上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
DSCF2507.jpg
ひきつづきバス観光。

DSCF2504.jpg
放送大学。

ほどなく次のスポットが告げられる。

DSCF2506.jpg

そう、
もちろん
ハバネロの多い料理店である。

DSCF2516.jpg
ここは辛いもの好きにはたまらないメキシコ料理店。
アンジャッシュ、バナナマン、TOKIOなどもよく来るとのこと。


DSCF2511.jpg

DSCF2509.jpg
これに激辛ソースをつけて食べるのだが、
みんな辛いものマニアなので笑顔である。

[高画質で再生]

mexican

[広告] VPS
ネイティブメキシカンによる演奏。
すごい楽しかったー!


髢狗匱閠・す繝弱ワ繝ゥ豌柔convert_20090912213908
紹介しよう。
この方が、大ヒット商品暴君ハバネロ生みの親シノハラ神であられる。
教祖は驚いた。
こんな若い女性があんな辛~い、しかもあれだけ大ヒットする商品を開発したのだ。
シノハラ神のブログによると、研究のためメキシコ遠征にも行ったとか。
マニア商品、『マーラー仙人』や『ハバネロガーナ秘境編』、『ハバネロクール夏限定』などについて、教祖はかなりつっこんだ質問をした。
あつく語り合った。
だいたいハバネロ料理が日本にきた起源はこの人にある。
暴君ハバネロが出来てから、国内でハバネロを使った料理が流行りはじめたのだ。

すごい女性である。
偉大である。
目線を取れば、結構可愛いのである。関係ないが。

女性の世紀は到来した!!!

DSCF2513.jpg
そして本丸「ハバネロの肉詰め」である。
かむと「ガリ」と、ハバネロのつぶれる音がする。
まるごと入っている。

信者たちの(勝手に信者にすな!)先ほどまでの笑顔はすでに消え、
おのおのの喉の中から異常乾燥WARNINGが発令された。
『うううう苦しい・・・』
『死ぬウ死ぬウ!!』
『ウゲゲー!!!』
『ぎゃあああカライ!カライ!!』
実験会場は信者たちの阿鼻叫喚の地獄と化した。

教祖はというと、ここは教祖だけにやせ我慢をし
美人のシノハラ神にいいところを見せようと
不自然極まる笑顔で『ハバネロの肉詰め』を食した。





男たるとこ見せつけたれやとばかりに。




やせ我慢もつかの間、
教祖はあまりの過酷さに頭が真っ白になり、(情ッけねエ~)



おっおっお・・・・・








お助けエエエーーーーーー!!!!!!』
時代劇風に叫んだのち、実験会場を脱出した。


DSCF2606_20090912204737.jpg
またまた認定証を手に入れた。

DSCF2518.jpg
DSCF2519.jpg
DSCF2520.jpg
バスから撮るのは難しいな。
DSCF2523.jpg

さて、食後眠くなってきたようで信者は皆バスの中で眠りに入っている。

教祖はというと
バスガイドの話に耳を傾け
終始にこやかに彼女の顔を見つめていた。
得意の『視姦』である。

やっぱり民間の女はいいぜエ~!!
そこに深い意味はないけれども(大アリやないか)

民間の女はいいぜエ~!!!!自○隊の女とは違うな!!

どうやら教祖は女好きであるらしい。
将来は上下左右に美人をはべらせた状態で信仰に励もうと目論んでいる。完全に妄想の世界であることは間違いない。

女性の世紀は到来した!!!(違)


ふざけたことを考えていると
DSCF2522.jpg
こんな目にあう。


DSCF2524.jpg


まずは暴風雨体験。
・・・一気に目が覚めた。
暴風雨


そして我々は“地震体験コーナー”で、我々は地震大国日本の怖ろしさを思い知らされることとなる。
地面から少し高い位置にある部屋のセットに4人で入ると、やおら揺れはじめた。


大地震
カタカタカタカタ…

次第に振動は激しくなり、ついに震度は兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)と同じ震度7に。

ドワン!グシャン!デガガン!ドドンガン!

もう何が、何だか、わからない。冷蔵庫が倒れ、戸棚が崩れ、テーブルの下に必死で潜るもテーブルごと床からひっぺがえされる。20秒ほど続いただろうか。揺れがおさまったとき、心身が受けたショックは事前に言われた「ガスを止める」「出口を確保する」をすっかり忘れてしまうほどだった。まさか震度7がこれほど凄まじいとは…。だが、本当の災害にあった人の恐怖は、決してこの程度ではないはずだ。

まさに嵐のような一日。
全プログラム終了後、これらの災害が実際に起こることを想像し、また愕然とした『本所防災館』。今や海外のツアーにも組み込まれ、日に300人もの観光客が訪れる東京の隠れた観光名所だという。機会があれば、皆様もぜひここで災害の恐怖を味わってみてはいかがだろうか。多少荒療治だが、まず身をもって体験することが防災意識への第一歩だと知った。
(ハバネロ本部より)

さて時間は17時・・・
もう終わってしまうのか。

早かった。






DSCF2526.jpg
最後は酒をのみ、ハバネロ談義を交わそうと
『バトル居酒屋』へ。


そこは足立区綾瀬の路地裏にある。
木村カエラやビートたけしの出身地らしい。

バスでは入れないので一行は徒歩で行く。



DSCF2527.jpg
格闘マニアの人はご存じだろうか。
ここが知る人ぞ知る、ムエタイを観ながら酒を飲める居酒屋。
『オーエンジャイ』である。

酒を飲んでる傍ら、激しい戦いが繰り広げられる。
汗や血、また男汁が観客の顔に降りかかる。
落ち着いて飲めやしない(笑)。


DSCF2528.jpg

DSCF2529.jpg
脅かすなよ!
ハバネロ君がお待ちかねである。

DSCF2531.jpg

DSCF2536.jpg
滑り止め?
格闘マニアの人、床に水をまく理由って何ですか?

DSCF2548.jpg
闘う男たち。
教祖は格闘技はそこまで興味はないが、
かなりの迫力である。面白い。

[高画質で再生]

TOKYO

[広告] VPS[高画質で再生]

TAKATA

[広告] VPS
余興です。ジャパネットたかたの物まね。

そして・・・





DSCF2552.jpg
鳥居みゆきの登場である。
驚いた。実物はかなり可愛い。
教祖は鳥居みゆきがタイプである。
可愛ければ誰でもいいというのが本音、それはここだけの話である。

DSCF2551.jpgDSCF2553.jpg
DSCF2555.jpgDSCF2554.jpg

鳥居みゆきはタバスコを一本まるごとかけ、
挑戦者を募った。

我々は勝利の雄叫びで彼女の挑発に乗ったが
そこは凡人、結局は皆阿鼻叫喚(またか)をあげながら倒れていった。

DSCF2556.jpgDSCF2557.jpg
そして最後はハバネロ君の温情(?)により、鳥居も試食を命ぜられる。
鳥居撃沈す。
当ツアーにおける一切の命令権者はハバネロ君である。
命令は絶対。某団体と同じである。

DSCF2561.jpg
実に刺激的な夜を満喫できた。
東ハトに感謝!!いい会社である。

DSCF2588.jpgDSCF2590.jpg
お土産をもらった。
お菓子がたくさん!!
派手なパッケージなので、帰りの新幹線では注目を浴びた。
食べるのがもったいないな。

DSCF2573.jpgDSCF2578.jpg
DSCF2579.jpgDSCF2580.jpg

DSCF2562.jpg
一日限定のバス。
これが最初で最後である。

DSCF2569.jpg
明日にはこの塗装もはがされ、平和なはとバスに戻る。


DSCF2586.jpg


                         ~おわり~
スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

 

<< 改革 | Home | 弟から皆さんに報告 >>

コメント

あぁ~。楽しそうですねぇ~。
鳥居みゆきはなんで出てきたの?

ご隠居さんへ

> 鳥居みゆきはなんで出てきたの?
謎です。ミステリーツアーだけにドッキリなんですかね(笑)

ところで、五連休来ましたね~。
たまには遠出しようかな。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。