅩジェットヘルメット
しかしかぶると横が密着しすぎて、シェードと併用できないので仕方なくシールドに。
シールドはやっぱり快適!
目が疲れないし、冬場は暖かい。しかもメットの形にちょうどフィットするではないか。
これでもう眼の疲れに悩むことは少なくなるはず。

DSCF1450.jpg
車載工具にはふつう、プラグレンチが入っている。プラグレンチは店でも買えるが、車載工具のものが一番使いやすい。
それからメガネレンチと、新品のプラグ。
用意するものはこれだけで、作業時間も長くても15から20分ぐらいでできる。

DSCF1451.jpg
プラグコードを手でひっこ抜く。

DSCF1452.jpg
このようにプラグレンチとメガネレンチを組み合わせて慎重に外す。

DSCF1456.jpg
これが古いプラグ。
真っ黒・・・これではエンジンもかかりにくいわけである。

DSCF1457.jpg
ここが重要!
新しいプラグをいれるとき、メガネレンチを使わず、まずはプラグレンチのみで手締めする。
手で回して動かなくなるまで締める。

プラグ交換 新品取り付け時
手で回して動かなくなったら、メガネレンチを使ってこのように半回転または3分の2回転まで回す。
実際は結構硬いので3分の1回転ぐらいにとどめている。これを締めすぎると大変なことになる。
ただし、この回転数は新品プラグを取り付けるときのみの場合。
プラグのチェックや清掃などで外してまた再使用する場合は、12分の1回転(つまりほんのわずか)。

あとはプラグコードをカチっという音がするまでしっかりはめる。以上。
かかりにくかったエンジンが一発でかかるようになった。

DSCF1460.jpg
古いプラグはこのように先をペンチで潰して、キーホルダーにできる。
バイカーテイスト満点なキーホルダーやないか!
これでペンダントのトップを作ろうと思ったが、サイズがでかすぎて変だったのでやめた。
遠出をする際は、いくつか予備のプラグを持っていきましょう。
ノーマルプラグなら1個409円。
                          ~おわり~

スポンサーサイト

テーマ : ツーリング - ジャンル : 車・バイク

 

<< さらけ出せ!我がマシン!!(追加版) | Home | バイカーシェード4 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。