上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
…ふと何かにとりつかれたように何冊かのノートを取りだした。

そこには私の22歳から25歳までの仕事のメモや思い付いたこと、上司に注意されたこと改善すべき点
などがずらずらと書かれてある。
小牧基地で自衛隊員として働いた3年余りの日々を思い出していた…。

休みが多くて定時に終わるし楽で良かった
それは今だからそう思えるだけであって
当時の私は相当に悩み抜いた日々だった。


上司とうまくいかない仕事がいやになる明日も嫌味を言われるストレスがたまる帰ったら自分の部屋はないしゲームセンターみたいなやかましい部屋で耳をふさいで眠る朝は早い眠い…

『上司にキレるときは辞める時』
そう言ったのは今の会社の上司で私が頼りにしている人だ。
確かにな…

あるお客が隣の連れの男に言っていた

『短気は損気やで。辞めるのは簡単』

どう
言っていいのか分からないがなぜか昔のことを思い出した。

私が苦手としていた上司は本当は私の長所を見抜いていたが
当時の私は精神的に若かった
毎日嫌味を言われることが苦痛で仕方なかった

その上司となんとか上手く仕事をやっていけるようになったのは辞める1年ぐらい前だ。
『なんで最近ミスしてもガミガミ言わなくなったと思う?』

お前は一生懸命やるからだよ

そんな言葉を聞いたこともあったな…。



車を当て逃げされた(2回目(笑))ので修理のため愛知の店に行った。

『俺はビン・ラディンや絶対仕返してやる』
当て逃げされたとき、私はビン・ラディンになって分かるはずもない当て逃げ犯への報復を誓ったが
一晩すると面倒になり結局修理に出した。

帰りに自衛隊時代お世話になった人に会いに行ったが、留守だった。

せっかくだから私はよく行った大須の味仙で
下品に鼻汁を垂らしながら
下品きわまる表情で
下品な音を立てながら
台湾ラーメンを食した。

ズルズル ズルズル ズルズルズー
1年ぶりに食する台湾ラーメンはとても辛く感動のあまり目頭が熱くなっていた…。

そして最後は焼きビーフンで胃袋に渇を入れてやった。

DSCF4907.jpg
バイカーファッションにハマるきっかけとなった店『CHAMPS』で
ディッキーズのローライズを買って帰った。
何度見ても渋い逸品である。
この店には何度来たことだろう。

私は名古屋が好きなのかもしれない。
それは私にとって濃い3年を過ごした地(厳密には小牧市です(笑))
でもあり
また洒落たバイカーをたくさん目にする場所でもあること
なぜか私はまたここに来たくなる。

バイカーの都市、名古屋。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 

<< 【自衛隊戦記】 ~第9話 団体生活~ | Home | 我が宝 >>

コメント

短気は損気・・・俺もカッとなりやすいほうなので注意しなければダメですね。
最近一部のバイカーの間ではボーダー柄が流行っているんですかね?オールドスクール系のバイカー着用率が高いような気がしまして。

noV∞S さんコメントありがとうございます

ボーダー柄流行ってるね!
VISEのボーダーロンT買ったけど高い…
ネット通販で探せば2980円ぐらいで手に入るみたいなのでもし気になるならぜひ!
Gジャンの中に着たり上からベスト着たりするとそれらしくなる。
でももう冬やな(笑)

仕事の方は忙しいけど(休日がないって言う点)
上手くやってます。
やっぱり人間関係が一番大切です。
悩んだら気軽にメールしてなー。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。