上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ブログらしく、普通の日記でも書いてみるか。

今日は映画を見ようと思ったが、どうも家のDVDの調子が悪い。

なのでブログを書くことにした。

実はこのサイト、初めはごく一般的なホームページでやろうと思っていた。(コメントを設定しない普通のホームページ)
私はパソコン音痴であるため、PCマニアの弟に頼んで作ってもらったのだ。
弟は更新が簡単な『ブログ』としてこのサイトを作ってくれた。
バイク仲間との出会いも彼が作ってくれたわけである。
弟はついに自分のバイクとして、STEED600を手に入れ、京都の下宿先まで走って行った。
ただ純粋に私は、バイクの世界を楽しんでほしいと思う。


今日は私が初めてアメリカン、チョッパーなるものの存在を知った時の話をする。

大学1年のころ、地元の友人と三重の長島スパーランドに行った時のことだ。

帰りは国道1号線を車で走っていた。

鈴鹿峠。


対向車線を4台のアメリカンが走り去って行った。

たぶんスティードとバルカンだったと思う。
爆音を轟かせ、装いはブラックジーンズに黒いバンダナを首に巻いた
いかにもなアメリカンバイカー。


とにかくカッコよかった。
バイクを知らない当時18歳の私には、それは強烈な衝撃だった。

ロングフォーク。
高いライザー。
足を前に投げ出した、これぞアメリカンって感じのスタイルだ。

今でもあの道を走るときはいつも、彼らを思い出す。


私は彼らに影響を受け、バイクに乗り始めた。
理由は『カッコいい』と思うから。
だからアメリカンが好きで、チョッパーじゃないと乗らない。


今度は自分がそれをやりたい。
あれほどKOOL(ここはCOOLではなくKOOLと言おう)なバイカーになれる自信は
もちろんないけど、

それでも

いつか
バイカーたる自分の姿を見て
『俺もバイクに乗りたい』と目覚める人が出てきてくれれば・・・

そう信じてこのサイトもやっている。

またこんな田舎の滋賀に、少しでもチョッパーの世界を広げていけたら

そんなことをいつも考えている。


そういえば工具がないな…

インチ工具買わなければ。

IMGP1073_convert_20100209200544.jpg
2009年 夏 STEED600
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 

<< 怒鳴られる管理人 | Home | 黒いトランスポーター >>

コメント

HPのTOPの詳細ですね。
鈴鹿峠のバイクはずっとHDだと勝手に想像してましたよ(笑)
バルカンかぁ…いいですね。また乗りたいです。スティードに乗ったからこそ…
そぉいえば弟さん大型免許取ったんですね。負けた…

始めまして!
ブログへのコメント有難うございました!
自分も同じ感じでバイカーになりました^^
やはりバイクといえば、アメリカン!!凄く同意できます。

また遊びにきます!

御隠居さんへ

まちがいなくバルカンでしたね。
スティードももちろんいいですが、バルカンは他のアメリカンと比べてもちょっと違うんですよね。

大型は難しくないので学生のうちに取ってしまったほうがいいですよ。

がびっとさんへ

コメントありがとうございます。
スラッシャー大事に乗ってあげてください。

バイクと言えばアメリカン。
僕もその通りです。

また新記事見せてくださいね。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。