上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
調査官を驚かせた。

村山はあの写真を持っていたのだ。

「やっぱりこうなると思ってた」
村山は隠してあった写真を、ついに大久保へ公開した。

「アップします」

もちろんそんなヤバい写真は一般公開しない。
大久保にだけ、発覚当時と同条件下に公開した。

「Z項目見えますか」

『もっとアップにしてくれ』
公開された写真はクリックすれば拡大される。
大久保は最大サイズで、Z項目が判読できるか
それが知りたかった。
読めなければ、村山の助かる見込みはある。
村山は写真をどんどん拡大していった。

「これぐらいですか」

『まだだ』

「どうですか」

『もっと』

『まだだ』

『まだ』

『まだ』


「…見えますか」

『・・・・・』

「読めますか。Zが何本か、分かりますか」

これが村山の今後の人生に大きな障害を残すことになるかもしれない。




「大久保3佐。Zは何種で何本ですか!!!
 その画面から読みとれますか!!!」


村山は怒鳴るように大久保に問うた。





大久保は暫くの沈黙の後、こうつぶやいた。


・・・・・



『シロだよ』



マウスを持つ手が震えた。
『判読できない。よってこの写真は秘には該当しない』

大久保は微笑んだ。
『懲戒処分にはならないと思う。君は…』




『君は大事な隊員だ。私がこの首を賭けてでも君を守る』







翌日。

あの発覚の日からまったく姿を見せなかった鬼島1曹が出勤してきた。

村山の直属の上官である。
村山を新兵時代から育て上げ、
やっとのことで一人で飛行指揮所に就けるまでに教育した。

この人にだけは知られたくなかった。

鬼島は残念そうな表情で言った。

『まあ…いろいろあるよ。
 仕方ないよな。
 ところでお前パソコン詳しいんだね、バナーもつくれんだろ。いつもパソコンできないと思ってたんだが。
 

 あのさ…
 俺お前のことキライじゃなかったよ。
 最初のころはどうなるかと思ったけど。
 最近俺、お前が失敗しても怒らなくなったの、分かってた?
 だってさ…

 お前いつも一生懸命やるんだもん。
 仕事のセンスもあるし。気も利くし。
 これからがすごく楽しみな男だったんだよ?
 お前結構良かったんだけどなあ。
 そういういつも真っすぐなトコロ、俺は好きだけどなあ・・・

 でも話は上までいっちゃってるから、かばうことはできないけど』


なんでそれを早く言わない。
いまさら遅いよ…

村山は、ここまで鬼島が自分のことを考えているなんて全く知らなかった。




お前、バカじゃないの。


実はお前が初めてなんだ。
新兵から育てたのは、お前が初めてなんだよ。



いつか辞めるつもりなら、司令部へは派遣しない。
無駄な税金だろ。定年までやるつもりじゃないと、俺はこれ以上教えない。



お前結構走れるな!もっと上を目指して頑張れよ。



腹筋やらせりゃお前に勝てる奴はいないな。誰にでも取り柄があるもんだ。



なっさけねえな・・・ちょっとヒコーキ乗ったぐらいで酔うなんて。
ほんと情けねー。



最近すごく良くなったな。
初めのころとは別人だ。



営内生活きついか。
何かつらいことないか。


宴会なんで出ないの。
先輩と酒飲むのも大事だぞ。




滋賀県警いけそうか。
難しい?
お前でもダメか?





鬼島1曹は…いつも村山を見ていた。
大事な部下だ。
大事な仲間だ。

しかしその優しさに、部下は、村山は気づくのが遅すぎた。



『むらやんに教える航空救難』パソコンを探ったとき、その資料を見たことがある。

鬼島が村山を、ただ村山一人を育て上げるために作った、時間をかけて作った特別な資料だ。

もう遅いけど。


村山が警察官を目指していたことを知った時、鬼島はすごく悲しそうな表情をした。
3年も一緒に仕事をした部下が、よそへ行ってしまうことはつらいのかもしれない。

ベテラン搭乗員しかいない部隊に空士がただ一人。
全然わからない。

嫌味もたくさん言われた。
ムカつくこともたくさんあった。
泣きたいこともあったし、できれば鬼島に聞いてほしいこともあった。

でも村山は、鬼島の指導が好きだった。
33歳で1等空曹。
非常に優秀な隊員だ。


鬼島のもとで仕事ができることを誇りに思っていた。




でももう手遅れ。

エンペラーは村山に退職願を書かせた。

そして
自己の名において発令した命令を
今度は
自己の名でもって取り消したのだった。


すなわち
エンペラーは

大型自動車教習を村山に命令したが、

村山を早く抹消するために
自分の出したその命令を、自分で取り消したのである。


『貴様なんぞに、大型免許を取らせる筋合いはない』

一個部隊の長たるものが
このような嫌がらせをするとは
さすがに筆者も驚きを隠せなかった。

もうカネは全部出てるのに。

エンペラーは教習所との契約をを途中解約させた。

            ~9月12日(土)13日(日)へ続く~
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 

<< 雨…今日も雨か。 | Home | 見せろ!4号機!! >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。