上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
自衛隊生活 最後の日



なんで今日は制服着てるの
いつも作業服なのに



申告があります

何の申告

あさってわかります





本当にこの人たちには世話になった。

いろんなことを学んだ。

いちばん印象に残っていること

同じ釜の飯を食うってこと

自衛隊にいた人はわかるだろう

昼休み みんなで同じテーブルを囲んで飯を食う

本当に楽しい時間だった。


たくさんいじられた
大事にされた
うれしかった。

さよなら



みんなさようなら



他部隊の、同じ職種の人とも仲良くなった。
自衛隊なんて絶対やめてやる何て言ってた人が、今は3曹の昇任目指して頑張っている。

俺は俺の道を行く。
外の世界は厳しいことだらけそんなの知ってる
でもこの3年があったから頑張れる

早くこんな生活のがれたい そう思ってた私が
いつの間にか3年を全うできた 長かった
今度は5年満期まで行く気だったでもブログがバレてかなわなくなった。
しょうがない それも人生


任期満了で辞めた人が言う言葉がある


『あんな濃い3年はなかった』

いまわかった







朝出勤する

私一人

機械の無表情な音だけが聞こえる、朝の指揮所



47588413_1042030697[1]
退職を承認する
その7文字が

私の目に…

目に入ってきた


人事の2曹が言った

『昨日の夕方出して、その日のうちに命令が出た』

驚いた。
たったの半日で、退職が受理された。
1ヶ月はかかるのに。


人事の2曹にも本当に助けられたことが多かった。
直属の上官鬼島1曹との関係で悩んだときも。


思えば私の周りには誰かしら仲間がいて、味方がいた。

とにかくがむしゃらに頑張った3年。
石の上にもってやつだ。

必ずどこかで、自分の努力を見ている人がいる
その時は気付かない けれどいつか認めてくれる人が出てくる
だから人の見てないところでも一生懸命やる

それが私のやり方

それは間違ってないと思う
間違ったのは、大久保3佐やそのほか関係した人に寝る暇のないほど迷惑をかけてしまったということ

だから『反省文』



0730

村山士長は9月18日付をもって
退職を承認されました

申告が終わり


同時刻
村山士長は隊員としての身分を失うこととなった

エンペラーが言った
『仕事決まってないだろ。貯金はあるのか』


あんたが辞めさせたんだろーが

あんたの髪の毛よりはあるよ

学費返済と引っ越しで消えるけどね

家に居てもくそババアに搾取されるだけだ 

退職金なんてはした金だな…


申告が終わった。


0800荷物を片づける

年下で3曹の先輩に挨拶をした

お世話になりましたと

しましたとも言えるが

でもこの人にも出会えてよかったと今は思う


0830

鬼島1曹が言ってた
『でる前にちょっと寄って行って』

行った。

本当にこれほどまでデキる男をみたことがない
全国で有名な飛行管理員
航空自衛隊で5名、全国で5名飛行管理員を選ぶとしたら
私は真っ先にこの人の名を挙げる
それぐらいスゴイ上官だった

仕事とは。
飛行管理とは。
大部分をこの人から教わった。

この人から直接指導を受けてきたこと
私は誇りを持っている
本当に
心から感謝している

だからもし鬼島1曹の悪口を言う者がいれば、私は許さない
それぐらい…大事な先輩だった。


握手をした

絶対忘れないと思う

私もです

お前が忘れても、俺は一生忘れないよ

忘れません
ありがとうございました

・・・ありがとうございました



また握手をした


私は飛行隊を去った。


ヘリ整備員の先輩が呼びとめた。

『メシくいに行こうぜ!』

カレーを御馳走になった。
激辛カレー
私の3年2カ月を象徴するかのような、辛いカレー。


その先輩と出会えたこと。本当に幸運だと思う。
幸せだと思う。

自分の父親みたいな…そんな感じ。







出よう。




基地を出よう。




さよなら








さらば航空自衛隊
さよなら航空自衛隊





夕方家に着いた。

大久保3佐に電話した。

村山元士長は、滋賀県の実家に無事到着いたしました。
本当にありがとうございました。

そのあとの大久保3佐の言葉は、涙が出るので書けない。


すぐにメールが来た

鬼島1曹

『手紙読みました。
 私ももっと一緒に仕事したかったです。
 いままでありがとう。お元気で!』

そのメールを見たとき
私は認めた。


俺の自衛隊生活はいま 終わったと





できればもっとこの人と一緒に仕事をしたかった。
もっとこの人の仕事を見たかった。
まだまだ教えてもらいたいことが、あったのに…。



無念 無念。

それも人生ってのか?



私は京都府警の採用試験に挑む。
最後の挑戦。

教養試験上位通過
体力試験上位通過
1次面接上位通過

でも最終面接は184人中140位で不合格

終わり

それで終わり

決めていた


家計を助けなければならない
だからいつまでも浪人することが許されない
就職した
悔しい 今でも悔しい




26年封印してきたピアスを開けた
警察官をあきらめるため
行きたくて我慢していたタトゥースタジオに行った
警察官をあきらめるため

それも人生

それも人生?





私は最後に何を言うべきかわからない。


…わからない。



                   ~現役自衛隊日記 永久活動停止~


編集後記へつづく
スポンサーサイト
 

<< 反省文 編集後記 | Home | 58会ファイナル ~9月17日(木)の記録~ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。