上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
はじめにお断り。
この記事は3週間ほど前に書き始めたモノです。
すぐにアップする予定だったんですが、私的な用事が立て込みまして、今に至りました・・・。
よって、表記で多々おかしい点がありますが、気にせず読んでいってください。
ダラダラと長くなりました。たいしたことは書いていません。


**************************************************
久々の更新になります。
F.T.Wの皆さん、鈴鹿ツーリングお疲れ様でした。

私JINZooはその興奮冷めやらず(?)今週も走ってきました。
この日の最高気温36℃!
夏らしくて、エエヤン!


そのまま京都の職場に帰りたかったため、京都奈良方面でツーリングスポットを探していたところ、シガバイカーから青山高原を勧められました。

青山高原って言えば定番中の定番。
たまには、そんなところに行くのもエエヤン!




大きな地図で見る

今日のルートは
栗東⇒R108⇒R422⇒青山高原

シガバイカーによると、国道422はとんでもない道らしい。

IMGP1303.jpg
R108付近。
ここらへんは道路もきれいで走りやすい。ここから信楽に抜けていこう。

IMGP1307.jpg
IMGP1308.jpg

道なりに走っていくと三重県伊賀市まで。

IMGP1312_20100815103750.jpg
IMGP1314.jpg

ここまでは良かった。
しかし・・・
ここからの道がひどかった。

IMGP1327.jpg
いきなりこの暗さ。この狭さ。

ここは本当に国道か?

20091104233002.jpg


P1000001.jpg

P1000002.jpg

たしかに国道だ。
しかし看板くらい作れや、三重県!ガードレールにステッカーで代用するなんて・・・。

P1000003.jpg

P1000004.jpg

道はどんどん険しくなってくる。
リジット仕様、ペタンコシートの我がバイクにこの路面はキツイ。

20091104233005.jpg

こんな道を歩かされる子供たち。可哀相・・・。

・・・。

840cd363.jpg

やっとの思いで三重県伊賀市街地に到着。
昼飯でも食べよう。
せっかくのツーリングなのだから、その土地ならではのものを食べられたらいいのだが、
私のようなビンボーバイカーにとって一番削りやすいところは、食費である。
今日も激安の殿堂ドン・キホーテで昼飯を購入。

昼飯を購入する際、私が重点をおくのは、
高カロリー!高爽快感(?)!低価格!
そして選んだメニューがこちら。

P1000005.jpg

しめて110円。
この炎天下、一人奇抜なバイクに乗ったボウズが黙々と、わけもわからんコーラと「おつとめひん」のパンを食べている。

・・・寂しすぎる。
しかし、メシなんて腹が膨れれば満足!ビンボーバイカーたるもの、食費なんてガソリン代に回せ!そして少しでも遠くまで走れ!

なんてことを一人思いながら、目的地を目指す。

p2.jpg

このあたりは走りやすい。
そしてとうとう・・・。

IMGP1335.jpg

IMGP1337.jpg

青山高原に到着。
ここからどんどん山道を登っていくらしい。

一応観光地だし、あとは楽な道かな?と思っていたが、甘かった。

IMGP1338.jpg

出た!!リジット泣かせの縦溝ロード。
四輪のスリップ防止、スピードの抑制などの目的で設置されているのだと思うが、
二輪車にとってはスリップしやすく本当に迷惑である。

koku.jpg

このよくわからん○々たちもいらん!

・・・。

展望台到着。

IMGP1332.jpg

IMGP1333.jpg

ぜんぜん景色もよくないし、何にもない。

結果、青山高原は
Jinzoo的がっかりツーリングスポット認定
されました。

********************
帰り道。更なる酷道が待ち受けていた。


大きな地図で見る

今日は京都府宇治田原町の職場に直接戻るため、
青山高原⇒R422⇒笠置山付近⇒府道62⇒宇治田原町のルートで帰ることに。

笠置山付近までは快走路。
このあたりには川沿いのキャンプ場や、なんといっても桜の名所であるので、また今度来よう。

さらに走ると京都府和束町。
ここもお茶の産地である。

IMGP1343.jpg

IMGP1347.jpg


酷道に入り込んだのは、和束町から宇治田原に抜ける府道62号線を走っているときである。

P1000007.jpg


058faa62.jpg

ずっと日陰になっているせいか、前日の雨で路面はまだ濡れている。
このあと、「止まったら最期、上り続けるしかない」的急勾配が続いたので、
停車も出来ず写真も撮ることができなかった。
この赤旗、なんやねん!もうこんな道はぜったい走りたくない。

ようやく宇治田原に到着。
酷道三昧のツーリングのせいか、いつも見ている景色もなんだかすごく懐かしい。

P1000008.jpg

帰宅後の食事。
考えたら、今日はまともなモノ食べてないな・・・。

******************************

おまけ☆

IMGP1345.jpg IMGP1346.jpg

IMGP1319.jpg IMGP1320.jpg

IMGP1317.jpg
スポンサーサイト
 

<< ようこそSHIGAへ ~真夏の琵琶湖一周ツーリング~ | Home | 我がマシンが帰ってきた >>

コメント

お疲れ様です。
ツーリング行ったら飯など食うな。がモットーなご隠居です。飯食う時間があるなら走りたい。と言うか食欲が無くなる事が多いです。

お疲れです~

ツーリング行ったら…と言うか、よそへ行ったらその土地の美味いものを食え。
がモットーのKOIZUMIです。
風景も臭いも味もツーリングの醍醐味ですね。

しかし酷道にはオフロードバイクで行くとそれなりに面白いんですけど、
リジットチョッパーじゃあ走行中はまさに「苦行」のようになりますよね(笑)

なるほど!

管理人シガバイカーがちょっと感想を…。

管理人のツーレポとは全く違うと感じた。まず文章も違うし、
1.写真のサイズを変え、配置にも変化をつける。
2.地図の活用でルートをわかりやすく表示する。読む側が今後のツーリングの参考にしやすい。
3.縦溝ロードやおまけの写真にあったように、風景写真だけでなくこういった部分的な写真を使うと飽きがこない。
…などマンネリ化していた管理人のツーレポとはうってかわって新鮮味があり、なかなか面白い。大変勉強になった。
これからはサイズ変化や、写真の撮り方にもこだわっていきたい。

で、ご隠居のように私もツーリング行くとなぜか食欲がなくなることが多いです。
KOIZUMIさんのおっしゃるように、酷道はアメリカンには苦行でしかない(笑)。あとでツーレポにすると笑い話になるんだが。

管理人シガバイカーより

>ご隠居さん

たしかに。俺も不思議な事に腹はあんまり減りません。ただ、尿意は普段の3倍のペースでやってきます。

>KOIZUMIさん

その土地ならではの食事、これはツーリングの醍醐味ですよね。ミクシィとかのイベントでもよく『グルメツーリング』なるものが企画されていますし。

オフロードバイクも楽しそうですよね!
余裕が出来たら1台買ってみようかな。

しかしリジットサスは腰に来る…。ただそれを越える楽しさがあるから、当分はこいつに跨がります。

また行きましょうね!

>シガバイカー

まだまだ改良の余地あり。
シーズンごとにデザインを一新するのも良いのでは?

もっと書きたいんやけど、こちらはネット過疎地の為、なかなか厳しい状況。しかし千葉に行けば時間はたっぷりあるので、たぶん何とかなりそう。

お久しぶりでーす。

路面の縦溝はきついですよねぇ。

カメラってコンデジですか?

>syuさん

カメラはデジタル一眼使ってます。
撮影は面倒ですが、やっぱり写りが全然違いますので。

走行中や面倒な時は携帯のカメラに頼ってます。

はじめまして、JINzooさん!

いつもこちら拝見させて頂いています。

とんでもない道があるんですね。
まさに酷道じゃないですか。

リジッドだとものすごく路面が気になりますよねー、私もリジッドなので分かります(笑)

是非いつかご一緒させて頂きたいです。

はじめましてViBeSさん

リジットに乗っていると、人一倍路面が気になりますよね。
ツーリングのルートも、走りやすいところを自然に選ぶようになりました。

いつか一緒にいきたいですね。
また、ブログもよろしくお願いします。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。