上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ついにいってきました伊吹山!
SHIGA LOOK、シリーズ化!
Ⅱは長編なので、旅日記にいれます。

DSCF0714.jpg
安土の田園。

DSCF0718.jpg
国道8号を北上、国道21号伊吹・関ヶ原方面へ。

DSCF0717.jpg
なにやら雲行きが怪しい。
ここは迷わず、雨雲をやりすごしつつ、暑さによる疲れもとりたいと、ツーリング定番のマクドナルド・タイム。マクドナルドにはフリーのコンセントがあり、携帯やカメラの電池を充電するのにも便利。
バイクには6年以上のっているが、ツーリング中の休憩は、こういうゆっくりできるところで長めにとるべきである。
コンビニ休憩は長居がしにくく、禁煙派の自分の場合、缶コーヒー飲んでまた出発という感じで、休憩した気にならない。タバコを吸う人はそういう点がいいなと思う。
道の駅も必ず利用するようにしている。ただ、夏はクソ暑いのでやはりファーストフード店カフェがいい。


DSCF0720.jpg
エレベーター・エスカレーターメーカーのフジテック。世界のフジテック。
滋賀が誇る大企業である。

DSCF0722.jpg
醒ヶ井水の宿で小休憩。
雨は降ったが通り雨で済んだ。

DSCF0725.jpg
国道21号→県道19号→県道248号と、徐々に伊吹山にアプローチをかけていく。
その後は県道245号→国道365号→伊吹山ドライブウェイと進む。
もちろん国道21号→国道365号でもいけます。

DSCF0726.jpg
伊吹山のパラグライダー場が見えてきた。

DSCF0730.jpg
国道365号

DSCF0731.jpg

DSCF0732.jpg
伊吹山ドライブウェイ到着。
料金はまっぷるには1850円と書いてあったのに、2100円もするではないか!高い!高すぎる…
まっぷるの大ウソツキ!!



でもな・・・

もう子供じゃねエんだ!!2000円でも5000円でも払ってやらあ!!
・・・と江戸っ子ばりにゲートを通過する。

続き、まだあるで!!↓↓


DSCF0735.jpg
標高500メートル地点から。
この時点で結構高いが、伊吹山の山頂からみれば、まだ3分の1程度である。

DSCF0736.jpg
琵琶湖も見える。

DSCF0738.jpg
伊吹山のふもと。
このあたりは冬、雪が積もってたいへんだろうな・・・

DSCF0740.jpg
岐阜、大垣市街。
少し雲がかかっていて見えにくいが眺望は素晴らしい。

DSCF0741.jpg
伊吹山ドライブウェイは路面に凹凸が目立つ。
凹凸の度にバイクがドシンドシン跳ね、内臓ミクスチャー状態である。
リジッドのバイクでなくても要注意。
管理人は調子に乗って、飛ばし屋スポーツカーオタクを追いかけ回していたら、路面のにやられ、舌を噛み切ってしまった。
め、なかなかやるな・・・

DSCF0744.jpg

DSCF0743.jpg
途中に休憩ポイントがある。

DSCF0746.jpg

DSCF0748.jpg
・・・・・神々しい。

DSCF0742.jpg
松尾芭蕉も伊吹山の美しさをたたえたそうだ。

DSCF0751.jpg
最高位の駐車場に到着。

DSCF0752.jpg
本当に素晴らしいの一言につきる・・・

これで伊吹山は終了かとおもいきや、
前方になにやら登山の装いをした人たちが多数見える。


DSCF0753.jpg
おいおい、まだ上があんのかー。
もう山頂ちゃうんか。
これを見てしまった以上、このSHIGA LOOKを企画した以上、管理人は山頂への登山から逃れることはできなくなってしまった。

DSCF0757.jpg
軍人なら駆け足で登れ!普段の訓練の成果を民間人にみせつけたれ!!
と意気込むが、砂利道で足元が危ないので仕方なく歩く。


・・・・・
というのは嘘で、体力不足で最後まで走れる自信がなかったのだ。
伊吹山はよもぎや薬草の名産地らしく、普段見られない高山植物もたくさんある。

真の頂上はもうすぐだ。
DSCF0754.jpg

DSCF0756.jpg


歩くこと20分…


DSCF0760.jpg

DSCF0761_20080814110146.jpg
神々しい・・・

DSCF0764.jpg

DSCF0766.jpg
・・・・・・

DSCF0768_20080814110302.jpg
イエー!!伊吹山イエーーーー!!!!!

DSCF0769.jpg
雲が下に見える。

DSCF0772.jpg
雲が手でつかめるのだ。

DSCF0773.jpg

DSCF0776.jpg
駐車場から見た真の頂上。

DSCF0774.jpg
ちなみに頂上の自販機は高山価格で50円増し!
確かにここなら値段が高いのは仕方ないとして、ボーリング場の自販機はなぜあんなに高いのだろうか。
ディズニーランドにしてもUSJにしても、フランクフルト600円てなんやねん!!
ガメツイのにもほどがあるぞ日本人!


DSCF0783.jpg
帰りは下りなので早い。
ガソリンが少なかったが、上りさえいけば帰りは下りだから大丈夫!と安易に考えていたが、よくよく考えるとふもとにもガソリンスタンドはない。不安におびえながらバイクに乗るのはいい気はしない。

DSCF0784.jpg
やはりどうしても片手運転&片手カメラ撮影は、車線からはみ出てしまい、危険である。
でもそれって・・・



アウトローだぜ!


DSCF0785.jpg
電車と並走。記念に1ショット。

DSCF0786.jpg
国道8号、米原方面へ戻る。

DSCF0787.jpg

DSCF0789.jpg
セブンイレブン休憩。
米原方面はけっこう気温が低い。ほっとレモンで体をあたためる。
そこそこ長い間体が温まり、効果的である。
コンビニ休憩は夜に限る。それは涼しいからということもあるが、昼間バイクを店の前に停めておくと目立って恥ずかしい。

じつは管理人、今のバイクの色が気に入らない。
話はさかのぼるが、
以前はシャドウスラッシャーに、スカイハイバーロングシーシーバーを組んで、いかにもアメリカンなチョッパースタイルにしていた。皮ジャンやブーツのような、いかにもアメリカンバイカー!なファッションが似合うバイクだった。スニーカーなどで乗ると、かなりいまいちだった。
アメリカンはライダースにブーツじゃないとダメなのだ、という強い固定観念があった。

・・・しかしフリスコチョッパーなるものの存在を知り、
『スニーカーにワークパンツ』というラフなスタイルで、気張らず乗れるチョッパーというものに興味がわいた。
「スニーカー&アメリカン、有りかもな・・・」





「スニーカーでのっても、いんじゃね? 
べつにブーツはかなくても、いんじゃね??」

と、そこはやはり若者標準語で、独り言を言い出した。

そしてスニーカースタイルが似合うバイクを、東大阪D-CL○Bで見つけ、即決で成約してしまった。
各部のカスタムもさることながら、フレームの曲がり具合がほかに類を見なかった。
フレーム改こそが、ほんまの改造車や!と思い、色は気に入らなかったものの買ってしまった。
ぶっちゃけ買って後悔している。
後悔先に立たずである。
石の上にも3年である。
人生7転び8起きである。

でもなー・・・色がラメピンクってのはいややなーーーー。紫ならまだよかったが。

もうなー・・・


この色にはウンザリしてんだよ!!!

DSCF0792.jpg
道の駅 竜王かがみの里。

DSCF0793.jpg
もうすぐ着く。

DSCF0797.jpg
家の近所で撮った。
月明かりがいい感じ。
伊吹山、非常におススメできます!
夜間は閉鎖されますが、宿泊はでき、テントを持ってきている人も結構いました。
ここで夜景を見たら、きっと最高です。
夜景と星空をみながら仲間と酒を飲み、大自然の中で寝るなんて、すごい憧れます。
もし滋賀にツーリングやドライブに来る機会があれば、必ぜひ伊吹山へ!
                            ~おわり~
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング - ジャンル : 車・バイク

 

<< 伊吹山 山頂 | Home | 琵琶湖 湖南 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。