上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
私はマナーの悪い運転手が嫌いである。
だから警察の交通違反取り締まりには大いに賛成しているし
もっと強化すべきだと思う。

私は仕事の邪魔になる、そういったマナーの悪いドライバーで遊ぶ。
眠気の襲う深夜3時~4時、格好の目ざましになるのでちょうどいい材料なのだ。

これが最近自分の中で静かなブームとなっている。

私のいる会社では、死亡事故が連続して起きたため
社内最高制限速度がついに一般道時速60Kmまでにひき下げられた。(高速道は100Km 今度事故する奴がいれば90Kmまで引き下げられるだろう)

さすがにこれはとてつもなくストレスがたまる。
深夜にパイパスを時速60km。
本当に遅い…。
(だがわが国には合法的に一般道で60Kmを超えて走れる道路など存在しない)

ごちゃごちゃ文句を言う客もウザいが
それ以上にムカつくのは背後から執拗に煽り運転をしてくるバカどもである。

自動車の部品で最も嫌いなもの
①ルームミラー
②サイドミラーあるいはフェンダーミラー
③カーナビ
④ハンドル

等々

私は夜間周囲のヘッドライトが眩しくうっとうしいので、
ルームミラーに段ボールのカバーをし、背後が見えない工夫をする。
それどころかサイドミラーをたたんで走行することも時々ある(笑)。

なのでいつの間にかきづいたら後ろに車が接近していたということが多々ある。
背後霊のように。
60Km制限をかけられた今ではなおさらだ。
その背後霊みたいな人らの顔がルームミラーに映ったら、なんて気持ち悪いことだろうか。

私はそれらを『虫』と称している。
しつこい煽り運転をするバカどもは、私から見れば
目に執拗につきまとってくるやぶ蚊とか、ウンコにまとわりつく蠅のようなものだ。

だから『虫』(笑)。

3日ほど前国道を60kmで走行中
突如背後からトレーラーにクラクションを浴びせられた。

ウッざー
ああ今日も始まった。

2車線あるのでさっさと抜いて行けよと思うのだが
その運転手は執拗にわが車両につきまとってくる。

「こいつで遊ぶか…」

私は即座に1速にいれ急制動でもって厭味ったらしく路肩を走行した
するとアホなトレーラー運転手(想定偏差値15くらい)はそれを抜こうとしてきた

かかったな!!

私は右へ出たその虫と全く同じ速度で走行を開始した。
虫は抜こうにも抜けなくなり、左ウインカーを出しながら幅寄せをしてきた。
だがそいつが当てる勇気などないことを知っているので
私はただひたすらハンドルを切ることもなくとにかく同じ速度で直進して行った。

するとどうだろう
片側2車線はやがて1車線となり、対向車線から10tトラックが絶妙なタイミングで迫ってきた。

よッしゃええタイミングや

挟み打ちや


キキ―キキキキキー!!!!
アホなトレーラー運転手はさすがに観念をし
急ブレーキを踏んで追い越しを断念したのである。

対向車線でたむろするそのみじめな姿が
『職業運転手の恥』にしか見えなかった。
クラクションは危険を回避するためにあるのであって、自分の気に入らない速度で走る車に嫌がらせをする道具ではない
ってことを教えて差し上げた。
前の10tトラックと当たらなくてよかったね

だがけして私は容赦はしない
スイッチの入った私を止めることはもう出来ない。

あのかの有名な
目には目を 歯に歯を
ハンムラビ法典に則り、私は自分のされたことと全く同じことを
その『虫』に返した。
鶴の恩返しである(謎)


わが車両はその前半戦の終了後、
トレーラーを待ち伏せして背後につきまとい、
ハイビームでパッシングしながら
クラクションを用いて煽り運転をし返したのである。

おまえのやったことが
これだよ


と言わんばかりの表情で
私の用事のある交差点に着くまで、虫を追いかけまわして後半戦を終えた。
有終の美である(違)

勝負あった
私は会心の微笑を浮かべていた。

・・・昔クラクションを鳴らされたので鳴らし返したら
会社にクレームの電話がかかってきたことがあった。

今回撃墜したトレーラー運転手がクレームの電話でもしてきたら
私は会社の反対を押し切ってでも一対一でそいつと話をつけるつもりだったが
残念ながら電話はかかって来なかった。


これに懲りてもう陰湿な嫌がらせはするなよ

でもそういう奴は決まってバカだから何度でも同じことを繰り返すのだろう…。

車に乗ると人が変わるっていう人が多い

私がまさにそれだ

※絶対に真似しないでください














スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

 

<< お見合いパーティにハマる管理人 | Home | レギュラーメンバーたちと飲み会 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。